ドル円はWボトムを形成しているけどエントリーに躊躇しています

雇用統計の発表があった金曜の終値は106.89でした。

ドル円の週足チャートはWの文字の右端1本線がない状態で、ここから右肩上がりで上昇していく予感を感じさせる形をしています。

その他のインジケーター指標も上昇トレンドの兆しを見せています。

CCIは-100を下から上へ抜けています。強い上昇力が見て取れます。(上画像の赤マルの所)

一目均衡表の遅行線は鋭角を作って下から上へ向かっていますし(下画像赤マル)、ストキャスティクスではシグナル線がボックスの20を今にも越えて来そうです(下画像 緑マルの所)

ドル円は買いシグナルが出ていて買いのチャンスなのですが、買っていません

というかインジケーターに従って素直に買えずにいます・・・

エントリーを躊躇している理由は、JPモルガンが今後のドル予想でドル円は105円台になり、ゴールドマンサックスは今後のドル円相場を1ドル103円まで下落すると、予想を発表している為です。

大手投資銀行が103円や105円の予想を立てている為、どうしても自分のトレンド予想よりも大手の言ってることの方が正しいという気がして、買いエントリー出来ずにいます。

・・・実際のところドル円は年末までにどう動くのでしょう?

ゴールドマンサックスやJPモルガンが発表したドル円の価格は最近到達しています。

8月26日に1ドル 104.466に下落したことがあったので、大手投資銀行らが言ってたのはこのことで、下落トレンドはもう終わっているのでしょうか?

・・・サッパリ読めません。

色んな情報に触れてしまうと、途端に相場の将来が見えなくなり、葛藤と悩みで読めなくなります。

暫くの間はドル円はエントリーせず様子を見たいと思います。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️