決済レポート

CAD/CHFの全ポジションを決済し、GOLD CFDの10万通貨分のポジションを決済しました。

今回の決済による確定損益額

CAD/CHF +¥5733

GOLD CFD +¥66535

合わせて +¥72268

CAD/CHFの決済理由

週足ローソクで見てもハッキリ分かるくらい、連日下げている。

伸び悩んでいるので、ここは一旦、利益が出ているポジションがマイ転しない内に手仕舞いして、週足ボリンジャーバンドで-2σにローソクが接地したら買い戻そうと考えた。含み益、含み損に関わりなくCAD/CHFの全ポジションを決済した。

GOLD CFD 10万通貨を決済した理由

月曜日に著しく高騰した。1689まで昇り詰めるとは全く以って想定外だった。

今日は月曜の反動なのか値を下げ、一時1633まで落ちた。

一旦落ちはしたが、再び高騰すればショートポジションは大きな含み損を抱える事になるので、それを懸念して一度10万通貨分のポジションを決済しておいて、再び高騰した時にショートを入れ直そうと考えた。

含み益の5万通貨のポジションと、含み損の5万通貨のポジションを決済しても、トータルではプラスで利益が得られるので、値が落ちてる今の内にと思い急遽決済した。

2月の確定損益額

CAD/CHFとGOLD CFDの決済により、2月の現在の確定損益額は合計¥876,000となりました。

以上、CAD/CHFとGOLD CFDのポジションを決済した理由でした。

※ブログの内容はあくまで著者の個人投資の売買成績と、エントリー理由や決済理由、予測などを記録する目的で記述したものです。
ブログの読者に特定の金融商品の売買や投資手法を推奨または押し売りする目的で書いた文章では無い事をここに明示しておきます。

Copyright ©️Mephrah. 2020.All Rights Reserved.

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

GOLD CFDは2020年3月は月足で陰線もしくは下ヒゲになるかも知れない、っという妄想のお話し

GOLD CFDのショート12万通貨を保有中です。

GOLD CFDをショートでエントリーした理由

理由①

週足ボリンジャーバンドでローソクが+3σに接触するほど高騰している。(上画像1段目参照)

理由②

週足CCIで200という買われ過ぎ感を出しており、この位置で買いを入れるのは悪手だと判断した。(上画像2段目参照)

理由③

週足MACDでMACD線とシグナル線が互いに別方向に広がる気配を見せている。(上画像2段目参照)

理由④

週足ストキャスティクスでは80以上の位置にあり、更に上を目指しているような形状をしているが、この位置で買いを入れるのは危険と判断した。(上画像3段目参照)

理由⑤

1月と2月共に月足が陽線だった年の3月は陽線だとしても下ヒゲを記しており、1ヶ月の間で始値より下落する時期がある。

1月・2月共に月足が陽線だった回数は過去22年間で7回。そのうち5回は3月の月足が陰線。2回は3月の月足陽線だが必ず下ヒゲを作っている(上画像参照)

※だがこのデータは今年2月に陰線を作ってしまったら参照して投資する意味がなくなってしまう。今現在、2月は月足陽線を作っているが、まだ後1週間残っている。

理由⑥

上画像参照。

過去22年間で3月の月足が陰線を記したのは14回。

陽線は8回。陽線8回のうち8回とも下ヒゲを作っている。

こうして過去データを見ていくと、3月は例え始値より上昇したとしても、始値より下げる事があり、下ヒゲを作る時期が1ヶ月の間でほぼ必ず来る傾向があるという事が分かってくる。

2月に高値を付けているタイミングで売りを入れる、または3月に高騰が起こればショートポジションを増やしていって、3月の始値より値が下がったタイミングで決済すれば良いのでは無いか?、っと考えた。

以上、①~⑥を理由としてGOLD CFDをショートでエントリーしました。

※ブログの内容はあくまで著者の個人投資の売買成績と、エントリー理由や決済理由、予測などを記録する目的で記述したものです。
ブログの読者に特定の金融商品の売買や投資手法を推奨または押し売りする目的で書いた文章では無い事をここに明示しておきます。

Copyright ©️Mephrah. 2020.All Rights Reserved.

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

週末のFX運用成績

XM口座ポジション状況

GOLD CFDのショートポジションの含み損が他の含み益を上回り、損益トータルでは現在マイナスとなっている。

また、CAD/CHFの価格が低迷し、CHF/SGDで利益が出せていない事も、トータル損益の含み益を減少させている要因となっている。

CHF/SGDをショートでエントリーした理由

上画像参照

理由①

週足ボリンジャーバンドでローソクが+2σを越えて来ている。(画像1段目)

理由②

週足CCIでは+200に到達しており買われ過ぎている事を示している。(画像2段目)

上画像参照。

理由③

週足パラボリックSARの下値の硬さを示すドット同志の距離が互いに広がって来ている。(画像1段目)

理由④

MACDのMACD線とシグナル線が互いに距離を開けて拡がって来ている。(画像2段目)

理由⑤

週足ストキャスティクスで、80より上の位置にある。この位置にストキャスがあると言うことは、しばらくの上昇はあるかも知れないが、いづれ下降トレンドへ流れていくと考えているので、ショートした。(画像3段目)

理由⑥

ボリンジャーバンドを週足ローソク単位で見ると、規則正しく上昇・下降のトレンドを描く傾向がある事が見て取れる。

理由⑦

CHF/SGDのショートはマイナススワップではあるが、少額なので長期的にショートポジションが保有できる。

理由①~⑦により、CHF/SGDはいづれ下降トレンドに入ると予測し、長期間の保有にも耐えうると考えたのでショートでエントリーしました。

GOLD CFDをショートでエントリーした理由

後日、別の記事で書きます。

※ブログの内容はあくまで著者の個人投資の売買成績と、エントリー理由や決済理由、予測などを記録する目的で記述したものです。
ブログの読者に特定の金融商品の売買や投資手法を推奨または押し売りする目的で書いた文章では無い事をここに明示しておきます。

Copyright ©️Mephrah. 2020.All Rights Reserved.

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

週の中間FX成績レポート

XM口座ポジション状況 2/19

CHF/SGDのショートをエントリー

エントリー理由などは週末に書く。

スプレッドがあまりに広いので、今度値が上がった時に売り増しするかどうか迷っている…

指値注文状況

昨日、CAD/CHFとAUD/NZDは前日比マイナス%を示す場面があったが、事前に設定していた指値には刺さらず、ポジションは現状維持のままとなった。

GOLD CFDのショートの指値を3つ用意しておいた。指値まで値が上がるかは分からないし指値に刺さるという保証はない。

GOLD CFDをショートする理由はまた別の記事で書こうと思う。

以上、週の中間FX成績レポートでした。

※ブログの内容はあくまで著者の個人投資の売買成績と、エントリー理由や決済理由、予測などを記録する目的で記述したものです。
ブログの読者に特定の金融商品の売買や投資手法を推奨または押し売りする目的で書いた文章では無い事をここに明示しておきます。

Copyright ©️Mephrah. 2020.All Rights Reserved.

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

2月3日から14日までのFX運用成績レポート

XM口座ポジション状況

CAD/CHFのエントリー理由

理由①

週足ローソクがWボトムを形成しようとしている。下画像1段目参照。

理由②

週足ローソクがボリンジャーバンドの-3σ付近に接地した後、-3σから-2σへ上昇して来ている。下画像1段目参照。

理由③

週足CCIが-200から-100のラインを超えて上がって来ている下画像2段目参照。

理由④

パラボリックSARの上値の重さを示すドット同志が互いに離れつつある(トレンド転換期が近い事を示す1つの指標)。下画像1段目参照。

理由⑤

MACDの、MACD線とシグナル線が互いに距離を開けて広がっている。まるでクワガタの刃の形のようだ。これもトレンド転換期が近い事を示す指標の一つ。下画像2段目参照。

理由⑥

ストキャスティクスでは%K線が%D線を追い抜き、20以下から、20~80の紫色のボックス内に%K,%D共に突入する角度で向かって来ている。及び上昇しているので、売られ過ぎの状態から買われて来ていると判断。上昇トレンドに転換する可能性を示唆している。下画像3段目参照。

理由⑦

一目均衡表では先行スパン1と先行スパン2が作り出す雲がねじれを作っており、今後ローソクが上抜けする可能性を示唆している。緑の蛍光色で丸したところの雲がねじれている。また、抵抗帯としての雲が薄いという事も、今後上昇トレンドの邪魔をする抵抗が小さいとも受け取れる。

1~7の理由により、CAD/CHFは今後上昇トレンドへ向かうと2月4日に判断し、数日かけてロングでのエントリーを繰り返した。

AUD/NZDのエントリー理由

理由①

週足ローソクがダブルボトムを形成しようとしている。下画像1段目参照。

理由②

CCIが-100以下という、売られ過ぎの位置から、-100より大きい値へと動いている事から、買い戻されている兆候を見せている。下画像2段目参照。

理由③

週足パラボリックSARで、ローソクの下に赤いドットが描画されている。下値が硬くなった事を示しており、買い戻しが始まっていると判断した。下画像1段目参照。

理由④

週足MACDで、MACD線とシグナル線が、ヒストグラムの下の位置で、クワガタの刃のような形状で互いに広がっている(トレンド転換期が近い兆候)。下画像2段目参照。

理由⑤

ストキャスティクスで、%Kが%Dの上になり、20~80の紫色のボックスに近づいて来ている。(売られ過ぎから買い戻しが起きつつある傾向を示唆していると判断した)。下画像3段目参照。

理由⑥

一目均衡表で雲のねじれが起きており、抵抗帯としての雲も決して厚くない。他のクロスオージーは週足チャートの雲が厚く抵抗帯が強い。AUD/CADやAUD/CHFは特に雲が分厚い。(“あの雲の峰の向こうに見た事もない島が浮いているんだ。” by パズー)対してAUD/NZDは雲が薄い。よって今後 AUD/NZDは比較的上昇トレンドに乗りやすいと判断した。

1~6の理由により、今後AUD/NZDは上昇トレンドの流れに乗ると推測し、少額枚数を小分けにしてロングでエントリーした。

以上が、CAD/CHFとAUD/NZDをロングでエントリーした理由となります。

 ※ブログの内容はあくまで著者の個人投資の売買成績と、エントリー理由や決済理由、予測などを記録する目的で記述したものです。
ブログの読者に特定の金融商品の売買や投資手法を推奨または押し売りする目的で書いた文章では無い事をここに明示しておきます。

Copyright ©️Mephrah. 2020.All Rights Reserved.

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

少しづつ、コツコツと確実に利益を増やしていく

ジワジワと含み益が増えている。本当に少額づつだけど。

こういう、確実にコツコツと、ジワジワと増えていく通貨ペアを大事にしたい。

急騰でロングポジションが爆益になるとか、暴落でショートポジションが爆益になるとか、そういう儲け方は望んでない。

・・・というか予期すること自体、難しいし。

何週間掛かってもいい。何ヶ月掛かってもいい。

例えばCAD/CHFで言えば、前日比より20~30%下げるごとに買う。

それよりもまた下がればまた買う。この繰り返しで、出来るだけ安値の時に買い増ししておく。

(ミスもあって、つい高値で買ってしまうこともあります。AUD/NZDの含み損がまさにそれ。画像参照)

FXは椅子取りゲームです。将来、多くの人たちが欲しがるであろう椅子を見抜き、その椅子に誰よりも安い値段で買っておいて、自分は前もって座っておく(ポジションを取る)。

大勢の人たちがその椅子のポジションを欲しがり出せばチャート上でも椅子の価格が上がって来るので、値頃感があれば高値で売り抜ける(ロングで儲ける)。もしくは、高値で売っておいて、手頃な安値の時に買い戻す(ショートで儲ける)。

ゲームに勝つ(儲ける)には、『目利き』が出来ないと話にならない。

目利きには2つあって、

『ポジションの将来性』

『エントリーするタイミング』

この2つの目利きが出来ないといけない。

確実に利が乗る通貨ペアやCFDを目利きして、選んだターゲットに、可能な限り利が乗りやすいタイミングで枚数を張り投資していく。

自称、『無職・引きこもり為替取引投資家』をこのブログで名乗ってはいるけど、何の事はないです。日頃やっている事は、ただこの『目利き』をより正確に、誰よりも早く出来るようになる事。僕がやっている事は本当にただこれだけの事なのです。

『ポジションの将来性』

『利が乗るタイミングでのエントリー』

どちらの目利きも難しいし、失敗もあります。

上手く利益が乗り、利食いできた時は、やっぱりとても嬉しいもんです。

※ブログの内容はあくまで著者の個人投資の売買成績と、エントリー理由や決済理由、予測などを記録する目的で記述したものです。
ブログの読者に特定の金融商品の売買や投資手法を推奨または押し売りする目的で書いた文章では無い事をここに明示しておきます。

Copyright ©️Mephrah. 2020.All Rights Reserved.

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

無職系ユーチューバーが多い件

YouTubeを観ていると、よく「無職系ユーチューバー」がオススメに出てくる

会社辞めて無職になった人がユーチューバーやり出して、日常生活を垂れ流しにしている動画をしょっちゅう見かける。

せっかくKEYENCEに勤めてて日本で一番高給な給料を貰っていたのに諸事情で会社辞めて、無職でユーチューバーやってる人とか、無職の女性がモーニングルーティンやナイトルーティーンを動画にしてたり。

無職・・・流行ってますねぇ・・・

無職をネタに動画作ってカネ稼いで生きていく・・・転んでもタダでは起きない心意気はスゴい。

僕も無職なので決して上から目線で言えないし、無関心でもいられないけど・・・

無職系ユーチューバーの動画を眺めていると、自分と同類がたくさんいる事が分かって安心感あるし、「自分だけじゃないんだ」っと無職の動画を見ているだけで落ち着いて来る自分がいる。

一方で「同族嫌悪」から自分の嫌な面・目を背けたい一面を見ているようで、途端に見たくない!って動画閉じる時もある。

無職系ユーチューバーたちへ・・・

君たち、ちゃんとした会社に就職して働いた方がお金になるし、社会人としての肩書も手に入るし、福利厚生だって受けられる。

芸能人がわんさかとYouTubeの市場に乗り出してきてる昨今。素人がユーチューバーやっても再生数やチャンネル登録者数やイイねは稼げないでしょうに・・・。

特に20代で無職系ユーチューバーやってる人たちは、まだ就職先探せばあるでしょう。

だから真面目にちゃんと働いたら?、っと無職の為替取引トレーダーが言っても何の説得力もないんだろうけど…。

・・・僕ですか?

僕はもう働ける場所は無いですよ。誰も雇おうとは思わないでしょう。

何より本人に今更社会に出て会社勤めする気が1%も1gも微塵もないのです。

・・・僕は毎日ちゃんと引きこもりながら為替取引でお金稼いでるんでいいんです。

FXが僕の労働なのです。

これでいいのです。

僕はずっと為替取引の投資で生活していくので、無職・引きこもりだけど、今のままがいい。

これが僕の生きる道。

Copyright ©️Mephrah. 2020.All Rights Reserved.

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

ポジション状況

クールダウン終わりました。

現在のXM口座ポジション状況は以下の通りです。

クールダウン期間中に少額で小分けしながらエントリーしていました。

CAD/CHFとAUD/NZDのロングを保有中。

エントリー理由等は週末の成績レポートで書きます。

以上、現在のFX成績でした。

※ブログの内容はあくまで著者の個人投資の売買成績と、エントリー理由や決済理由、予測などを記録する目的で記述したものです。
ブログの読者に特定の金融商品の売買や投資手法を推奨または押し売りする目的で書いた文章では無い事をここに明示しておきます。

Copyright ©️Mephrah. 2020.All Rights Reserved.

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

2月11日までクールダウンのため投資をお休みます。少額でのエントリーは可としました。

興奮状態を鎮静化させる為にクールダウン

ポジションを決済した後は必ず脳からβエンドルフィンやドーパミンが出て興奮状態に陥ってる。

興奮状態で投資に挑んでしまった為に、判断ミスにより不利な位置でポジションを持ってしまう、枚数を多く入れ過ぎてしまい資金管理がずさんになった事が、今まで多々あった。

損を出しやすい興奮状態でのエントリーを防ぐ為に、利益確定や損切りの決済をした後は、1週間エントリーしてはいけない事にしている。(2020年1月から)

3日に決済したので11日までエントリーを見送る

10万通貨以上の枚数を投じるエントリーを決済日から1週間見送る事で、1週間の間に興奮状態を鎮めることに努める。

但し、少額でのエントリーは可能とした。

理由は、利益が見込めそうな「好条件」を有する通貨ペアが目の前にあるのに、エントリーを禁じ1週間我慢させると、それがストレスとなり興奮を生じさせ、クールダウンにならないと考えたから。

だから例え含み損が出ても気にならない程度の枚数ならエントリーしても良い事にした。エントリーしたいのにそれを禁じるとか我慢は良くない。

クールダウンの間に禁止するのは、20万円以上の含み損を出しているポジションを保有したままにすること。含み損を抱えたままだとどうしても興奮状態を鎮静化出来ない。ポジションがどうなっているか毎日毎時間ごとに気になって仕方がないし、損が更に膨らむと更に気になってストレスも強くなってしまう。

だから含み損ポジションはクールダウン期間に入る前に全て損切る。・・・仕方がない。損を切ってクールダウン中にリセットしてから新しくポジションを持って利益を出す事に専念すれば良い。

人はずっと戦い続ける事は出来ない

兵法を書いた孫氏は述べている。

『戦いは短い方がいい』

『長期間に渡る戦争は金と人材を食い尽くす』

これは個人の精神状態や身体の健康にも当てはめる事が出来る。

長時間・長期間に渡り投資での売買に関わり続けているとどうしても心と体に負担が掛かりっ放しになる。トレードによるストレスが蓄積していくのだ。

負荷は気づかないうちに思考能力を鈍らせ、判断力を落とさせる。

投資で損を出したくないのであれば、長期間に渡って投資のストレスを溜め込まない事だ。

その為に決済ごとにクールダウン期間を設け、身体と精神と脳を休ませる。

投資で勝つ為のノウハウと同じくらい、『上手に休息を取る』為のノウハウは重要だと僕は思っている。

※ブログの内容はあくまで著者の個人的な投資に対する考え方を記録する目的で記述したものです。
ブログの読者に特定の考え方や理想論を推奨または押し売りする目的・意図は無い事をここに明示しておきます。

Copyright ©️Mephrah. 2020.All Rights Reserved.

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

【決済報告】1月27日から2月3日までのFX運用成績

週末に成績レポートをアップする予定だったが予定を変更して今日アップ。

GBP/AUDのロングポジション31万通貨を決済(2月3日)

確定利益額

¥803,780

XM口座ポジション状況

⬆︎画像の通り現在はノーポジション

GBP/AUD31万通貨ロングのエントリー理由

1/30 英国中央銀行政策金利発表(BOE)

2/1 イギリスEU離脱

2/4 豪中央銀行政策金利発表(金利予想0.5%)

⬆︎3つのイベントが立て続けにある事から、ポンドは買われ、豪ドルは売れらると予想。1月27日にGBP/AUDのロングポジションを保有する事で利益が見込めると予測を立てた。

GBP/AUD買いの記録

1月27日(正確には日付が変わって28日の深夜)に1万通貨ロング

1月28日 5万通貨ロング。値下がりしたのでさらに5万通貨ロング。

1月29日 5万通貨ロング。数時間後にもう5万通貨ロング。

1月30日 5万通貨ロング。数時間後にもう5万通貨ロング。

2月3日に決済した理由

2月3日はイギリスEU離脱直後の相場でご祝儀によりポンドが高騰すると見込んでいた。

だが月曜日のポンドマーケットは高騰などしておらず、やや下落気味気配だった。

さらにYahooの豪政策金利の予想サイトで2月4日金利予想が0.5%から0.75%に変更されていたので、GBP/AUDは2月4日の豪金利発表以降、これ以上高騰しないのではないかと分析。急遽ロング保有を手放す事にした為、決済。2/3 13:30に全て決済した。

2月3日14時以降にポンドが急落!

画像のように13時30分にGBP/AUD31万通貨ロングポジションを一斉に決済した後、クロスポンドは皆一気に下落していった。

・・・危なかった・・・。もう少し決済のタイミングが遅れていたら暴落に遭って多額の含み益を失うところだった・・・。

運が良かったのだ。

ピーク時の含み益は99万円。19万円分の含み益を失った上での利益確定となった

⬇︎ XMの口座にポジションを持っていると毎日口座状況のメールが送られてくる。

1月31日終値時点でのGBP/AUD31万通貨の含み益は、およそ99万4千円。

2月3日に80万円で決済したので、19万円分の含み益を失った事になる・・・。

今回の売買の反省点

ピークの含み益で決済する事がいかに難しいか・・・。2月1日6:00の含み益99万円を取り逃がしてしまった・・・。

『EU離脱後のポンド市場は大盛り上がりでご祝儀相場となり高騰している筈だ』⬅︎この思い込み・自信・自分の判断を疑わずバイアスの掛かった予想で市場を眺めていたので、3日の下落を予想出来ず、99万円の利益のまま決済するという決断には至れず、利益を逃してしまう。

今とても反省しています。

※ブログの内容はあくまで著者の個人投資の売買成績と、エントリー理由や決済理由、予測などを記録する目的で記述したものです。
ブログの読者に特定の金融商品の売買や投資手法を推奨または押し売りする目的で書いた文章では無い事をここに明示しておきます。

Copyright ©️Mephrah. 2020.All Rights Reserved.

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️