大損しました…今までありがとうございました…

壊滅的に大損しました・・・

コツコツドカンです。

大金を失いました。

今までブログを見て下さった方々へ。

今までありがとうございました。

FXで大損したので強制退場となりました。

大恥です。

今までブログで得意げに勝ち組のように振る舞ってごめんなさい。

こうすればFXで稼げたとか、儲かったとか、さも出来る投資家・トレーダーみたいに書いててゴメンなさい。

得意げに書いてたやり方で今日大損しました。

未曾有の壊滅的な大損です。

とても立ち直れそうにありません・・・。

大金を失いました。

いきなりですが、今日で全て終わりました。

月曜の朝は含み損は5万円ちょっとでしたが、

まさか数日でここまで含み損が増加するとは思いもしませんでした。

正に壊滅的被害です。

お金がないので家賃も払えません。

お金が無くなったので、来週以降、食べ物も買えません。

何もかも壊滅的に終わりました。

お父さん、お母さん、本当にごめんなさい。

こんな息子で本当にごめんなさい。

2018年8月からFXで生活してましたが、今日破滅しました。

今日、FXで何もかも失いました。

もう人生が終わりました。

読者の皆さん、お父さん、お母さん、今までありがとうございました。

お元気で。

さようなら。

Mephrahより

含み損121万円!週の中間FX運用成績レポート…

XM口座ポジション状況

・・・

含み損121万円!!(>_<)

・・・

・・・

16日(月曜日)早朝の損益はマイナス5万円だった…

XMにポジションを持つと、毎朝7時頃に損益状況や指値注文状況を記載したメールがXMから送られて来る。⬇︎

⬆︎これは16日月曜 朝7時にメールで送られて来た保有ポジションの損益。この時の口座損益はマイナス5万円・・・。

今は18日水曜日 15時半頃・・・口座損益はマイナス121万円・・・。

どうしてこうなった!?

たった2日で含み損が一気に121万円に膨らんだ!!

原因はUSD/MXN

21.85~22.95の間で18万5千通貨分のショートポジションを保有しているが、現時点でUSD/MXNは23.03。⬇︎

現在含み損121万円の内の大半はUSD/MXNが価格を上げている為に生じている。

皮肉な話しだ・・・CAD/CHFとCHF/SGDの含み損ポジションを利益で相殺する目的でUSD/MXNのショートを入れたのに、含み損を相殺させて解消するどころか、倍増させてしまっている・・・

「ミイラ取りがミイラになる」とは正にこう言うことだ…。

これから投資家として自分はどう動くべきか?

USD/MXNとVIX指数は相関的関係にあり、VIXが今後下がって行けば、連動してUSD/MXNも下がって行くと思われる。

投資家としてやるべき事は、『現在の含み損ポジションを、他の通貨ペアやCFDの売買による利益で相殺させることではなく、VIX指数の低下を待ち続ける事である』と考えている。

・・・今は含み損ポジションを助ける為に、証拠金を消費して新しいポジションを持つべきではない。

今やるべき事は証拠金維持率を消耗させない事だ。

このように考えているので、エントリーしたい通貨やCFDはあるにはあるのですが、121万円の含み損を抱えている為に、無闇矢鱈にエントリー出来なくなっています。

今は静観してひたすらVIXが下がって行くのを待ち続けるしかありません・・・。

※ブログの内容はあくまで著者の個人投資の売買成績と、エントリー理由や決済理由、予測などを記録する目的で記述したものです。
ブログの読者に特定の金融商品の売買や投資手法を推奨または押し売りする目的で書いた文章では無い事をここに明示しておきます。

Copyright ©️Mephrah. 2020.All Rights Reserved.

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

飲食店の衛生管理

某牛丼チェーン店での話し

昨日、無性に牛鮭定食を食べたくなった。

コロナが騒がれている昨今、外食するのをやや躊躇ってしまう傾向が有るけど、食べたい物を食べたい時に食べる。そんな普通のことさえ自粛して一体人生何が楽しいんだろう?っと思い某牛丼屋さんへ入った。

お店では、お手拭きや おしぼりは出ない。

店員は誰一人マスクをしていなかった。

そしてお箸はテーブルやカウンターに置かれている箸入れケースから取り出す。

お客さんの行為から不安になる

箸入れからお箸🥢を取り出して食べ始めていると、カウンター席で食べていたのだが、カウンターの向かい側に座っている客が徐ろにガチャガチャと箸入れをかき回し始めた・・・

「何やってるんだろう・・・?」そう思いながらその客の行為に対して気にも止めず黙々と食べ続ける僕。

しばらくガチャガチャと音を鳴らした後、客は箸入れケースの底にある箸を取り出してから食事を始めた。

ふと、自分がつい先ほど箸入れケースから箸を取り出したお箸について考え始めた。「この牛丼をこのお箸で食べている自分は果たして安全なのだろうか?」、っと・・・。

目の前で今しがた客が箸入れケースの中を素手で引っ掻き回して、ケースの底の方にある箸を取り出す行為を、僕が今座っているこの席の箸入れケースで僕が座る以前に誰かがやっていたとしたら・・・?

「今、牛肉と鮭を食べる為に使っているこのお箸は清潔と言い切れるのだろうか?僕の口の中は大丈夫なのだろうか?」

そういう想いが頭の中を駆け巡り、味は美味しいんだけど、不安で何だか心細くなってしまった・・・。

せっかく食べに来てるんだから、お腹を満たして幸せな気分で帰りたい

しかし、他の客のああいう行動を見てしまったが為に、幸せではない気持ちで会計済ませて店から出た。

心の中にあるのは不安・・・。

おしぼりない。手拭けない。何をされてるか分からない箸入れケース。店員誰もマスクしてない。

連日ニュースでコロナがコロナがーっと言われ続けていても、この地域のあのお店はあの対応なんだな…っと。そう思った。

テーブルに置れてる箸入れケースとかソース類は、いつどこで誰がどんな風に触れているか分からない。

いちいち気になるんならもう外食すんな❗️という意見はごもっとも。僕みたいにいちいち衛生面を気にしてすぐ不安になりやすいタイプは、そもそも最初から外食しに行かない方がいいんだ。

飲食店は今、どこも大変

コロナ感染を避ける人が多い為、飲食店は客足が遠退いていると聞く。宿泊業も同様に今経営が大変と聞く。

今飲食業界はどこも経営が大変ですよ。

連日赤字なら、衛生面を気遣ってより安全な設備や器具・用具を新調するわけにも行かないのかも知れない。

僕が昨日通ったあのお店も余裕がないのかも知れない。だから衛生面を改善できないのかも知れない。

客足が遠退いていてお店として余裕が無く改善しないのなら、「マイ箸」を持参して食べに行こうと思った。「衛生面が気になるからもう行きません」ではなく自分が気を付ければいい。箸入れケースに入っている箸が気になるのなら清潔なマイ箸を持って行って食べればいい。

幸か不幸か・・・カウンター席の向かいにいたあのお客さんは良い気づきを与えてくれました。

※ブログの内容はあくまで著者の個人的な考えを記録する目的で記述したものです。
ブログの読者に特定の考えを推奨または押し売りする目的や意図は無い事をここに明示しておきます。

Copyright ©️Mephrah. 2020.All Rights Reserved.

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

週末のFX運用成績レポート(3/9~3/13)

XM口座ポジション状況

USD/MXNで利益を出しているものの、CAD/CHFとCHF/SGDで含み損を出しており、口座損益はおよそマイナス35万円。

CHF/SGDとGOLD CFDを決済した理由

3/9にCHF/SGDの35000通貨分の含み損と、GOLD CFD 75000通貨分の含み益を相殺させて、CHF/SGDの含み損を消す為、両者を決済した。

相殺させた結果、確定損 約-¥10800

USD/MXNをショートでエントリーした理由

理由その① ・・・ 長い上ヒゲ

上画像のように、月足ボリンジャーバンドで、これまで過去最高ピーク値だった22.0を超えた。

『長い上ヒゲまたは長い下ヒゲを有するローソク足がチャートに存在する場合、長いヒゲに向かって相場の価格は再び戻って来て値を並べる。その後、価格はヒゲから離れていく』という相場の性質を活かす事にした。

つまりUSD/MXNの場合、2017年1月に22.0を長い上ヒゲで痕跡を残した後、相場価格はヒゲから離れ、2020年3月第2周目(つまり先週)再び長い上ヒゲのピーク値22.0に戻って来た。

相場とはヒゲに戻って来た後、短期的にせよ長期的にせよ再びヒゲに到達する以前の価格帯に戻って行く性質が有るので、このUSD/MXNのケースも、22.0付近に値を並べた後、下落トレンドへ転じ、上ヒゲを目指す以前の相場価格帯へと戻って行くと思われる。

理由その② ・・・ VIX指数とUSD/MXNの相関関係

上画像はVIX指数が月足で見てもハッキリと分かるほど大きなアップトレンドやダウントレンドのローソク足をチャート上に示した年月に対するUSD/MXNのローソク足の動きをまとめたもの。

UはUptrend(上昇トレンド)。DはDowntrend(下降トレンド)の略である。

2014年10月と2018年12月以外は、VIX指数のトレンドに対してUSD/MXNが同じトレンドの動きを示している。つまり月足でチャートを捉えた場合、両者の動きには相関性があると考えられる。

VIX指数は2月、3月共に月足ローソクで見ても異様に突き上げているのが分かる。

『異常上げの後は半値戻しが起こる』

2月と3月で異常に上げたローソク足は4月、5月に半値に戻るかも知れない。そうなると、VIX指数とUSD/MXNは相関関係にあるので、VIXが下げる事でUSD/MXNは同様に下げて行く事になり、ショートポジションに利が乗ることになる。

以上の理由により、MephrahはUSD/MXNを22.0付近でショートポジションを入れました。

1週間の反省点

GOLD CFDの決済を急ぎ過ぎた…。

月曜日にあらゆる通貨が異常に下げており、手持ちポジションも含み損が増えていたのを見て、動揺していた事を素直に告白する。

CAD/CFDとCHF/SGDの含み損に対し、GOLD CFDの含み益と相殺させれば、少なくとも大損はしなくて済む❗️

月曜日に咄嗟の判断で思い付いたアイデアだった・・・。

含み損ポジションは相殺でき、結果として1万円ほどの確定損は出たが、証拠金維持率は増えるというメリットは得られた。

月曜はそう考えていた。だが木曜、金曜になってみると、相殺に使ったGOLD CFDの価格がみるみる下がっているではないか!

1690,1695,1700のショートポジションを月曜に1678で決済していなければ、現在1529だから、差額分の大きな利益が得られた筈だ・・・。

いや、一時GOLD CFDは1506まで落ちていた・・・そう考えると、1690,1695,1700のショートポジションは一体いくらになっていたんだろう?、っとウジウジ考え出してストレスを抱え込む事になった。

決済した後の後悔が僕を苦しめる・・・。投資をやっていると、ああすれば良かった、あの時こうすれば良かったと、後悔することが増える。

・・・嗚呼❗️、含み損を解消させる為に1690,1695,1700のショートポジションを使うんじゃ無かった・・・‼️

・・・叫びたい気分だ

※ブログの内容はあくまで著者の個人投資の売買成績と、エントリー理由や決済理由、予測などを記録する目的で記述したものです。
ブログの読者に特定の金融商品の売買や投資手法を推奨または押し売りする目的で書いた文章では無い事をここに明示しておきます。

Copyright ©️Mephrah. 2020.All Rights Reserved.

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

週末のFX運用成績

現在のXM口座ポジション

AUD/NZDを決済した理由

想定を超えてCAD/CHFが下落し、CHF/SGDも予想を超えて高騰している為、証拠金維持率低下を防ぐ目的で、少額の利益がまだ残ってるAUD/NZDの85000通貨を決済した。テクニカルやファンダメンタル分析を理由に決済したのではない。

GOLD CFDをショートでエントリーした理由

ショートの指値を1690~1705の間で入れていて、6日に1691で挿さった。

エントリー理由としては、週足で長い上ヒゲをつけているローソク足の後に、ほぼ確実に相場がヒゲのトップ価格と同等かそれ以上の価格帯に戻ってきて、その後に値が落ちて行くという性質を利用しようと考えた為、ショートでエントリーした。

先週は1689をピークとして上ヒゲを付けている(上画像参照)。週足ローソク数本ないし十数本後に、再び1689と同等かそれ以上の価格帯に相場は戻ってくるはずだと思い指値を指していたが、思ってたよりも早く先週の上ヒゲピーク値1689に戻って来たようだ。

1週間の反省点

3月4日にカナダ銀行の政策金利発表があったが、Yahooファイナンスで事前に予想されていた数字を大きく下回った。

発表前日⬇︎

結果⬇︎

政策金利発表前日に1.75から1.5%に下方修正した時点で、CAD/CHFをショートで何故エントリーしなかったのか⁉️、っと今では非常に悔やまれる・・・。

このままロングポジションではマズいと何故危機感を感じなかったのか?。違和感を覚えなかったのか?

3月4日の24時前にCAD/CHFが高騰してた事にもっと違和感を感じるべきだった。この値動きはおかしいと疑うべきだった‼️

為替取引相場を捉える目利きが全く出来てない・・・。これは非常に憂慮すべき問題である。頭が平和ボケしてるのではないか?1月、2月と利益を出せてる事で危機感が麻痺してしまっておるのではないか?

⬆︎発表数時間前から値が上がっている。これを見て何も思わなかった当時の自分の頭を疑ってしまう。前日比50%を超えていた不自然な値動きに対し、おかしいと思わなかったのはマズい。21時や23時にショートを入れておけば良かったと、今は後悔している。

もう一点、反省点を挙げるとすると…

3月1週目は投資せずにクールダウンに使い、心身ともにリラックスしようとしていたが、保有ポジションがどんどん含み損を増やして行くので、ちっともリラックスして過ごせなかった。

2月末日に含み損11万円を全て決済しておれば、現在のような32万円にまで含み損は増えなかったし、ポジションを一切気にせずに悠々とリラックスしてクールダウンに費やせたはずだ・・・。

今、2月末日にポジションを手仕舞いしなかった事を大変後悔している・・・。

※ブログの内容はあくまで著者の個人投資の売買成績と、エントリー理由や決済理由、予測などを記録する目的で記述したものです。
ブログの読者に特定の金融商品の売買や投資手法を推奨または押し売りする目的で書いた文章では無い事をここに明示しておきます。

Copyright ©️Mephrah. 2020.All Rights Reserved.

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

月収70万円のITエンジニアがスゴい!っと思っていた時期がありました

今から10年前、2010年にIT関連の会社で働いている知り合いがおりました。

その知り合いの紹介で、ITエンジニアをやってる当時37歳くらいの人と短い時間だけど話しをした事がある。

そのエンジニアはSEを経て、プロジェクトマネージャーに就き、主に設計を担当していると言う。「月収70万円はある」と言う話を彼から聞いた時、70万円という金額の大きさに驚いた事を今でも覚えている。

その当時、僕は片田舎から上京しIT関連企業に就職したくてプログラミングのスクールに通いつつアルバイトをして生計を立てていた。

上京以前は、2交代や3交代制の派遣の仕事をして食い繋いでおりました・・・。

体力的にはキツいが決してお給料は良くない。むしろ薄給。社会的底辺が集う職場ではマウントの取り合いが毎日行われており、底辺だからこそ妙なプライドがあり、下になるまいと妙な足の引っ張り合いをする。

そんな労働ヒエラルキーの下層から抜け出したくて高給が頂けるITへの憧れが強くなった

だからこそ月収70万円あるエンジニアと会って話しをした時、当時の僕には彼がとても輝いて見えた。

「70万円!?スゴい!スゴいっすよぉ!!」みたいな。

僕は転職が多い。色んな職場色んな業種で働いて来たけど、手取りは14~36万円と幅は広い。36万円は残業をしまくった時期にたった一度だけ手にしたことがあるお給料だ。手取りは20万から28万が多かった。

そんな僕の給料と比べると月収70万円を得ているエンジニアの彼は雲の上の存在だった。

薄給だった当時の僕には大きな金額に見えても、47万~180万円の収入を為替取引で得ている現在の僕には大きな金額に見えない。

輝いて見えたり憧れるのは、自分と相手に歴然たる『差』が存在するからだ。

手取り20万そこそこだったら月収70万円は差が存在し輝いて見えても、今自分が70万円以上の金額を稼いでいたら、そりゃあ憧れとか輝きとかもう無いわけですよ。

収入が増える事で、『僕もあの人のようになれたらいいな』という純粋無垢な憧れや尊敬の眼差しは消え失せます。

月収70万円は確かに高給だし、それを得れる立場にあるエンジニアの彼は確かにスゴい人だ。

だが自分がいざ彼と同等かそれ以上の収入を得られる立場になってしまったら月収70万円は何とも思わなくなる。

先月は110万円だった。去年10月は180万円だった。

だから70万円は何とも思わない。

2010年は月収70万円の世界が見たかった。では今、月収70万円の世界がどう見えているか?

結論を言ってしまえば普通。

・・・何も変わってない。

これが正直な感想です。

手取り20万そこそこの給料を貰っていた時と、気分は何も変わらない。

見える世界は一緒。同じ。

手に入れた事が無いからこそ強く憧れる。それはよく分かる。だが手に入れた瞬間憧れていたモノは色褪せてしまう。

黄金色に輝いていて金の延棒に見えていたものが、コンクリートのレンガに見える感じ。

手に入れてみて『ああ、こんなもんか』と思う。

『俺が今まで強く憧れてて、喉から手が出るほど欲していた月収70万円を得る事で見える世界とは、こんな程度の物だったのか⁉️』、っと思う。

そう。こんな程度のものだったのだ。

これからもし僕が月収1000万円や月収1億円に憧れを持ったとしても、手にした時は同じ感覚に陥るんだと思う

僕は高い収入や月収に憧れは持っていません。だって手に入れたらもう色褪せてしまうから。

お金ではない分野での憧れについてもきっと同じだろう。

例えば灘高校に入ろうと、東大に入ろうと、理科三類に入ろうと、医者になろうと、結局その目標を目指して努力している時だけがすごく幸せで、手に入ったら『ごく普通のモノ』に“型落ち”してしまう。

憧れを抱いて目指していた立場や職業に自分がなれた時、“見える世界はこんなモノか”、っときっと思うのだ。

そして思う。『何で俺はこんな普通なモノに強い憧れを持っていたんだろう?』、っと。

手に入れる事に意味はないと悟るんですよ。

そして絶望する。

絶望してから再びまた目的地を見つけて歩み出す。

きっと人間は長い歴史の中で、こんな事をずーっと繰り返して来たのでしょう。

※ブログの内容はあくまで著者の個人的な投資に対する考え方を記録する目的で記述したものです。
ブログの読者に特定の考え方や理想論を推奨または押し売りする目的や意図は無い事をここに明示しておきます。

Copyright ©️Mephrah. 2020.All Rights Reserved.

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

週末のFX運用成績レポート

XM口座ポジション

CAD/CHFをロングでエントリーした理由

指値が挿さった事で0.723 5万通貨のロングポジションを保有中。

理由は週足ボリンジャーバンドの-3σが0.723にあった為。(上画像1段目)

また週足CCIが-300という売られ過ぎを表している事もあり、市場に買い戻しが入った時の利益を狙ってエントリーした。(上画像2段目)

決済履歴(26~28日)

GOLD CFD決済理由

24日の異常な高騰以降、アップダウンを繰り返しながら下落して行き、ショートポジションは含み益を出すが、29日に異様に下落して行くのを目撃したことで、『GOLD CFDは2月月足は陰線になるのか?』との懸念から1593を下回った事で月足陰線が濃厚となり、1580代の価格帯で決済した。

2月月足陰線だと、『1月と2月陽線の場合3月は陰線』という過去データ(上画像参照)に基づいた投資戦略は使えなくなるので、3月高騰の可能性も捨て切れないことから、ショートポジション決済に踏み切った。

勿論、必ずしも3月が月足陽線になるという確証はない。だが、2月が月足陰線になってしまうと、どうしても上画像の過去データ通りに市場が動かない可能性が有り、一抹の不安を抱えながらショートポジションを保有する事になってしまうのだ。

それは避けたかった。(だから決済)

2月の確定損益

2月の月収はおよそ110万円となりました。

2月最終週の反省点

24日までエントリーして保有していたGOLD CFDの枚数は合計17万通貨。このショートポジションを、29日のGOLD CFD暴落まで保有出来なかったことが悔やまれる。

もし17万通貨ショートポジションを29日に1570で決済出来ていたら!、っと思うと、自分の浅はかな目利きによる決済を悔やまずにはいられない。もっと利益を得られたのに!っと後悔ばかりしてしまう・・・。

25日に「一旦、10万通貨分のショートポジションを決済して、後々GOLD CFDが高騰したらまたショートを入れ直す」っと記事にも書いたが、早い話が24日の1689にも達する急激な高騰にメンタルがヒヨっていたのは事実だ。

1610~1650に17万通貨ほどショートの指値が挿さっていて、更に価格は昇り詰めていった24日・・・。

正直、ショートポジションが全部含み損になっているのを目の当たりにして、『コレ、大丈夫かなぁ…。まさか1700行かないよね・・・?』、ってメンタルが弱っていた。

この弱さが25日に決済を急がせてしまった原因でもある。大きな利益を逃したのは、他でもない、資産を失うかも知れない恐怖に怯んでしまった自分自身のメンタルの弱さだ。

3月の心配とか不安とか

AUD/NZDが伸び悩んでいるので不安はある。ポジション相変わらず含み損なので、3月どうなるのかな、っと思う節はある。

やはり新型コロナウィルスの今後の動向が一番気になっている。

もはや全世界中に感染拡大しつつあるこの状況故、株価は勿論、為替も3月はまだ春はやって来ないのかも知れないと危機感を募らせている。

・・・どうなってしまうんだこの世界は!あと、マスクが手に入らない。どうしたものか。メルカリで買うか。高いけど。

3月2日から6日は、クールダウンしたい為、エントリーを控えます

決済したら1週間休む。マイルールに則り、3月1週目は投資をお休みしてリフレッシュに使います。

含み損ポジションを全て決済してクールダウンすると以前書いたが、実行出来そうにない・・・。

自分で決めたルールだけど、マイナス11万円は切れそうにない。と言うか、いづれプラ転する事が分かっているんだから、含み損のまま切ってしまうのは、勿体ない!

含み損抱えたままクールダウンに努めます。

※ブログの内容はあくまで著者の個人投資の売買成績と、エントリー理由や決済理由、予測などを記録する目的で記述したものです。
ブログの読者に特定の金融商品の売買や投資手法を推奨または押し売りする目的で書いた文章では無い事をここに明示しておきます。

Copyright ©️Mephrah. 2020.All Rights Reserved.

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

確定申告やり終えました

e-taxで申告書を作成し、送信。

納付額を銀行口座から引き落としてもらうダイレクト納付で納税しました。

今日は税務署に出向き、添付書類を提出してきました。

税務署の職員の方曰く、添付書類の内容に不備や欠損等有れば、電話で連絡してくれるとのことでした。

納税通知書が無事届けば確定申告及び納税は完了です!

添付書類に不備がない事を祈るばかり。

間違っていたら後日また税務署に出向いて提出し直せば良いだけの話なのですが。

以上、確定申告と納税の進捗レポートでした。

P.S ニュースでも流れていましたが、新型コロナウィルス拡大感染の影響を考慮して、確定申告の期限が延長になりました。

3月31日までだった期限が、4月16日になりました。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO56107200X20C20A2CC1000/

Copyright ©️Mephrah. 2020.All Rights Reserved.

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

決済レポート

CAD/CHFの全ポジションを決済し、GOLD CFDの10万通貨分のポジションを決済しました。

今回の決済による確定損益額

CAD/CHF +¥5733

GOLD CFD +¥66535

合わせて +¥72268

CAD/CHFの決済理由

週足ローソクで見てもハッキリ分かるくらい、連日下げている。

伸び悩んでいるので、ここは一旦、利益が出ているポジションがマイ転しない内に手仕舞いして、週足ボリンジャーバンドで-2σにローソクが接地したら買い戻そうと考えた。含み益、含み損に関わりなくCAD/CHFの全ポジションを決済した。

GOLD CFD 10万通貨を決済した理由

月曜日に著しく高騰した。1689まで昇り詰めるとは全く以って想定外だった。

今日は月曜の反動なのか値を下げ、一時1633まで落ちた。

一旦落ちはしたが、再び高騰すればショートポジションは大きな含み損を抱える事になるので、それを懸念して一度10万通貨分のポジションを決済しておいて、再び高騰した時にショートを入れ直そうと考えた。

含み益の5万通貨のポジションと、含み損の5万通貨のポジションを決済しても、トータルではプラスで利益が得られるので、値が落ちてる今の内にと思い急遽決済した。

2月の確定損益額

CAD/CHFとGOLD CFDの決済により、2月の現在の確定損益額は合計¥876,000となりました。

以上、CAD/CHFとGOLD CFDのポジションを決済した理由でした。

※ブログの内容はあくまで著者の個人投資の売買成績と、エントリー理由や決済理由、予測などを記録する目的で記述したものです。
ブログの読者に特定の金融商品の売買や投資手法を推奨または押し売りする目的で書いた文章では無い事をここに明示しておきます。

Copyright ©️Mephrah. 2020.All Rights Reserved.

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

GOLD CFDは2020年3月は月足で陰線もしくは下ヒゲになるかも知れない、っという妄想のお話し

GOLD CFDのショート12万通貨を保有中です。

GOLD CFDをショートでエントリーした理由

理由①

週足ボリンジャーバンドでローソクが+3σに接触するほど高騰している。(上画像1段目参照)

理由②

週足CCIで200という買われ過ぎ感を出しており、この位置で買いを入れるのは悪手だと判断した。(上画像2段目参照)

理由③

週足MACDでMACD線とシグナル線が互いに別方向に広がる気配を見せている。(上画像2段目参照)

理由④

週足ストキャスティクスでは80以上の位置にあり、更に上を目指しているような形状をしているが、この位置で買いを入れるのは危険と判断した。(上画像3段目参照)

理由⑤

1月と2月共に月足が陽線だった年の3月は陽線だとしても下ヒゲを記しており、1ヶ月の間で始値より下落する時期がある。

1月・2月共に月足が陽線だった回数は過去22年間で7回。そのうち5回は3月の月足が陰線。2回は3月の月足陽線だが必ず下ヒゲを作っている(上画像参照)

※だがこのデータは今年2月に陰線を作ってしまったら参照して投資する意味がなくなってしまう。今現在、2月は月足陽線を作っているが、まだ後1週間残っている。

理由⑥

上画像参照。

過去22年間で3月の月足が陰線を記したのは14回。

陽線は8回。陽線8回のうち8回とも下ヒゲを作っている。

こうして過去データを見ていくと、3月は例え始値より上昇したとしても、始値より下げる事があり、下ヒゲを作る時期が1ヶ月の間でほぼ必ず来る傾向があるという事が分かってくる。

2月に高値を付けているタイミングで売りを入れる、または3月に高騰が起こればショートポジションを増やしていって、3月の始値より値が下がったタイミングで決済すれば良いのでは無いか?、っと考えた。

以上、①~⑥を理由としてGOLD CFDをショートでエントリーしました。

※ブログの内容はあくまで著者の個人投資の売買成績と、エントリー理由や決済理由、予測などを記録する目的で記述したものです。
ブログの読者に特定の金融商品の売買や投資手法を推奨または押し売りする目的で書いた文章では無い事をここに明示しておきます。

Copyright ©️Mephrah. 2020.All Rights Reserved.

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️