利が乗ってきました

USD/ZAR,AUD/CHF,EUR/ZARがプラ転して来ました

8月29日にEUR/ZARのショートポジションを入れていました。現在含み益は¥22,000ほど。

昨日買いポジジョンを入れてたAUD/CHFは僅かですが利が乗りつつあります。

今日ショートを入れたUSD/ZARもすでに含み益が出ています。

現在かなりの数のポジションを持っておりそれらのトータル含み益が70万円程です。

ですが油断は禁物です!

大抵ここから反発します。

つまりEUR/ZAR,USD/ZARならトレンドが上昇方向へ向き、今乗ってる利益が減少していきます。

AUD/CHFならこれから反発して下落トレンドへ向かう可能性も否めません(あくまで今までのパターンからの予想ですが)

含み益が出たらそれは嬉しいです。ですがこういった短期間で出る含み益は1~2週間の間に消滅してマイ転します。今までそう言うことが多々ありました。

短期間で乗った利益が消滅して含み損になった後、再び利益が乗っていく中期的トレンドがやって来ます。

その時が利確のチャンスかと思っています。

つまりエントリーしてから早くて1ヶ月後。もしくは2~6ヶ月以内に利確といった感じでしょうか。

僕のトレードスタイルの性質上、週足を追って値動きをつぶさに観察していきます。

もちろんトレンドが思わぬ方向へ動き泣く泣く損切りというケースも少なくありません。損切りもちゃんとこのブログで、為替取引の成績として記録・報告していきます。

以上、現在の成績リポートでした。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️ END OF ARTICLE ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

USD/ZARの売りポジションを入れました

好条件が3つ揃っていたのでUSD/ZARの売りを入れました

一目均衡表、MACD、ストキャスティクスの週足チャートの画像に丸を付けた箇所が好条件のポイントです

特に一目均衡表の遅行線が鋭角かつ強い下への傾きを示しているのが売りを入れようと決めた大きな要因です(赤丸のところ)

続いてストキャスティクス。赤い線はシグナル線です。シグナル線がクロスし、やや下方向へ向うとしている傾向が見受けられます。これも売りサインと受け取りました。ですが、ストキャスティクスに関しては「やや売りを急いだ感」はあります。

1番良いのはストキャスティクスの青と赤の2つの線が両方20~80の紫色の範囲に入ってからポジションを持つのがマイルールなのです。

ですが今回のUSD/ZARに関してはとりわけ一目均衡表の遅行線の形が良かったので売りを入れようと決めました。

ボリンジャーバンドとCCIでは、CCIで良いサインが出ています

週足のボリンジャーバンドとCCIの画像になります

赤マルの所を見て下さい。+100を割り込もうとしています。CCIは買われすぎ売られ過ぎを診る指標です。USD/ZARのCCIでは今まで+100~-100の範囲から大きく逸れて+250付近にいたこともあります。

この買われ過ぎの状態から現在鋭角を持って下がって来ているのです。(CCIの赤マルの手前で強い鋭角が出来ているのが見えます)これは良い売りサインとして捉えます。

ボリンジャーバンドからベストな売り時はもっと以前にあったのに!っと反省

実は売りを入れるタイミングが遅かったと少し悔やみ反省しています・・・。USD/ZARのベストな理想的な売り時は週足のボリンジャーバンドでローソク足が -3σに接触しかかっている時です。

ボリンジャーで週足ローソクが -3σに触れているか越えているなら、そこからトレンドは反発する可能性はあります。遅行線やストキャスティクスやMACDやCCIはとりあえず置いておいて、ボリンジャーバンドのローソクが-3σに接触しかかっていた事実を優先して逆張りでポジションをナンピンで入れておけば、大きな利益を得られたでしょう。

バンドウォークしてトレンドがそのまま上がっていく可能性もありますが、そこは200pips含み損が出たなら損切りして、バンドウォークの流れに乗って順張りに変えれば良いのです。あくまで理想論ですが・・・。なかなか損切り出来ない場面もあります。特に含み損が大きく膨れ上がった後ではなかなか損切りに踏み切れないものです・・・。

USD/ZARも1万通貨からスタートです

最初は少なくポジションを入れると言うのがマイルールです。リスクや逆方向にトレンドが動いた時の保険として、1万通貨から入れ、値動きの様子を見ながら徐々に建て玉数を増やしていきます。

ナンピン2回目以降は2万5000通貨づつ入れていきます

これもマイルールです。USD/ZARが逆トレンド(上昇トレンド)で動くなら建て玉を入れていきます。ただしどんなに自信満々でも2万5000通貨ずつです。

USD/ZARが100pips上がるごとに2万5000通貨入れて逆張りナンピンしていきます。もちろんリスクはあります。トレンドが下落方向へ動かず、ずっと上昇トレンドへ動いて2万5000通貨入れてたポジションが含み損になる事もあり得ます。

ナンピンは5回以上はしない。6回目はない、っと決めておく

マイルールとしてナンピンは5回以上は入れません。25000通貨を5回入れると、125000通貨です。「この通貨は俺の思った通り上がるんだー!もしくは下がるんだー!だからもっと建て玉数を増やしても大丈夫なんだ!!」っと信念を持って自信満々に125000通貨以上建て玉を増やしていけば、いづれ大きな含み損を抱えることになります。

以上、USD/ZARの売りポジションを入れたというレポートでした

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️ END OF ARTICLE ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

AUD/CHFを1万通貨買いポジジョンエントリーしました

好条件が揃っていると判断したので、少ない建て玉ですが、AUD/CHFをLしました。

XMのエントリー中通貨ペアにAUD/CHFを追加しました

好条件だと判断した材料は以下の通りです。まずは画像から。週足チャートでの表示になります。

一目均衡表とMACDとストキャスティクスの週足

赤マルを付けてる所ですが、一目均衡表の遅行線が鋭角を持って上昇の兆しを見せています。過去の傾向とパターンから僕は買いサインだと判断しています。

次にグリーンの丸のところはストキャスティクスです。紫色のボトムのライン20を越えてシグナル線が角度を持って上がってきています。トレンド上昇の勢いを感じさせます。

次にボリンジャーバンドとCCIの週足チャート。

CCIの緑の丸の所は近いうちに-100を抜けそうな角度を持って-100に接近してきています。これを買いシグナルと見ました。ですが、CCIはシグナル線が下から上方向へ-100ラインを抜けてから買いと決めているので、やや「買い急いだ感」は否めません。

以上のインジケーターのサインが買い条件にほぼマッチしていた為、ロングポジションを持ちました。

最初は建て玉を少なめに!

どの通貨、どのタイミングでもいつもそうしているのですが、僕は最初のエントリーは1万通貨からと決めています。どんなにインジケーターの条件が良く絶対の自信を持っていてもです。

含み損250万と400万円の苦い経験から学ぶ

理由は過去に自信満々で30万通貨や10万通貨を続けて2つ、とかでエントリーした後に、トレンドが逆方向へ動いてしまい、GBP/AUDでマイナス250万、EUR/TRYでマイナス400万円の含み損を経験したからです。

絶対の自信と揺るぎない信念を持って大きな建玉でエントリーしてしまうと、逆方向に動いた時に含み損が数百万円になり得ます。

・・・ですので、これはもう絶対のルールです・・・どんなに自信があっても1万通貨からエントリーして、しばらく様子を見ましょう。

焦る事はないです。トレンドが狙い通りの方向へ動いたらそこから順張りし、ナンピンで建て玉を2万5000通貨づつ増やしていきます。

2万5000通貨で4回エントリーすれば10万通貨です。こうやって徐々に建て玉を入れて行ってリスクを減らしていきます。

もう深夜3時過ぎです。今日はこの辺で。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️ END OF ARTICLE ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️