11月11日から15日のFX運用レポート

金曜日終値での口座状況

新規エントリーした通貨と、建て玉を追加した通貨

11月12日 NZD/SGD 10,000通貨 ロング

11月15日 NZD/SGD 25,000通貨 ロング

11月15日 AUD/CAD 25,000通貨 ロング

新規エントリー理由

NZD/SGD 10,000通貨ロング、25,000ロングした理由

上画像参照。月足ボリンジャーバンドでローソクが-2σに接触。ボリンジャーバンドの移動平均線と現在値との間に大きな伸び代が確認できる為エントリー。月足CCIで-100との接触にまだ大きな開きが有り、今後上昇トレンドに転じた際、大きな伸び代を予感させ、ここでロングしていれば大きく利食い出来る可能性のあるポジションだと判断した為エントリーした。

上画像参照。NZD/SGDは月足チャートで捉えた場合、ダブルボトムの形状を形成しつつある。2つ目のボトム到達後の今、今後上昇トレンド転換する可能性を秘めている。月足MACDでもヒストグラムと2本線は開きがあり、これは上昇トレンド転換した時に大きな伸び代がある事を示している。月足ストキャスティクスでも20より下に位置しており、ここから上へ登っていく場合大きな伸び代が期待できる為エントリーした。

AUD/CAD 25,000通貨ロングした理由

月足パラボリックSARでドットとローソク足との接触が近いと判断。接触後にドットがローソクの下に描画され下値が固い状態となり、上昇トレンド転換すると予想した。月足MACDとストキャスティクスは2本線と平均値との間に開きがある。上昇トレンド転換した場合の伸び代があり大きく利食い出来る可能性があると判断したので建て玉を追加した。

ポジション決済した通貨

SGD/JPY

11月12日 SGD/JPY 85,000通貨ロングポジションを決済。確定損益は¥217,223

決済理由… 週足MACDの青線がヒストグラムに接触しかかっており、週足ストキャスティクスでは下落トレンドの形状が出ていると判断した為、これ以上SGD/JPYには伸び代が期待できないと判断しポジションを決済した。下画像参照。

EUR/JPY

11月13日 EUR/JPY60,000通貨ロングポジションを決済。確定損益は¥26,099

決済理由… 週足ボリンジャーバンドで移動平均線にローソクが接触後に平均線で停滞している。移動平均線を抜けられずに停滞後に下落する恐れもあるのでポジションを切った。下画像参照。

実験ロット EUR/AUD,EUR/SGD

11月14日 併せて30,000通貨ロングポジションを決済。実験ロットの確定損益は¥4,071

決済理由… マイナススワップの関係で1週間のみの実験観察となった為に決済した。

指値注文状況

1週間の反省点

実験ロットは日足ボリンジャーバンドのみで通貨を選別してポジションを持ち損益がどうなるのかを観察する目的で実施した。日足ボリンジャーバンドの+3,+2,-2,-3σのいづれかにローソクが接触すればエントリーするという単純な試みだったが、EUR/SGDのマイナススワップが大き過ぎて中期的観察が無理だと判断し中断した。今後日足ボリンジャーバンドで実験する際は、マイナススワップが少ないかスワップがプラスになる通貨を選別するよう心がけたい。

もう一点、EUR/JPYの決済タイミングが遅過ぎた。先々週、かなり利益が乗ったのだがその時に決済しておきたかった。冷静にボリンジャーバンドを見れば移動平均線にローソクが接触してそこから上昇力を失っているのが分かった筈である。ロングポジションはボリンジャーバンドの移動平均線に接触後にそこから下落していくことが多々あるので、消極的ではあるが移動平均線接触後に決済していく姿勢も大事だと学んだ。

以上、11月11日から15日の運用レポートでした。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️