GBP/AUD 含み損250万円を抱える事になった10/3から10/24の戦いの最期はどうなったか?

前回の記事の続きになります。

10月6日にSBI FXから「不足額発生のお知らせ」というメールが来ました

含み損が大きくなり過ぎて、レバレッジ25倍にしていましたが、保有ポジション維持に必要な取引必要証拠金が不足したので、不足分を期限までに口座に追加入金して下さい。もしくは今保有しているポジションを決済して必要証拠金額を引き下げて下さい、さもないとSBI FX側で全ての建て玉を強制決済しますよ!、という恐ろしい文面でした・・・

まるで赤紙です…強制決済という言葉に顔面蒼白となり、「もはやこれまでか・・・」という凄まじい絶望感に襲われたあの日のことを僕は一生忘れません。

FXを始めて2ヶ月で元手の半分の資産を失い兼ねないという崖っぷち

メールが来てから精神的に追い詰められました・・・

SBI FXから伝えられたポジション維持に必要な金額は約21万4千円です。期日までにこの金額を口座に入金するか、保有しているポジションを21万4千円分 決済して不足を無くせば強制決済はされなくなります。

当時、銀行口座に21万円も無かったですから入金のしようがありませんでした・・・FXの口座に全てを突っ込んでいたのです。(無計画で無謀すぎます)

僕が取った解決策はGBP/AUDの損が出ているポジションを損切りした事でした。

少しラッキーな事に8日にポン豪は下がってきており、1.850で売りを入れていたポジションの含み損が一気に減ったので、このポジを決済に選びました。他のポン豪ポジは含み損が大き過ぎてとても切れませんでした。

10月5日に1.850でショートを入れてた165,000通貨のポジションを8日に決済して、含み損250万円ある建て玉 全ての強制決済を回避出来たのでした

こうして危機を脱しました。が、強制決済から逃れられても未だ含み損は大きいままだし、またポン豪が高騰して資産が無くなるかも分かりません。

選択肢が無かったので、ただひたすらGBP/AUDが下がっていくのを待つ事にしました

損切りしませんでした。出来ませんでした。

足すことも引くこともしない、右にも左にも行けないので、含み損を放置して嵐が立ち去るのをひたすら待ち続けました・・・

変化は10月24日に訪れました。

1.820ショート33万通貨と、1.835ショート16万5千通貨の、膨れ上がった含み損を握ったまま待ちました。するとGBP/AUDが・・・

次へ続く

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️