FXと瞑想

1日2回瞑想しています

僕はどこの宗教にも属していませんが、瞑想をしています。

FXをやっていると緊張や精神的不快感やストレスに晒される事になります。これらを少しでも和らげたくて瞑想するようになりました。

椅子に座って楽な姿勢になり、目を閉じ音を想います。1回25分。

瞑想と瞑想の間はおおよそ6時間は空けています。ですが間隔は明確に決まっている訳でもないです。

瞑想を始めるきっかけになったのは、含み損250万円を抱え精神的苦痛を毎日味わったからでした

含み損250万円を抱えていた時に瞑想をするようになりました。どのような事件だったのかは、以前の記事を読めば分かります⬇︎

⬆︎辛酸を舐めさせられるような日々を送る事になった事件でした・・・

この頃に始めた瞑想のやり方は今と違いますが、大きなきっかけになった事は確かです。

気持ちを落ち着かせ、頭をクリアにして通貨の値動きを分析したいので、1日2回の瞑想は良いツールになっています

例えば大きな含み損を抱えている時に「失う恐怖」に襲われずに相場の動きを読む事は困難を要します。

また、大きな含み益を出す事ができ、どんどん利益が増え続けている時にも「失う恐怖」から逃れる事は困難です。

投資とは『可能な限り正確に将来の値動きを読む作業』です。

先を読む正確さを妨害する要素として、

1. 失う恐怖心

2.より多くを求め過ぎてしまう欲求の暴走

3. 自己判断の正しさに対する執着心

4. 自分をより大きく見せようとする傲慢さ

5. 分析を怠る怠慢さ

6. 自分の思考を疑わない姿勢

7. 他者の判断に頼り過ぎる姿勢

8. 神経衰弱による精神的疲労

他にもまだ有りそうですが、今思い付くのはこれらでした。

瞑想は感情的暴走を鎮静化します。

精神的疲労を緩和します。

生理学的な効果があるのでしょうが、僕は上手く生理学的に効果を説明できません。

説明はできませんが、先を読む正確さを妨害している8要素の中の、1,2,3,4,6,8 は 瞑想を始めてから和らいで来ています。

感情から離れ、疲労から解放され、より落ち着いた気持ちで、スッキリとした頭で通貨ペアの分析に挑む為に瞑想の効果が多かれ少なかれあったので、瞑想を続けています。

生活サイクルの中に1日2回瞑想をする習慣を取り入れる

起床したての時は頭は寝ぼけた状態から徐々にクリアな状態へと変化していきます。(※寝不足の時はクリアにはなりにくいです)

理想的なのは、起床後2時間作業して集中力が切れた後に1回目の瞑想をします。

その後2〜3時間作業したら、2回目の瞑想をします。

2回目の瞑想のあと数時間作業をして、実働時間8時間。のようなサイクルが理想ではあります。

ですが、実社会で働いている人にとって、社内や勤務先で1回25分の時間を2回作る事は難しいとは思います。

僕のような月曜から木曜まで自室にこもってる引きこもりは理想的に生活サイクルの中に瞑想を入れられますが、実社会で働いているとそうもいかないでしょう。

瞑想のやり方は様々であり、巷に溢れている色んな方法を試して自分に合ったものを取り入れれば良いと思います

絶対にこのやり方でないとリラックスを得られないという絶対的な方法は瞑想にはないと僕は思っています。

色んな方法があります。探して自分に合った瞑想を見つけたらいいです。

服を探しに行って、自分に合ったサイズ、自分に合ったカラー、自分が持っている服とマッチする服を選ぶように、自分に合った瞑想を選んで試せば良いと思います。

僕は椅子に座り目を閉じて、言葉を発する時に聞こえる音を想うやり方を取り入れています。瞑想中はその言葉は声帯からは発しません。ただ言葉の音を想う。

これだけです。

このやり方が自分に合っているようなので続けています。FXから来る精神的不快感も和らいでいます。

瞑想は続けないと効果は発揮しません

僕は瞑想を始めて4ヶ月あたりから、感情的なトレードをしなくなりました。感情が脳内でスパークして損切りもしくは利確などしていたのですが、数が減りました。

効果が出るまで時間はかかります。コツコツと 瞑想したら良いと思います。

以上、FXと瞑想の関係についてでした。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️