GOLDの上昇の勢いに衰えが見え始めている件について

週足でGOLDを見ると下落トレンド気配が強く出ているのが見れます。⬇︎

⬆︎ パラボリックSARでローソクの上にドットが描画されているという事は、上値が重く下落傾向のトレンド気配の強さを示しているという事です。

他の2段目3段目のインジケーターも下落トレンド気配が強く出ています。

⬇︎ 週足CCIでもGOLDは下げ気配ですし、ボリンジャーバンドではローソクが+2σからどんどん離れています。

月足では “やや下落気味か?” という微妙な指標になっているように受取りました。

上画像1段目。月足パラボリックSARは正直まだ微妙です。このままローソク足が落ちていけば、ドットと接触することになり、そこを起点としてドットがローソクの上に描画されて、トレンドが下落へ転じたことを示してくれると思うのですが、画像の状態からさらにローソクが上へ伸びていく可能性もまた大であり、非常にどっちつかずな微妙な状態です。

上画像2段目。MACDはゼロの位置に有ります。ということは少なくとも強い上昇トレンドは発生していないし、下落トレンドも発生していないという平均値的な状態を示しています。

上画像3段目。ストキャスティクスは%K線と%D線がクロスし合い、下落の角度を見せ始めています。個人的にはこのまま下げていくのではなく、一度上へバウンドしてから下落の角度を深めて下落トレンドへ転じていくと考えています。

⬇︎ 月足CCIは下落に向かっているのが見えます。ボリンジャーバンドでは+3σ近くをかすめた後、現在+2σ付近にローソクがあります。つまり決して上昇を見せている訳ではないです。

GOLDは一時期に週足単位で上昇した後、数ヶ月間に渡り下げていくだろうと、僕個人は予想しました。

GOLDの週足と月足を考察して、GOLDはゆくゆくは上昇力を失い、数ヶ月に渡りズルズルと下げていくと予想します。

GOLDの下落に伴い、SGDは上がっていくだろうと思っています。というのも、GOLDとSGDは月足で見た場合、逆相関の関連性がある為です。

詳しくは以下の記事で⬇︎

現在SGD/JPYのロングを保有しており含み益が出ていますが決済しない事にしました。

というのも、今後GOLDが上昇力を失い下降トレンド時代に突入すれば、逆相関の動きをするSGD/JPYはきっと大きく上昇トレンドに入ると予測しているからです。

具体的にいつからGOLDは数ヶ月に渡る下落トレンドに入るかは分かりませんが、GOLDの下落に備えてSGD/JPYは当面はロングポジションをキープしたままにします。

以上、今後のGOLDのトレンドの動きに関する考察でした。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️