FXで含み損400万円を抱えた時の話し。過去最大級の投資失敗談。

今から1年前、EUR/TRY(ユーロ・トルコリラ)の売りを入れました。10万通貨でした。

これが後々、大きな失敗の元になりました。

2018年10月にGBP/AUDで250万円の含み損を抱えた事がありましたが、それを上回る含み損を出すことになります。

GBP/AUDでの失敗は過去記事に書いています⬇︎

EUR/TRYの投資での失敗はどのように起こったのか・・・自列系で書いていきます。

2018年11月30日

この日は金曜日で映画を観に行く予定がありました。当時『ハード・コア』というロボット映画が映画館で上映されていたので、それを観に行く為に昼頃に身支度をしていました。

この日の数日前にEUR/TRYとUSD/TRYで僅かばかりの利益を出していました。さらに利益を出したい。そう思って映画を観に行く前にパソコンを立ち上げてEUR/TRYのチャートを眺めていました。

無知すぎるエントリー理由

11月30日以前はEUR/TRYとUSD/TRYで利益を出せていたのでお気楽な気分でこの日はチャートを眺めていた記憶があります。

EUR/TRYの月足と週足チャートの強い下落トレンドの流れから、「これはこのまま下落していくだろう」と読みました。

当時はインジケーターはほぼ使っていない状態でした。唯一使ってたのは移動平均線くらいでした。だからエントリーにはチャートのローソク足の流れを追って「今後上がる・下がる」を把握してエントリーしていました。今思えばなんて投資手法に無知で無謀なやり方なんだろうと思います。

しかし当時の僕はEUR/TRYなら上手く利益を出せるとそれなりに考えていました。理由はスワップ金利です。EUR/TRYとUSD/TRYの売りポジションは、XMが扱っている通貨の中で最も大きなスワップ金利を得ることができるのです。それを知っていたので、「為替差損でマイナスでも、EUR/TRYを長期間保有していれば、必ずや大きな利益が出せる筈だ」っと見込んで売りを入れました。

予想に反してトレンドが上昇し、底を掴んでしまう

11月30日の昼頃にEUR/TRYの売りを11万通貨入れて映画館に行きました。「帰ってる頃には少し利が乗ってるといいな」と能天気な事を考えながら映画を観ていたのを覚えています。

自宅へ帰ると利が乗るどころか数万のマイナスを出していました。驚きはありましたが、「まあ何とかなるだろう」と気楽でした。というのも10月中旬にGBP/AUDで含み損250万円からプラスに回復した経験があったので、数時間で含み損数万円程度の現象が目の前で起きていても、もはや驚かなくなっていたのです。

これを『慣れ』とも言うでしょうが、『麻痺』とも言えます。含み損250万円を経験したせいで含み損に対して恐怖心が無くなっていました。

今思えば、この段階でEUR/TRYの売りポジションを切っておけば良かったのです。しかし当時の僕が下した決断は『様子見』と『放置』でした。今ポジションを切ったら数万円が消える。それは勿体無い。だからポジションをキープしたのです。

2018年12月5日

日足チャートで見て分かる通り、11月30日にショートでエントリーしてからEUR/TRYはトレンドが上がって行っています。上画像参照。

・・・見事に底を掴んでしまいました・・・

含み損はどんどん増えていきました。

12月5日には含み損90万円を越えました。

エントリーして1週間後にマイナス93万円・・・あまりの含み損増加の速度に頭がついていけませんでした。

2019年1月10日

含み損が更に増えます。マイナス134万円。

1月23日まさかのプラ転!

しかし、ここからEUR/TRYの上昇が弱まり、下げに転じてきます。為替差損によるマイナスが減っていき、1月23日にプラ転します。プラス15万7千円。

この時に何故利益を決済しなかったのかよく覚えていません。

もっと儲かると思ったのか、EUR/TRYはもう上昇せず下落していくと思ったから保有継続を決めたのかは、今となっては保有理由を覚えていません。

2月は儲かっていた。2月は・・・

2月1日

2月10日

2月20日

2月28日

2019年3月12日

トータル損益で利益が出ているのに気を良くして、更に20万通貨の売りを入れます。

3月12日からEUR/TRYショートを41万通貨保有することになります。

4月に再び含み損に転じる

2月と3月に含み益が出ているのをいいことに41万通貨に増やしたのがここで仇になります。

4月に入ってEUR/TRYは強い上昇トレンドへと突入する事になります。

4月1日に元号を令和とする発表がありましたが、令和元年早々、EUR/TRYはショートポジションの僕にキツイ当たりを見せてきます。

週足チャートを見ての通り、4月に入ってから上昇トレンドに入っています。

41万通貨の売りポジションは、どんどん含み損を膨らませていきました・・・

4月10日 含み損マイナス145万円

4月30日 含み損200万円

2019年5月13日 含み損400万円を越える!

・・・含み損増加が止まりません・・・

含み損のピークに達したのが5月13日。ついにマイナス400万円を超えました・・・

EUR/TRY41万通貨売りポジションの最期はどうなったか?

2019年7月26日にEUR/TRYとの因縁の対決が終わります。

実に8ヶ月間に及ぶ戦いになりました。

続きは『EUR/TRYで最大400万円の含み損を抱えた時の話し第二弾』というタイトルでまた今度書きます。

公開は何時になるかはわかりません。

原因と対策についても書こうと思っています。

損失回避の為に最良の手はもっちあったのではないか?出来ることは他にまだあったのではないか?など。第二弾で書こうかなと。

失敗から得られるものもたくさんあります。

失敗の経験をブログに書く事で投資において今後の貴重な指南書になります。

書いて残さないと、人ってどうしても忘れしまうし、忘れるとまた同じ過ちを冒しがちです。

大切なのはデータをちゃんと残す事。失敗の原因や失敗が起こった根拠となるポイントを確実に把握しておく事だと思います。

それらを次の投資に活かすことで、利益率が上がっていくのだと、僕は信じています。

以上、EUR/TRYで含み損最大400万円を抱えた失敗談の第一弾でした。続きは第二弾にいつか書きます。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

為替取引で生活している投資家の夕食はこんな感じ

含み益が出てる日も含み損が出てる日も夕食は簡素に済ませています。

今日はコンビーフ1缶、白い食卓ロール一袋、ぶっこみ飯1つ。

パンにコンビーフを和えて食べます。

美味しいです。

口の中にパンとコンビーフが入っている時に、温かいぶっこみ飯を口の中に流し込みます。

この味が大好きです。

為替取引の利益で毎日美味しいご飯が食べられる事に感謝!

以上、専業トレーダーの、とある1日の夕食風景でした。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

11月18日から22日までのFX運用レポート

金曜終値時点でのXM口座状況

新規エントリー

GBP/AUD 10,000通貨 ショート

エントリー理由

週足ボリンジャーバンドでGBP/AUDはトリプルトップを形成しています。-2σにローソクが接触して弧を描き、現在の上昇は3つ目の弧を描く過程であると受け取る事も出来ます。-2σに接触して無い弧はカウントしていません。上画像参照。

週足のパラボリックSARが描くドットは、互いに間隔が広がりつつあります。上画像1段目参照。ドットの間隔が広がる時にトレンドが逆方向へ転換する事がよくあります。また、週足MACDでMACD線とシグナル線が互いに距離が離れ広がりを見せています。こういう時もトレンドが逆方向へ転換する事が有ります。上画像2段目参照。なので、そろそろGBP/AUDのこの上昇トレンドは終焉を迎え、下落トレンドになり、3つ目の弧を描くと予測しました。トリプルトップの形成。

GBP/AUDは頃合いを見てポジションを増やしていきます。

EUR/CAD 10,000通貨 ショート

エントリー理由

日足ボリンジャーバンドのみを参考にエントリーする実験ロット。+2σから+3σの間に価格が推移していたのでショートでエントリーしました。EUR/CADのショートはスワップがプラスなので、-2σ到達まで気長に保有しようと思っています。

ポジション決済した通貨

EUR/CAD 10,000通貨ロング

決済理由…10月10日から保有してましたが為替差損で大きく利が乗らない事と、1ヶ月以上保有しているとマイナススワップが嵩むので、あえなくロングポジションを切りました。利益は130円。

指値注文状況

1週間の反省点

およそ1ヶ月保有してたEUR/CADロングの決済ポイントを誤っていた。

週足ボリンジャーバンドの移動平均線にローソクが到達していたにも関わらず、利益欲しさに放置して「まだ上昇するだろうから放置でOK」と鷹を括っていたら、平均線接触後に下落し、利益が無くなっていった。

先週の「1週間の反省点」で週足ボリンジャーバンドの移動平均線にローソクが接触したらそこを利確ポイントとして決済する、と書いていたのに関わらず、EUR/CADの決済ポイントを誤った。

ロングにせよ、ショートにせよ、週足ボリンジャーバンドの移動平均線にローソクが接触したらそこが決済ポイント❗️

⬆︎自分に言い聞かす為に太字で書いておきました。

以上、1週間のFX運用レポートでした。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

iPhone 11 Pro がメガネケースにピッタリハマって便利な件

iPhoneでニコ生を閲覧する時、横向きにしてメガネケースに入れると見やすい角度になるし、iPhone倒れないし持ち運び易くなる。

便利なのでよくメガネケースにiPhone入れて生放送見てます。

以上、投資とは関係ない話しでした。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

GBP/USDはトリプルトップを形成するか?

週足パラボリックSARとストキャスティクス

週足チャートを見ると、いわゆる三尊天井の形に近づきつつある様にも見えます。

これから数週間の間にトリプルトップを形成し、その後、下落していく予感をさせます。

週足ストキャスティクスでも80以上を推移しており、ここから落ちていく可能性を示してもいます。

週足ボリンジャーバンドとCCI

週足ボリンジャーバンドでも+2σ、+3σに近づきつつあり、それらに接触後に下落するかも知れない、と予想を立てる事も出来ます。

今できる事、やれる事は?

1.32, 1.33, 1.34辺りにショートの指値を入れるかも知れません。

GBP/USDのショートはXMではマイナススワップ-0.06と とても少ないので、長期的に保有も可能です。

トリプルトップの形が出来たらショートで保有してみたいです。指値が指さればですが。

あまり期待せずトリプルトップ形成までのんびり待ちたいと思います。

トリプルトップを形成しなかったらエントリーを見送ります。

以上、GBP/USDについての考察でした。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

11月11日から15日のFX運用レポート

金曜日終値での口座状況

新規エントリーした通貨と、建て玉を追加した通貨

11月12日 NZD/SGD 10,000通貨 ロング

11月15日 NZD/SGD 25,000通貨 ロング

11月15日 AUD/CAD 25,000通貨 ロング

新規エントリー理由

NZD/SGD 10,000通貨ロング、25,000ロングした理由

上画像参照。月足ボリンジャーバンドでローソクが-2σに接触。ボリンジャーバンドの移動平均線と現在値との間に大きな伸び代が確認できる為エントリー。月足CCIで-100との接触にまだ大きな開きが有り、今後上昇トレンドに転じた際、大きな伸び代を予感させ、ここでロングしていれば大きく利食い出来る可能性のあるポジションだと判断した為エントリーした。

上画像参照。NZD/SGDは月足チャートで捉えた場合、ダブルボトムの形状を形成しつつある。2つ目のボトム到達後の今、今後上昇トレンド転換する可能性を秘めている。月足MACDでもヒストグラムと2本線は開きがあり、これは上昇トレンド転換した時に大きな伸び代がある事を示している。月足ストキャスティクスでも20より下に位置しており、ここから上へ登っていく場合大きな伸び代が期待できる為エントリーした。

AUD/CAD 25,000通貨ロングした理由

月足パラボリックSARでドットとローソク足との接触が近いと判断。接触後にドットがローソクの下に描画され下値が固い状態となり、上昇トレンド転換すると予想した。月足MACDとストキャスティクスは2本線と平均値との間に開きがある。上昇トレンド転換した場合の伸び代があり大きく利食い出来る可能性があると判断したので建て玉を追加した。

ポジション決済した通貨

SGD/JPY

11月12日 SGD/JPY 85,000通貨ロングポジションを決済。確定損益は¥217,223

決済理由… 週足MACDの青線がヒストグラムに接触しかかっており、週足ストキャスティクスでは下落トレンドの形状が出ていると判断した為、これ以上SGD/JPYには伸び代が期待できないと判断しポジションを決済した。下画像参照。

EUR/JPY

11月13日 EUR/JPY60,000通貨ロングポジションを決済。確定損益は¥26,099

決済理由… 週足ボリンジャーバンドで移動平均線にローソクが接触後に平均線で停滞している。移動平均線を抜けられずに停滞後に下落する恐れもあるのでポジションを切った。下画像参照。

実験ロット EUR/AUD,EUR/SGD

11月14日 併せて30,000通貨ロングポジションを決済。実験ロットの確定損益は¥4,071

決済理由… マイナススワップの関係で1週間のみの実験観察となった為に決済した。

指値注文状況

1週間の反省点

実験ロットは日足ボリンジャーバンドのみで通貨を選別してポジションを持ち損益がどうなるのかを観察する目的で実施した。日足ボリンジャーバンドの+3,+2,-2,-3σのいづれかにローソクが接触すればエントリーするという単純な試みだったが、EUR/SGDのマイナススワップが大き過ぎて中期的観察が無理だと判断し中断した。今後日足ボリンジャーバンドで実験する際は、マイナススワップが少ないかスワップがプラスになる通貨を選別するよう心がけたい。

もう一点、EUR/JPYの決済タイミングが遅過ぎた。先々週、かなり利益が乗ったのだがその時に決済しておきたかった。冷静にボリンジャーバンドを見れば移動平均線にローソクが接触してそこから上昇力を失っているのが分かった筈である。ロングポジションはボリンジャーバンドの移動平均線に接触後にそこから下落していくことが多々あるので、消極的ではあるが移動平均線接触後に決済していく姿勢も大事だと学んだ。

以上、11月11日から15日の運用レポートでした。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

11月4日~8日

金曜終値時点での口座状況

新規エントリー及び建て玉追加した通貨

11月7日 AUD/NZD ショート 25,000通貨

11月5日 EUR/AUD ロング 10,000通貨

11月5日と7日 EUR/SGD ロング 10,000通貨、10,000通貨(計20,000通貨)

エントリー理由

AUD/NZD…

週足ボリンジャーバンドでローソクが+2σに接触した為、建て玉を追加。⬇︎

EUR/AUD…

※実験ロット。日足ボリンジャーバンドの+3σ、+2σ、-3σ、-2σにローソクが接触後エントリーする方法を実験中。

EUR/SGD…

※実験ロット。日足ボリンジャーバンドの+3σ、+2σ、-3σ、-2σにローソクが接触後エントリーする方法を実験中。

決済したポジション

なし

指値注文状況

1週間の反省点

色んな通貨でポジション持ち過ぎてしまった。ポジションが多いと日々の管理が煩雑になる。頭では分かってはいるが、いざ伸び代のありそうな通貨を見つけるとヨダレを垂らして犬のように近付いて尻尾を振ってしまう。美味しい餌が貰えるかもしれないと、ご主人様の前に座っている犬のようになってしまう自分のこの性格を改めないと、いつまで経っても『ポジション持ち過ぎ問題』は解決しないだろう・・・儲かりそうに見える通貨があっても『待て!!』っと言えるご主人様を頭の中に招き入れたいものだ。

証拠金維持率が2700%にまで落ちた。ポジションを持ち過ぎなのだ。小心者ゆえ3000%を切ると大丈夫かなとやや心配になる。出来ればポジションを切って証拠金維持率を上げたい。だが週足単位や月足単位の長期で見れば今後大きく利食い出来る伸び代がありそうだから現ポジションを切れない。ジレンマである…。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

10月28日〜11月1日までのFX成績、エントリー、決済レポート

金曜日マーケットクローズ後の現在の口座状況

新規エントリー

10月31日 GBP/NZD 1万通貨売り

エントリー理由

  • 月足ボリンジャーバンドで+2σ以下
  • 月足CCI 200から下落
  • 週足MACD1本がヒストグラムを下から上へ突き抜け、もう1本が3週間前にヒストグラム棒グラフの真ん中を通過。(3週間前にショートでエントリーするのがベストだった)
  • 週足ストキャスティクスで80より上の位置から下へ落ち、80で一度バウンドして80より上へ上がり、再び80もしくは80以下へ落ちる気配を示している。

決済

10月30日 GBP/CAD 1万通貨 ロングポジションを決済

10月30日 EUR/CHF 1万通貨 ロングポジション決済

決済理由

EUR/CHF :

週足ボリンジャーバンドの移動平均線にローソクが到達した為。週足CCIもゼロ付近に到達した為。週足ストキャスティクスが平均値の50以上に達している為利確。

GBP/CAD :

週足ボリンジャーバンドで移動平均線以上に達していた為。週足CCIで100付近に達していた為。週足ストキャスティクスで80に達していた為利確。

決済後に後悔はあるか?

EUR/CHF :

ある。月足CCIで見れば-100辺りにあるし、月足ストキャスティクスでは20以下から上昇の角度を持って上がる兆しを見せている。月足パラボリックSARでは月足ローソクがドットに接触する間際であり、近いうちにドットがローソクの下に描画され下値が固い状態になり、月足単位での上昇トレンド転換となる可能性を秘めている。これらの月足インジケーター類からEUR/CHFは長期でロングポジションを保有していればまだ大きく利食い出来る位置にいるとも言える為、ロングポジションを持たないことに後悔はある。

GBP/CAD :

後悔はない。月足ボリンジャーバンドとCCIは共にGBP/CADが長期トレンド的に平均値に到達している事を示している。月足ストキャスティクスでも20より上に上がってしまっている。これは伸び代が小さくなってしまった事を同時に示している。投資家としてはロングポジションを持つなら月足で最底辺の位置からロングするのが理想である。このままGBP/CADをロングしても月足単位の長期目線で大きな利益は見込めない。だからロングポジションを切ったし、新規にエントリーする気もない。狙っているのは大きな利益が得られる潜在的可能性を秘めている最底辺もしくは最高値に位置している価格帯の通貨だ。

1週間の反省点

10月30日にUSD/ZARが暴騰した為、保有していたショートポジションが現在含み損になっている。

このまま下落していくと読んでいたので30日の暴騰は予想外だった。

幸いエントリーする価格帯を離して1万通貨と25,000通貨のみの保有だった為、大きな損を回避できている。

やはり価格帯を分散させ、小さなロットで小刻みにナンピンでエントリーする事が、いざと言う時にダメージを抑えてくれる。

先週1週間の間に入れた指値

GBP/NZDショート、EUR/ZARショート、USD/ZARショートを価格帯を分散させて小ロットで指値を入れた。

南アフリカランドは下落したがこの機会をチャンスと捉え、さらに下落するようならば指値に刺さるごとにポジションを増やし、ZARが上昇トレンドに転換した後に大きく利食いするのを狙っていく。

以上、10月28日から11月1日までの成績、エントリー、利確、指値レポートでした。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️