損失に繋がる可能性のあるものを断捨離することで、利益率はおのずと上がっていく、という話し

FXにおいて損失を抑え、利益を伸ばしていくにはどうすればいいのでしょう?

それは自分なりに頭で考えて、『損失に繋がる可能性のあるファクターを一つ一つ取り除いていくこと』こそが、損失回避に貢献し利益率を伸ばすことに繋がると思うのです。

損失に繋がる可能性のあるもの、って何でしょう?

大きく分けて、

① テクニカルに関する投資理論や方法論的なもの

② 生活習慣に関わるもの

③ 思考習慣に関わるもの

④ メンタルに関わるもの

僕は損失に繋がるカテゴリーをこれら4つに分類しました。

① テクニカルに関する投資理論や方法論的なもの

損失回避となる方法論として僕は今まで以下のことを実践して来ました

その1

ある1つの価格帯に100枚や200枚、あるいはそれ以上の大きな建て玉を一気に張らない様にする事。例えばドル/円が100円になったら勝負に出ようとする。100円で建て玉を100枚一度に張ろうとするなど。それをすると、相場が思っていたのと真逆の方向に動いた時に、1pips不都合な方向に動く度に100万通貨分の損が生じる事となり、阿鼻叫喚な事態になります。

その2

建て玉を少なく、かつ分散してエントリーする。例えば最初は1万通貨、それ以降のエントリーは相場が100pipsづつ下がる度に25,000通貨づつ張っていく。いわゆる逆張りナンピンですが、1つの価格に一気に大枚を張るよりは、相場が思っていたのより真逆に動いた場合の損失を抑えることができます。

その3

1つの通貨ペアに最大で入れられる建て玉数量に制限を設ける。例えばUSD/ZARのショートを入れたい場合に、エントリーできる限界は13万5千通貨まで、っとマイルールを決めてしまう。それ以上エントリーするのは違反ですよ、っと自分に言い聞かせる。こうする事で1つの通貨ペアで損失が出ていることにムキになり、いつまでも繰り返し逆張りナンピンを入れ続け、損失を膨らませるという行為にブレーキを掛けることができます。

その4

1つのインジケーターの指標を信じない。僕はWトップ、Wボトム、一目均等表、MACD、ストキャスティクス、ボリンジャーバンド、CCIを主に使っていますが、それらの指標のうち3つ以上が同じトレンドの流れを示している場合にのみエントリーすることに決めています。決して1つのインジケーターだけで「これからこうなる!」っと思い込まない方がいいです。

その5

分足、時間足、日足は使わない。僕は短期トレードはやりません。短時間の動きというものは複雑でカオスです。カオスな世界では次の1手がまるで見えません。僕はチャートの時間軸は週足と月足だけ見るようにしています。週足と月足という時間軸はパターンが比較的安定している為です。安定したパターンのある分野で投資活動をすることで損失を抑えることができます。たまに1時間足や4時間足を見ますが、それはよほど自分が思っていたトレンドの流れに反した動きをしていた場合の参考として、時々短時間足のチャートを見ることもある、ということです。メインは週足と月足です。中期的・長期的な大きなトレンドの動き・安定したパターンを掴みながらエントリータイミングを伺うようにしています。

その6

雇用統計やFOMCの発表に合わせてエントリーはしないようにする。これは短期トレードをしないという方針と話が被りますが、『複雑系でカオスな世界は次の1手が読みにくい』という考え方から来ています。人間にとって最適な時間の長さというものは必ずあります。先が読みやすい時間的長さを知り、『自分がパターン化しやすく先が読みやすい時間軸・時間の長さがある分野でのみ投資活動をすれば良いと思うのです。

その7

GOLDと特定の通貨ペアの相関関係・逆相関関係の性質を利用する。例えばSGD/JPYとGOLDは月足単位でチャートを見比べた場合い、両者は逆相関の関係が見て取れます。この逆相関の性質と、両者の逆相関が起こるタイムラグを利用します。これは以前ブログ内の記事でも書きました⬇︎

長くなってしまったので続きはまた今度。

②生活習慣、③思考習慣、④メンタルに関することはまた今度ブログに書きます。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️