AUD/NZDのショートを追加で入れました

XMの未決済ポジション画面⬇︎

新たに25,000通貨の売りを入れたので、AUD/NZDの保有ポジションは35,000通貨となりました。

まだまだ入れてる建て玉少ないです。これからもっと値が上がって来れば逆張り姿勢なので、どんどん建て玉を入れるのですが、むしろ最近は下がってきています。

エントリー理由

週足の一目均衡表の遅行線とローソク足のひし形 形成

MACD線とシグナル線の一方がヒストグラムから離れ、一方は棒グラフの中央を通貨

ストキャスティクスで80より上から80ラインへの突入が間近

CCIでも+100以上の高さから+100へ突入している

唯一の心配事

月足のストキャスティクスでは、強い上昇が見て取れます。⬇︎

ストキャス60を越えて更に上昇の気配がありそうなら、一旦、売り目線でのポジション入れは控えようかな、とも考えています。

週足では下落気配。月足では上昇もしくはヨコヨコの気配・・・

週足と月足で相反する気配だと悩みます。

どっちに従うべきか、迷うし悩みます・・・

迷いましたが、週足の複数のインジケーターからの下落トレンド気配を優先して売りを追加した次第です。

以上、AUD/NZDのショートを追加で入れたというレポートでした。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

NZD/CADを買い増ししました

NZD/CADが伸びて来ていたので、今日の昼頃に25,000通貨買い増ししました。

月足インジケーター類を見ると下げそうな気配は依然強そうなので警戒はしています

月足のCCIは-200 ➡︎ -150 と上げて来ているので、ロングしている身としてはこれを見て安心はしています。⬇︎

月足のMACDとストキャスティクスを見ると、まだこれからも下げる可能性を秘めている形をしているので、しばらく警戒は解けそうにありません。⬇︎

⬆︎月足MACDとストキャスは下降トレンドがまだ続きそうな形はしていますが、同時にそろそろ底も近そうでもあります。MACD線とシグナル線が互いに離れるように広がっていく形に近づいています。これは底がそれほど遠くないということです。またストキャスが-10に接触すればそこから徐々に上がって来るかも知れない、っとも予測しています。

週足インジケーター類

週足のCCIも上昇の兆しを見せています。-100に突入しかかっています。売られ過ぎの相場を脱し、買われ始めている事を示しています。⬇︎

週足MACDとストキャスを見ても月足同様、まだ下げそうな勢いが残ってそうな形をしています。⬇︎

週足のMACDとストキャスを見ても、月足同様、まだまだ突然の下落に対し警戒しなければなりません。

唯一の慰めは、一目均衡表の遅行線が鋭角となり、ローソク足と共にひし形を形成しつつある点でしょうか。でもこれも当たり外れがあります。ひし形を形成しても絶対に相場が上がるもしくは下がるを保証するものでもないです。ですが遅行線がローソク足に触れるまでは上がり続ける事を今は期待するしかありません。

以上、NZD/CADを追加で25,000通貨ロングしたという報告でした。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

NZD/CADをロングでエントリーしました

1回目のエントリーなのでお試しで1万通貨です。

以前の記事でNZD/CADを買いエントリーする可能性は50%かな?、っと書いていたのですが、エントリーすることになりました。⬇︎

エントリー理由

月足ボリンジャーバンドとCCI ⬇︎

月足のCCIが-200から上がりつつあります。

また月足ボリンジャーバンドの-2σ以下に現在値があり、これからさらに下げたとしても、-3σに接触すれば上げていくだろう、と読みました。

月足MACDとストキャスティクス ⬇︎

月足単位のMACDで見てもこれからまだ下げていく気配は強いです。ですが「底に近づいて来ている感」もあります。ストキャスの20以下突破から徐々に上がってくると判断しました。

NZD/CADに対しこれからどうエントリーしていくか?

1回目のエントリーポイントを起点として100pips下げるごとに25,000通貨づつ買い増しをします。

例えばこれから下げ続けるとして、月足ボリンジャーバンドで-3σに接触するまでに何度かエントリーします。

最初にエントリーした起点から100pips上がるごとに25,000通貨買い増しもしますが、2回だけにしようと思います。

順張りで買い増ししても予期せぬところで下落へ転じたらやはり損を生むので、損失を抑える為にも順張りナンピン買いは少なめでいきます。

主に下げ続けたら逆張りナンピン買いを続け、逆張りに建て玉を使っていく方針でいきます。

以上、NZD/CADを買ったというレポートでした。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

NZD/JPYを買いでエントリーしました

NZD/JPYの週足インジケーター類が上昇の兆しを見せ始めていたので、わずか1万通貨ですが、NZD/JPYをロングしました

XM注文画面⬇︎

注文済みの保有通貨一覧⬇︎

エントリー理由

一目均衡表の遅行線とローソク足がひし形を形成しつつある

MACD線とシグナル線がハの字形に互いに広がっている

ストキャスティクスの%Kと%Dが+20以下から+20へ突入し越えている

CCIが-100を上回って来ている

相変わらずいつもブログの記事に書くエントリー理由と何ら変わりません。

エントリー基準もそろそろ新しいインジケーターを使って、エントリー判断となる新しい基準を活用したいものです。

以上、NZD/JPYをロングでエントリーしたという報告でした。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

EUR/JPYを追加で買いを入れました

EUR/JPYを1万通貨ロングで保有していましたが、-100pips以上値が下がったので 追加で25,000通貨ロングしました。

いつもトレンドの動きの参考にしている週足インジケーター類はそれほど悪い気配を示してはいないと判断し建て玉追加を決めました⬇︎

なお、他にポジションを持っている通貨ペアで、一番最初にエントリーしてから -100pips以上反対方向へ動いているポジションもありますが、週足インジケーター類の指標から建て玉追加を見送る事にしています。

以上、EUR/JPYのロングを25,000通貨、追加したという報告でした。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

AUD/NZDを売りでエントリーしました

たった1万通貨のみですがショートでエントリーしました

ちなみに口座の含み益がさらに減って159万円になっています。

エントリー理由は今まで他の通貨で説明してきたものと同じです。

・ボリンジャーバンドで+2σから下げて来ている

・CCIが200から下げて来てやがては+100を割って入っていくだろうと予測

・一目均衡表の遅行線とローソク足が上下同じ位置に鋭角があり、ひし形を形成している

・ストキャスティクスの%K,%Dがクロスしつつある

・MACDの一方の線がヒストグラムの棒グラフを突き抜けて離れて行き、もう一方の線が棒グラフの縦の中央を抜けようとしている(今回は2つの線のハの字は使いませんでした)

以上、AUD/NZDを1万通貨ショートで保有したというレポートでした。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

USD/CNH売り、EUR/JPY買い、EUR/CHF買いでエントリーしました

少ない建て玉ですが、新たに3つの通貨を保有しました

XMの未決済ポジション画面 ⬇︎

USD/CNHで売りを入れた理由

一目均衡表の遅行線とローソク足が上下同じ位置に角の頂点が来ています。

頂点から右へローソク足1つ分ズラした所から26本目のローソク足付近から下落トレンドが起こる可能性があります(もちろん過信はいけませんが)

遅行線を使ったトレンド転換点の予測は以前書いた記事にまとめています。少し詳しく知りたい方はどうぞ ⬇︎

MACDでは、MACD線とシグナル線が開いています。ヒストグラムも下落の流れを示しています。(USD/CNHのチャート画面。上画像の2段目)

ストキャスティクスも%K,%Dの2本が+80のラインを割り込んで来ています。(上画像の3段目)

CCIではもう少しで+100のボックスに近づきそうです。⬇︎

個人的なマイルール的には+100を少し割り込んでから売りを入れたかったのですが、少し甘かったかも知れません。

EUR/JPYの買いを入れた理由

遅行線とローソク足の上下同じ位置に角の頂点が来ています。MACDの2本線は開いていますし、ストキャスティクスはロケットの上昇のような勢いで20に割り込んで来そうです。ストキャスでは、まだ%k,%Dの両線が20に突入していないので、やや買い急いでしまったかも知れません。本当は2本が入ってるのが理想です。

CCIが-100を割り込んで入って来ているので、上昇の兆しが有ります。

EUR/CHFを買った理由

ここまでで説明した2つの通貨ペアと理由は同じです ⬇︎

以上の理由により、USD/CNH,EUR/JPY,EUR/CHFをまずは1万通貨からエントリーしました。

値動きを見ながら建て玉を増やすかも知れませんし、これ以上エントリーしないかも知れません。

ポジションをどうするかは今後の値動きとトレンドの流れ方次第です。

以上、直近のエントリーリポートでした。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

SGD/JPYをさらに25,000通貨買い増ししました

前回の買い増し価格よりさらに100pips上昇したので自分の投資ルールに従いさらに買いました。

つい先ほどXM口座でSGD/JPYを25,000通貨買いました。

今回の買い増しでSGD/JPYは85,000通貨保有となりました

月足のボリンジャーバンドでローソク足が-2σを超えて来ました ⬇︎

上から順に+3σ、+2σ、移動平均線、-2σ、-3σ

ローソク足は先月-3σに接触し、そこから-2σまで上昇。さらに現在-2σを反発せずに抜けて来ています。

-2σで反発して下落しなかった事で、勢いは「強い」と見ました。

勢いは週足の他のインジケーターでも見て取れます

下画像・グリーンの蛍光色で丸したところ ⬇︎

複数のインジケーターで下降の兆しが見えず、上昇気配が強いと判断したので買い増ししました

SGD/JPYは最近の相場の流れ上、順張りで100pips上げるごとにナンピン買いしています。

損失回避の為の投資マイルール上、1つの通貨ペアにつき保有できる最大建て玉数は125,000通貨までと決めています。

SGD/JPYはあと40,000通貨エントリー出来るということになります。

相場の値動きの上げ・下げを汲み取りつつエントリーしたいと思います。場合によってはある程度下げて来たら買いを入れることもあるかも知れません。

以上、SGD/JPYのエントリーリポートでした

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

SGD/JPYを買いました

25,000通貨買いました。SGD/JPYは6万通貨保有となります。

6つあるエントリー条件全てが揃いました

CCIが下から上へボックス内に入りました。

これでエントリー条件全てを満たした事になります


6つのエントリー条件

以前記事に書きましたがもう一度載せておきます。マイルールとして自分に律しているエントリー条件です。

  1. (最優先) 週足チャートでローソク足がWトップもしくはWボトムを形成しつつある
  2. 週足ボリンジャーバンドでローソク足が +3σ または -3σに接触もしくは越えた場合
  3. 一目均衡表の遅行線が鋭角の形状を持ち、かつ遅行線が下落もしくは上昇の角度を持っていること。遅行線とローソク足が「菱形」になってると良い。
  4. ストキャスティクスの青と赤のラインが上から下へ、または下から上へ20~80のボックスへ突入している事。
  5. MACDで2本の移動平均線MACDとシグナル線が、ハの字に広がっている形状をしている事
  6. CCIで -100から+100のボックス内にシグナル線がボックス外から角度を持って突入している事

1つのインジケーターやオシレーターのシグナルのみをアテにしないように心掛けています。

必ず複数のインジケーターで買い・売りのシグナルが出ている通貨にエントリーする様にしています。

SGD/JPYは複数のインジケーターから強い買いシグナルが出続けている限り、今後も買い増す予定です

以上、SGD/JPYのエントリーリポートでした

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

SGD/JPYを25000通貨 ロングしました

8月に1万通貨を買いでエントリーしていたSGD/JPYを買い増ししました。

XMの未決済の保有通貨画面

以前ロングしてたSGD/JPY 1万通貨とその他の仲間たち

SGD/JPYを買い増しした理由

僕がエントリーにおいて優先している事を優先順に列挙すると、

  1. (最優先) 週足チャートでローソク足がWトップもしくはWボトムを形成しつつある
  2. 週足ボリンジャーバンドでローソク足が +3σ または -3σに接触もしくは越えた場合
  3. 一目均衡表の遅行線が鋭角の形状を持ち、かつ遅行線が下落もしくは上昇の角度を持っていること
  4. ストキャスティクスの青と赤のラインが上から下へ、または下から上へ20~80のボックスへ突入している事。
  5. MACDで2本の移動平均線MACDとシグナル線が、ハの字に広がっている形状をしている事
  6. CCIで -100から+100のボックス内にシグナル線がボックス外から角度を持って突入している事

実はSGD/JPYは1~5の条件を満たしています!

条件1.

週足のローソク足を繋げるとWボトムの形が見えてきます。Wの文字の右端の棒線がない状態。今後 右上方向にローソクが動く事でW文字を形成するのを期待しています(※形成しないリスクもあります)

条件2.

月足のボリンジャーバンドで、SGD/JPYのローソクは -3σに接触および越えていました。分かり易いように蛍光色で塗ってる部分が -3σのラインです。

条件3.4.5

一目均衡表の遅行線、MACD、ストキャスティクスでも条件を満たしています。

MACDは、MACD線とシグナル線がハの字に広がっている時がエントリーポイント付近としています(僕は)

条件6.

CCIの週足はまだボックスに下から上へ突入はしていません(惜しい)

以上の理由によりSGD/JPYを買い増ししました。

と言っても合わせて35000通貨のみですが。これから値が上がるのを見計らって、更に25000通貨づつポジションを増やしていこうと考えています。

トレンドが上がっていく条件が多く整っているのでポンドと同じくらい今期待している通貨です。

※ あくまで個人の見解であり個人的意見です

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️END OF ARTICLE ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️