月収70万円のITエンジニアがスゴい!っと思っていた時期がありました

今から10年前、2010年にIT関連の会社で働いている知り合いがおりました。

その知り合いの紹介で、ITエンジニアをやってる当時37歳くらいの人と短い時間だけど話しをした事がある。

そのエンジニアはSEを経て、プロジェクトマネージャーに就き、主に設計を担当していると言う。「月収70万円はある」と言う話を彼から聞いた時、70万円という金額の大きさに驚いた事を今でも覚えている。

その当時、僕は片田舎から上京しIT関連企業に就職したくてプログラミングのスクールに通いつつアルバイトをして生計を立てていた。

上京以前は、2交代や3交代制の派遣の仕事をして食い繋いでおりました・・・。

体力的にはキツいが決してお給料は良くない。むしろ薄給。社会的底辺が集う職場ではマウントの取り合いが毎日行われており、底辺だからこそ妙なプライドがあり、下になるまいと妙な足の引っ張り合いをする。

そんな労働ヒエラルキーの下層から抜け出したくて高給が頂けるITへの憧れが強くなった

だからこそ月収70万円あるエンジニアと会って話しをした時、当時の僕には彼がとても輝いて見えた。

「70万円!?スゴい!スゴいっすよぉ!!」みたいな。

僕は転職が多い。色んな職場色んな業種で働いて来たけど、手取りは14~36万円と幅は広い。36万円は残業をしまくった時期にたった一度だけ手にしたことがあるお給料だ。手取りは20万から28万が多かった。

そんな僕の給料と比べると月収70万円を得ているエンジニアの彼は雲の上の存在だった。

薄給だった当時の僕には大きな金額に見えても、47万~180万円の収入を為替取引で得ている現在の僕には大きな金額に見えない。

輝いて見えたり憧れるのは、自分と相手に歴然たる『差』が存在するからだ。

手取り20万そこそこだったら月収70万円は差が存在し輝いて見えても、今自分が70万円以上の金額を稼いでいたら、そりゃあ憧れとか輝きとかもう無いわけですよ。

収入が増える事で、『僕もあの人のようになれたらいいな』という純粋無垢な憧れや尊敬の眼差しは消え失せます。

月収70万円は確かに高給だし、それを得れる立場にあるエンジニアの彼は確かにスゴい人だ。

だが自分がいざ彼と同等かそれ以上の収入を得られる立場になってしまったら月収70万円は何とも思わなくなる。

先月は110万円だった。去年10月は180万円だった。

だから70万円は何とも思わない。

2010年は月収70万円の世界が見たかった。では今、月収70万円の世界がどう見えているか?

結論を言ってしまえば普通。

・・・何も変わってない。

これが正直な感想です。

手取り20万そこそこの給料を貰っていた時と、気分は何も変わらない。

見える世界は一緒。同じ。

手に入れた事が無いからこそ強く憧れる。それはよく分かる。だが手に入れた瞬間憧れていたモノは色褪せてしまう。

黄金色に輝いていて金の延棒に見えていたものが、コンクリートのレンガに見える感じ。

手に入れてみて『ああ、こんなもんか』と思う。

『俺が今まで強く憧れてて、喉から手が出るほど欲していた月収70万円を得る事で見える世界とは、こんな程度の物だったのか⁉️』、っと思う。

そう。こんな程度のものだったのだ。

これからもし僕が月収1000万円や月収1億円に憧れを持ったとしても、手にした時は同じ感覚に陥るんだと思う

僕は高い収入や月収に憧れは持っていません。だって手に入れたらもう色褪せてしまうから。

お金ではない分野での憧れについてもきっと同じだろう。

例えば灘高校に入ろうと、東大に入ろうと、理科三類に入ろうと、医者になろうと、結局その目標を目指して努力している時だけがすごく幸せで、手に入ったら『ごく普通のモノ』に“型落ち”してしまう。

憧れを抱いて目指していた立場や職業に自分がなれた時、“見える世界はこんなモノか”、っときっと思うのだ。

そして思う。『何で俺はこんな普通なモノに強い憧れを持っていたんだろう?』、っと。

手に入れる事に意味はないと悟るんですよ。

そして絶望する。

絶望してから再びまた目的地を見つけて歩み出す。

きっと人間は長い歴史の中で、こんな事をずーっと繰り返して来たのでしょう。

※ブログの内容はあくまで著者の個人的な投資に対する考え方を記録する目的で記述したものです。
ブログの読者に特定の考え方や理想論を推奨または押し売りする目的や意図は無い事をここに明示しておきます。

Copyright ©️Mephrah. 2020.All Rights Reserved.

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

無職系ユーチューバーが多い件

YouTubeを観ていると、よく「無職系ユーチューバー」がオススメに出てくる

会社辞めて無職になった人がユーチューバーやり出して、日常生活を垂れ流しにしている動画をしょっちゅう見かける。

せっかくKEYENCEに勤めてて日本で一番高給な給料を貰っていたのに諸事情で会社辞めて、無職でユーチューバーやってる人とか、無職の女性がモーニングルーティンやナイトルーティーンを動画にしてたり。

無職・・・流行ってますねぇ・・・

無職をネタに動画作ってカネ稼いで生きていく・・・転んでもタダでは起きない心意気はスゴい。

僕も無職なので決して上から目線で言えないし、無関心でもいられないけど・・・

無職系ユーチューバーの動画を眺めていると、自分と同類がたくさんいる事が分かって安心感あるし、「自分だけじゃないんだ」っと無職の動画を見ているだけで落ち着いて来る自分がいる。

一方で「同族嫌悪」から自分の嫌な面・目を背けたい一面を見ているようで、途端に見たくない!って動画閉じる時もある。

無職系ユーチューバーたちへ・・・

君たち、ちゃんとした会社に就職して働いた方がお金になるし、社会人としての肩書も手に入るし、福利厚生だって受けられる。

芸能人がわんさかとYouTubeの市場に乗り出してきてる昨今。素人がユーチューバーやっても再生数やチャンネル登録者数やイイねは稼げないでしょうに・・・。

特に20代で無職系ユーチューバーやってる人たちは、まだ就職先探せばあるでしょう。

だから真面目にちゃんと働いたら?、っと無職の為替取引トレーダーが言っても何の説得力もないんだろうけど…。

・・・僕ですか?

僕はもう働ける場所は無いですよ。誰も雇おうとは思わないでしょう。

何より本人に今更社会に出て会社勤めする気が1%も1gも微塵もないのです。

・・・僕は毎日ちゃんと引きこもりながら為替取引でお金稼いでるんでいいんです。

FXが僕の労働なのです。

これでいいのです。

僕はずっと為替取引の投資で生活していくので、無職・引きこもりだけど、今のままがいい。

これが僕の生きる道。

Copyright ©️Mephrah. 2020.All Rights Reserved.

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

iPhone 11 Pro がメガネケースにピッタリハマって便利な件

iPhoneでニコ生を閲覧する時、横向きにしてメガネケースに入れると見やすい角度になるし、iPhone倒れないし持ち運び易くなる。

便利なのでよくメガネケースにiPhone入れて生放送見てます。

以上、投資とは関係ない話しでした。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

願掛けしてきました

都市伝説でレイライン上にあると言われている有名な神社へ出向いて願掛けしてきました。

運とか金運とか信じないタイプですが、投資の利益率を高める為にはもういっそのこと何でもすがってやろうと思ってきました

オン マリシエイ ソワカ

オン マカキャラヤ ソワカ

口ずさんだり、頭の中で呟くだけで金運上がるなら、すがってやろうじゃないですか。

オン マリシエイ ソワカ

オン マカキャラヤ ソワカ

毎日呟こうと思いました(⬅︎結構信じてる)

以上、豊川稲荷へ願掛けに行ったというお話しでした。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

変化のない週末

個人事業主でもない無職の個人投資家には勤務日と休日の明確な区別がありません。

毎日が夏休み、とも言えますし、月曜から金曜まで投資で儲ける為の何かしら作業(仕事っぽいこと)をしているとも言えます。

さらに昼だろうが深夜だろうが早朝だろうが、投資のことで頭が一杯です。何かしら為替取引に関することを考えています。その辺りは何もしていないただの無職と一線を画する違いとも言えます。

無職の個人投資家は土曜と日曜はひたすら暇です。

なんせ月曜から木曜は家にこもっていますから、不審者と思われにくい土日は貴重な外出日なのです。

人目を気にせず外出ができるこの機会を失っては週4日間の引きこもりによる疲労が取れません。

土日はたいてい最寄の駅周辺で外食したり本屋に立ち寄って立ち読みしています。またはネカフェにこもって3時間ほど漫画を読んだりネットをしています。

無職の個人投資家になって1年1ヶ月・・・土日の過ごし方に飽きて来ました…

今日もネカフェで漫画を読んでいました

ネカフェで漫画を読むのも飽きて来ました。

駅周辺をブラつくのも飽きました。

引っ越せば少しは刺激のある土日が過ごせそうですが、資産がせめて3000万円になるまでは現住所地から引越さないと決めています。

お金の使い方には気を使っています。

高い家賃のマンション、高級車、ブランド品、海外旅行、スイートルームに宿泊、高級料亭での食事、女遊び・・・などなど贅沢は世の中にたくさんあります。

投資で儲かるたびに贅沢や快楽を得るための遊びに消費していては、投資に回せるお金は貯まらないし、貯金も出来なくなります。

なので、退屈で刺激のない土日を過ごす羽目にはなりますが、贅沢やその時だけの快楽を得る遊びは禁止にしています。

正直、毎週の土日の過ごし方にはもう飽きています。

でもお金の為に浪費を控えなければならないので、我慢です。

そう…我慢・・・

変化のない週末ですが、当面は我慢を強いられる事になりそうです。

以上、変化のない退屈な土日についてのお話しでした。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

やってみたい仕事は、特殊清掃員、火葬場の職員です

僕は外国のお金を買ったり売ったりして、為替差損益やスワップ金利で利益を得て、そのお金で生活をしています。

専業で為替取引をやっていると、『いつまでFXで生活できるだろうか?』、っと思う時はあります。

歴史的大暴落・・・

その日は突然やってくるかも知れません。

ドイツ銀行の破綻、アメリカ経済の急激な減速、不良債権の増加、大手投資銀行の破綻、中国と香港のさらに激しい衝突、中国とアメリカの貿易摩擦、EUのさらなる分裂・・・

何が原因で世界的・歴史的大暴落が起こるか分かりません・・・

この世界がいつまでもあると思う事自体、間違いなのかも知れません。

この金融経済はシャボン玉の表面に付着しているホコリのようなものなのかも知れません。シャボン玉が破裂したら何もかも終わり。意外とそんな呆気なく世界の金融は崩壊するのかも?っと思うこともあります。

前置きが長くなりましたが、歴史的な世界経済大暴落が起きた時に、僕のような個人投資家が生き残れるのでしょうか?

記録的大暴落でロングポジションはすべて大きな含み損を抱え、ロスカットもあり得ます。

お金を失っては生きていけません。為替取引できるお金が無くなり、為替取引で飯が食えなくなったのなら、何か仕事をしないといけなくなります。

FX以外でお金を稼ぐとしたら、どんな仕事をしたいか?

僕は働いてみたい会社はありません。でも、働いてみたい職種はあります。

それは、『人の死に関わる仕事』です。

例えば、特殊清掃員、葬儀屋、湯灌業、火葬場の職員などです。

これら人の死に関わる仕事なら続けれそうと思うからです。

ではなぜ続けれそうだと自分で思うのか?

このブログにアフィリエイトは設置していません。この本は宣伝でもありません。個人的に気に入っているので写真を撮っただけです。

僕は働くことに お金、生きがい・やりがい・達成感・社会的義務感を満たすこと、などを求めていません。

FXだってそうです。生きがいやりがいなどを求めていません。

僕は『常に死を身近に感じて自分が今生きている事を感じていられる』ような仕事じゃ無いと続かないと思っています。

働く事、仕事をすることに自分から何も求めていないのなら、『死を身近に感じて常に刺激を貰う』仕事しか選択肢はありません。

仕事は誰かに喜びを与え、誰かの幸せの為に自分の時間や体力を貢献して尽くす事だ!っという考え方は僕には無縁です。

その様な高い志を持って働いたことなど1度もありません。1度も。

生きているのに自分が生きているという実感がない。だから、『死を身近に体感できる場所で働きたい』のです。

つまり、仕事には自分が生きていると実感させてくれる刺激を求めています。他人の死を傍に見て自分が今生きている事を実感する・・・そのような環境を僕は求めています。

もし、FXができなくなったら・・・他人の死が傍にあって自分が今生きている事を味わさせてくれる職場で働きたいと考えています。

死を身近に感じたいです。これはコントラストなんです。目の前の人が死んでいる。今それを眺めている僕は生きている。「ああ!、僕は今生きているんだ!」「ありがとう!僕は今生きている!生かさせてくれてありがとう!」っと涙を流しながら自分が今生きている事に感謝しながら働きたいのです。

毎日FXしながら暮らしていますが、(そのせいとは思いませんが)、生きているのに生きていない感覚が根強い。意識に根差しているのです。

歩いていても、笑っていても、落ち込んでいても、瞑想をしていても、クラクションを鳴らされても、何をしていても『今自分が生きているという実感』が無いのです・・・

この生きている屍。歩く不感症の僕がもう一度生きていると実感する為には、誰かの死が必要。遺体が傍にある事、それをしばらく眺める事が出来ること。

死への恐怖、羨望の眼差し。それがあってもう一度生きている事を実感出来るようになると思うのです。

もしFX出来なくなったら、どこか地方でもいいので、特殊清掃員、火葬場の職員、湯灌、葬儀屋で働くと思います。

なんかダラダラと書いてしまいました。以上です。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

iPhone 11 Pro 買いました

カメラレンズが3つあるのが特徴のiPhone 11 Proを買いました。

本体価格が中古パソコン並みの価格でちょっと引きました。

契約プランは要るサービス要らないサービスをハッキリさせていたので、その場で迷うことなくスムーズに決めていきましたが、見積もりすると月額使用料は1万円を超えます・・・

これは高い。なんて高いお買い物なんでしょうか。毎月支払えるようにFXで稼がないといけなくなりました。

タピオカカメラと呼ばれている3つのカメラはズームと広角と夜間撮影が確かに素晴らしいです。

まるで10歩引き下がってから撮影したように広々と写せる広角機能は今まで使っていたスマホのカメラでは絶対出来なかったことなので感動しました。

10倍ズーム出来ますが、10倍ズームしても手ブレでそれほどブレた写真になりません。

夜撮影した場合、街灯の明かりほどの光源があれば、結構鮮明に被写体と周囲の様子が映ります。普通のスマホなら真っ暗だけど、iPhone11だと真っ暗にならなかったです。

買ったばかりなのでバッテリーの持ちについてはまだ分かりません。

ネットの通信速度は早い方だと思います。

液晶はかなり綺麗だと思います。

以上、iPhone 11 Proのお話しでした。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

エコノミストの表紙の絵は世界の未来を暗示などしていない

エコノミストという経済雑誌は何かと都市伝説的に語られる事があります。

エコノミストの表紙に描かれている絵はその年に各国で何が起こるかを予言をしているのだと、巷では言われているようです。

エコノミスト2019の表紙の左上に像の絵が描かれています。

この像、インド像だと言われてもいますが、像の背中に載っている飾りからタイの像だとも言われています。

像の牙は右肩上がりで上がっているような形をしています。

この牙が2019年のタイの経済が右肩上がりで上がっていくという予言をしているのだと、都市伝説的には語られているようです。

これがタイの像を表していて、タイの経済が2019年は成長しますよ、っという意味で書かれていたのなら、この未来予言はまったく当たっていないことになります。

まずタイの2019年8月未明までのGDPの推移は、前年比+2.3%。約5年ぶりの低い伸びなのだそうです。

そしてバーツ。タイバーツ/円を例に出します。

年始の暴落以降、確かに価格は上がって来てはいます。ですが、2月のピーク時の価格帯以上には伸びていません。

これが像さんの牙が暗示していた右肩上がりのタイ経済なのでしょうか?

GDPもタイバーツも大して伸びていません。

エコノミストの表紙に描かれている いくつかある絵の中の像だけに絞って考察しましたが、あの表紙の絵ってたくさん書くことでどれか一つは予言めいた事が当たりそうではあります。下手な鉄砲数撃ちゃ当たる、って奴ですね。

僕は個人的にはエコノミストの表紙は世界の未来を暗示して描かれたものではないと思います。あれはただのデザインでしょう。

表紙の絵が世界の未来を予言しているなどという話は、誰かが勝手に噂程度に言い始めて勝手に広まったのかも知れません。

以上、エコノミストの表紙に絵についてでした。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️