FXで含み損400万円を抱えた時の話し。過去最大級の投資失敗談。

今から1年前、EUR/TRY(ユーロ・トルコリラ)の売りを入れました。10万通貨でした。

これが後々、大きな失敗の元になりました。

2018年10月にGBP/AUDで250万円の含み損を抱えた事がありましたが、それを上回る含み損を出すことになります。

GBP/AUDでの失敗は過去記事に書いています⬇︎

EUR/TRYの投資での失敗はどのように起こったのか・・・自列系で書いていきます。

2018年11月30日

この日は金曜日で映画を観に行く予定がありました。当時『ハード・コア』というロボット映画が映画館で上映されていたので、それを観に行く為に昼頃に身支度をしていました。

この日の数日前にEUR/TRYとUSD/TRYで僅かばかりの利益を出していました。さらに利益を出したい。そう思って映画を観に行く前にパソコンを立ち上げてEUR/TRYのチャートを眺めていました。

無知すぎるエントリー理由

11月30日以前はEUR/TRYとUSD/TRYで利益を出せていたのでお気楽な気分でこの日はチャートを眺めていた記憶があります。

EUR/TRYの月足と週足チャートの強い下落トレンドの流れから、「これはこのまま下落していくだろう」と読みました。

当時はインジケーターはほぼ使っていない状態でした。唯一使ってたのは移動平均線くらいでした。だからエントリーにはチャートのローソク足の流れを追って「今後上がる・下がる」を把握してエントリーしていました。今思えばなんて投資手法に無知で無謀なやり方なんだろうと思います。

しかし当時の僕はEUR/TRYなら上手く利益を出せるとそれなりに考えていました。理由はスワップ金利です。EUR/TRYとUSD/TRYの売りポジションは、XMが扱っている通貨の中で最も大きなスワップ金利を得ることができるのです。それを知っていたので、「為替差損でマイナスでも、EUR/TRYを長期間保有していれば、必ずや大きな利益が出せる筈だ」っと見込んで売りを入れました。

予想に反してトレンドが上昇し、底を掴んでしまう

11月30日の昼頃にEUR/TRYの売りを11万通貨入れて映画館に行きました。「帰ってる頃には少し利が乗ってるといいな」と能天気な事を考えながら映画を観ていたのを覚えています。

自宅へ帰ると利が乗るどころか数万のマイナスを出していました。驚きはありましたが、「まあ何とかなるだろう」と気楽でした。というのも10月中旬にGBP/AUDで含み損250万円からプラスに回復した経験があったので、数時間で含み損数万円程度の現象が目の前で起きていても、もはや驚かなくなっていたのです。

これを『慣れ』とも言うでしょうが、『麻痺』とも言えます。含み損250万円を経験したせいで含み損に対して恐怖心が無くなっていました。

今思えば、この段階でEUR/TRYの売りポジションを切っておけば良かったのです。しかし当時の僕が下した決断は『様子見』と『放置』でした。今ポジションを切ったら数万円が消える。それは勿体無い。だからポジションをキープしたのです。

2018年12月5日

日足チャートで見て分かる通り、11月30日にショートでエントリーしてからEUR/TRYはトレンドが上がって行っています。上画像参照。

・・・見事に底を掴んでしまいました・・・

含み損はどんどん増えていきました。

12月5日には含み損90万円を越えました。

エントリーして1週間後にマイナス93万円・・・あまりの含み損増加の速度に頭がついていけませんでした。

2019年1月10日

含み損が更に増えます。マイナス134万円。

1月23日まさかのプラ転!

しかし、ここからEUR/TRYの上昇が弱まり、下げに転じてきます。為替差損によるマイナスが減っていき、1月23日にプラ転します。プラス15万7千円。

この時に何故利益を決済しなかったのかよく覚えていません。

もっと儲かると思ったのか、EUR/TRYはもう上昇せず下落していくと思ったから保有継続を決めたのかは、今となっては保有理由を覚えていません。

2月は儲かっていた。2月は・・・

2月1日

2月10日

2月20日

2月28日

2019年3月12日

トータル損益で利益が出ているのに気を良くして、更に20万通貨の売りを入れます。

3月12日からEUR/TRYショートを41万通貨保有することになります。

4月に再び含み損に転じる

2月と3月に含み益が出ているのをいいことに41万通貨に増やしたのがここで仇になります。

4月に入ってEUR/TRYは強い上昇トレンドへと突入する事になります。

4月1日に元号を令和とする発表がありましたが、令和元年早々、EUR/TRYはショートポジションの僕にキツイ当たりを見せてきます。

週足チャートを見ての通り、4月に入ってから上昇トレンドに入っています。

41万通貨の売りポジションは、どんどん含み損を膨らませていきました・・・

4月10日 含み損マイナス145万円

4月30日 含み損200万円

2019年5月13日 含み損400万円を越える!

・・・含み損増加が止まりません・・・

含み損のピークに達したのが5月13日。ついにマイナス400万円を超えました・・・

EUR/TRY41万通貨売りポジションの最期はどうなったか?

2019年7月26日にEUR/TRYとの因縁の対決が終わります。

実に8ヶ月間に及ぶ戦いになりました。

続きは『EUR/TRYで最大400万円の含み損を抱えた時の話し第二弾』というタイトルでまた今度書きます。

公開は何時になるかはわかりません。

原因と対策についても書こうと思っています。

損失回避の為に最良の手はもっちあったのではないか?出来ることは他にまだあったのではないか?など。第二弾で書こうかなと。

失敗から得られるものもたくさんあります。

失敗の経験をブログに書く事で投資において今後の貴重な指南書になります。

書いて残さないと、人ってどうしても忘れしまうし、忘れるとまた同じ過ちを冒しがちです。

大切なのはデータをちゃんと残す事。失敗の原因や失敗が起こった根拠となるポイントを確実に把握しておく事だと思います。

それらを次の投資に活かすことで、利益率が上がっていくのだと、僕は信じています。

以上、EUR/TRYで含み損最大400万円を抱えた失敗談の第一弾でした。続きは第二弾にいつか書きます。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

SBI FXの約定履歴

前回の記事の続きになります。前回⬇︎

SBI FXの口座でFXすることは今後はないので、いづれ解約しますが、解約前に4ヶ月間の約定履歴をブログに保存しておきます。

以上、約定履歴でした。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

SBI_FXで4ヶ月間トレードした時の成績について

書きたい時事ネタがあまり思い付かなかったので、以前FXやる時に使わせてもらっていた業者での損益について少し書きたいと思います。

4ヶ月間の合計損益はどうだったか?

今年の3月15日までに確定申告をしたのですが、以下の画像の損益合計の箇所を元に申告をしました。

国内業者のSBI FXで4ヶ月間FXをやって得た利益は、およそ131万円。

元手は500万円ちょうど。

一生懸命貯めた血と涙の結晶であるお金を使って、人生で初めて本物のお金でFXをやった結果です。

含み損250万円の時もありましたが結果オーライと思っています。

たった4ヶ月間でしたが、山あり谷ありでした。

SBI FX様には本当にお世話になりました。

m(_ _)m

なお、SBI FXで稼いだお金は、確定申告で支払った分を除いて、今年2019年の10月までの生活費に充てさせて頂きました。

お陰様で10ヶ月間、他の仕事をすることなく、自宅に引きこもりながらFXに専念することができました。

次の記事ではSBI FXを使って取引した履歴(約定履歴)を掲載します。

SBI FXの口座はもう使うことはないので、いづれ解約し口座を閉鎖します。

解約すると具体的な約定履歴を閲覧することができなくなるので、今のうちに約定履歴をこのブログにアップしてクラウド上に残そうと思います。

このブログの目的の1つは、『FXの成績をブログに記録し保存すること』です。

SBI FXの口座を解約する前に約定履歴をキャプって、個人情報記載箇所を隠して、画像をアップします。

以上、SBI FXで4ヶ月間トレードした最終損益額でした。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

外為FXのデモ口座でFXをやっていた頃のトレードについて

2017年の11月30日に外為FXのデモ口座でドル円を買ったのが、人生で1番最初にFXに触れた日でした。

と言っても本当のお金ではなく仮想上のお金で実際の値動きやチャートに合わせて為替取引をするデモトレードだったので、本当の意味でのFXデビューとは言えないのかも知れませんが…

僕のFX歴は浅いです。自分でも自覚しているくらい、歴史がとても浅い。

5年、10年、為替取引をやっている人たちからすれば、浅い知識で構成された見る価値もないブログの記事かも知れません・・・デモトレードに初めて触れてからまだ2年も経っていないのですから。さらに実際の本物のお金でFXをしてからまだ1年と少ししか経っていないのですから、そう思われても仕方ありません。

そんな歴史という言葉すら使ってはいけないくらいFXの経験の浅い僕がデモトレードを11月末から8月中旬までやっていた時の話を少しします。

目的はこのブログに記録として残し、忘れないようにする為です。5年後や10年後には忘れているかも知れません。

忘れた頃に未来の自分がクラウドに保存されたこのブログの情報を見れば忘れていたことも思い出せます。忘れていた過去の経験を将来に活かすこともできます。だからブログって便利だと思うんです。

2017年11月末から2018年8月中旬までデモトレードをした結果

外為FXではデモ口座を開設すると300万円が貰えます。もちろん本物のお金ではありません。口座でしか使えない仮想上のデジタルなお金です。

最初に300万を用意されてその300万円を元手に実際の為替相場の値動き、チャートを見てトレードをします。まさに初心者の登竜門といったところでしょうか・・・。

約9ヶ月間 外為 FXのデモトレードをした結果、元手300万円だった口座の資産は、デモを止めるまでにこうなりました ⬇︎

画像の文字が小さくて見えにくいかも知れませんが、口座資産 ¥6,791,860

およそ9ヶ月で口座資産が379万円増えました。

初心者としてはまずまず悪くない、っと自分では思っているのですが、どうなのでしょうか?

どのようなトレードをしていたのか?

最初の2ヶ月間はやり方をころころ変えていました。

最初の最初はただ面白そうだから、ドル円を適当に買いでエントリーしてみたり、ZAR/JPYに10枚や20枚で買いや売りでエントリーしていました。

つまり、何も考えず目の前のオモチャで遊ぶ子供状態でした。当然、損失がかさみ、どんどん資産が減っていきました。

『このままじゃ300万円がなくなる!』

デモトレードなので、本当に自分のお金が無くなる訳ではないのですが、妙な焦りというか負けたらダメだという、妙なプライドやこだわりがありました。

通貨ペアごとに日足で独特の周期・サイクルがある事に目を付け、ローソク足を数えて、アップトレンド、ダウントレンドの周期を捉えるトレードになりました

記憶が曖昧なところがあります。正確にいつから日足のローソク足を数えてトレンドサイクルパターンを知ろうとし出したのか…。おそらく2018年1月中旬か下旬だと思います。

とにかく通貨ペアごとに異なる特有のトレンドサイクルを掴む為に、あの頃はやたらと日足のローソク足を1本、2本、3本、と数えていました。過去1年ないし2年の日足のローソク足を数え周期パターンを掴もうと躍起になっていました。

例えばドル円なら21日周期でトレンドが変わる、とか別の通貨なら28日周期だ!などと発見した気になっていました。

デモ口座の資産が増え始める…

21日周期ごとにトレンドが転換すると、自分なりに発見した法則に夢中になりました。

その頃から口座の資産が増えています。

270万円まで減少したデモのお金が300万円、400万円、500万円・・・600万円

通貨ペアには特有のサイクルがある。その法則に従えば絶対勝てるんだと思っていましたし、実際利益は上がり続けていたのですが・・・

突然、トレンド転換周期の法則が使えなくなる!含み損を抱え出す

2018年5月くらいだったでしょうか。(少し曖昧です)それまで使えていた周期の法則が使えなくなりました。複数の通貨ペアを保有していましたが、突然どれも思った通りに相場が動かなくなり、ロング、ショートのポジションとは逆の方向へトレンドが動いてしまうようになってしまったのです!!

本当にいきなりだった記憶があります。デモとは言え、数十万円単位の含み損を複数のポジションで同時に抱える事が初めてだったので、ポジションを切る勇気もなく、ただ目の前の状況が信じられなく、唖然として放置していました。

結局、含み損のポジションを切る事に。やり方を変えざるを得ないと学ぶ

日足のローソク足を数えてトレンド転換の周期を捉える方法は、相場が真逆に大きく動くこともあるのだという事が分かり、不採用となりました。

含み損は待てども待てども解消しませんでした。2018年の8月に、SBI FXで本当のお金でトレードする直前あたりで、すべて損切りしました。

結果、一時は760万近くあった資産が、多数出た含み損ポジションの損切りで670万円にまで減少。痛手を追いました。

※ デモ口座の約定履歴の画像をすべてブログに貼り付けたかったのですが、過去の約定履歴がどう触っても出て来ませんでした!

通貨ペアごとの日足ローソク足のトレンド周期は使えない。今度は移動平均線5本の収束を使おう、っと決めました

デモトレードでトレンド周期の方法は相場が真逆に大きく裏切る事があり使えない事が分かりました。

次に目を付けたのが、5本の移動平均線が100~150pipsの範囲に収束し縮まった後に、トレンドが一気に大きく動く性質に目を付けました。

みんかぶFXのチャート画面。5本の移動平均線がある

まるでエネルギーが1箇所に収束しまとまり、その反動で一気にトレンドが弾ける・・・

そういう事が往々にしてチャート画面上では起きている、ということを過去の色んな通貨ペアのチャートを観察して知っていました。

名付けて『エネルギー収束後拡散トレード法』

MA5, MA10, MA25, MA50, MA100の5本の移動平均線が100~150pipsの狭い範囲に集まり収束した後、まるでエネルギーが弾けるように拡散・放出する現象を利用します。

これは日足のローソク足が2週間〜3週間ほどヨコヨコのレンジになると移動平均線が収束し出します。

つまりは、レンジ状態の後に来る、大相場に乗ろう、というものです。

このやり方はデモトレードでは使いませんでした。

500万円の元手が用意でき、SBI FXで本物のお金でトレードできる環境を整えていたのでSBI FXで使う事になります。

2018年8月から12月末まで利用したSBI FXでのトレードはどのようなものだったのか?資産運用の結果は?など、いづれまたブログの記事に書きます。

以上、外為FXのデモトレードではどのようなトレードスタイルを取っていたのか、デモ口座の資産運用についてなどでした。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

投資の失敗。何がいけなかったのか?当時どうすべきだったのか?を失敗から学び今後に活かす。反省の大切さ

ポン豪の投資でエントリーに失敗した話の続きでこれが最後になります。

前回の記事、前々回の記事はカテゴリー名「ブログを始める以前のトレードについて」に在ります

10月8日に強制決済の難を逃れた後、損切り出来る勇気もないので待ち続けていると、10月11日のピークを境にGBP/AUDが下落トレンドへ転換しました。

10月24日に1.83から1.81付近へと落ちていき、GBP/AUDの1.820ショート33万通貨と、1.835ショート16万5千通貨のポジションがプラ転しました。(下画像 : SBI FX約定履歴)

含み損250万円からプラス25万円に回復し利確。GBP/AUDとの戦いに終止符を打ちました

去年の10月は長かった、と今でも感じています・・・そしていい思い出もないという印象になってしまいました。

結果こそプラスだったものの、得られた25万円に対して途中挫折しそうになった苦しみ。精神的苦痛。強制決済される恐怖。辛酸を舐めさせられた含み損の日々の事を想うと、割りに合わないというのが正直な気持ちです。

元手を失うくらい大きな含み損を抱える絶望感を味わった分、二度と同じ事はしない!したくない!という深い反省が出来た事は財産だと今なら思えます

ここからエントリーポイントにおける失敗を分析し、そこから得られたことを整理していきます。

1.含み損を抱える事になった主となる原因は何だったのか?

答え・・・狭い値幅の範囲内で66万通貨や50万通貨近く保有してしまった事が原因です。

GBP/AUDがまだ暴騰してない時に、1.82を33万通貨、1.835を16万5千通貨売りでエントリーしました。

「絶対にこれ以上 値は上昇しない」という確固たる証拠や根拠がない、または調べもせずに「ここから値が下がる」と決めつけました。

GBP/AUDの取引で一番最初に脳内で行ったこの根拠なき決め付けこそ、原因の原因です。つまり順を追って書くと、

  • 上がる・下がる理由を調べてエントリーの根拠となる材料を集めない。(原因の大元)
  • 根本的な理由や根拠が分からないので、エントリー理由を捏造し出す。つまり己の頭の中だけの情報からそれらしい根拠になり得るものを導き出そうとする。その勝手な根拠が得られた事に満足しようとする。妄想的とも言える。もっともらしい上がる・下がるの基準を自ら作り出す。つまり脳内で決め付ける活動が顕著になっている。
  • 根拠に乏しい決め付けによる投資手法なので、心の奥底に心配や不安が澱のように沈殿する。その深層意識にある不安・ストレスを仏所くする為に脳が当人に自信を持たせようとする(ストレス回避による偽の自信、偽の自信を本物だと思わせる錯覚に陥らせる)
  • 決めつけによって編み出された手法は通貨がこれから上がるか下がるかに繋がる要因に基づいていない。また偽の自信により過剰な枚数を張る行為に繋がり結果損失を出すに至ることとなる。

この問いに対する結論・・・これらの「悪習慣的思考サイクル」や「脳が感じさせる偽の自信」が狭い値幅の範疇に66万通貨でエントリーしてしまう行動を引き起こし、大きな含み損を抱える羽目になったのだと分析します。

2.では狭い値幅で大きな枚数を投入する行為に走らないようにするにはどうすれば良いか?

問いに対する答え・・・まず、通貨ペアがこれから上がる・下がる根拠となる材料を見つける。不安や心配が無くなるくらい本物の自信を持ってエントリー出来るくらいに、根拠を見つける。そこから意識的に広い値幅に少ない枚数をエントリーするようにする。

例えば、買いでエントリーするのなら、通貨ペアの価格が100pips下げる度に25,000通貨投入する。但し1つの通貨ペアに保有する建て玉は最大12万5千通貨に決めておく。

またナンピン買いは25,000通貨を5回までというルールにする。つまり6回目はない。

値幅の範囲を決め建て玉のリミットを設ける事で、エントリーとは真逆のトレンドへ動いてしまった時のリスクを極力減らす事ができる。

損失回避は損失を生まない正しいルール作りと、それを守ろうとする自分の意志に掛かっている

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

GBP/AUD 含み損250万円を抱える事になった10/3から10/24の戦いの最期はどうなったか?

前回の記事の続きになります。

10月6日にSBI FXから「不足額発生のお知らせ」というメールが来ました

含み損が大きくなり過ぎて、レバレッジ25倍にしていましたが、保有ポジション維持に必要な取引必要証拠金が不足したので、不足分を期限までに口座に追加入金して下さい。もしくは今保有しているポジションを決済して必要証拠金額を引き下げて下さい、さもないとSBI FX側で全ての建て玉を強制決済しますよ!、という恐ろしい文面でした・・・

まるで赤紙です…強制決済という言葉に顔面蒼白となり、「もはやこれまでか・・・」という凄まじい絶望感に襲われたあの日のことを僕は一生忘れません。

FXを始めて2ヶ月で元手の半分の資産を失い兼ねないという崖っぷち

メールが来てから精神的に追い詰められました・・・

SBI FXから伝えられたポジション維持に必要な金額は約21万4千円です。期日までにこの金額を口座に入金するか、保有しているポジションを21万4千円分 決済して不足を無くせば強制決済はされなくなります。

当時、銀行口座に21万円も無かったですから入金のしようがありませんでした・・・FXの口座に全てを突っ込んでいたのです。(無計画で無謀すぎます)

僕が取った解決策はGBP/AUDの損が出ているポジションを損切りした事でした。

少しラッキーな事に8日にポン豪は下がってきており、1.850で売りを入れていたポジションの含み損が一気に減ったので、このポジを決済に選びました。他のポン豪ポジは含み損が大き過ぎてとても切れませんでした。

10月5日に1.850でショートを入れてた165,000通貨のポジションを8日に決済して、含み損250万円ある建て玉 全ての強制決済を回避出来たのでした

こうして危機を脱しました。が、強制決済から逃れられても未だ含み損は大きいままだし、またポン豪が高騰して資産が無くなるかも分かりません。

選択肢が無かったので、ただひたすらGBP/AUDが下がっていくのを待つ事にしました

損切りしませんでした。出来ませんでした。

足すことも引くこともしない、右にも左にも行けないので、含み損を放置して嵐が立ち去るのをひたすら待ち続けました・・・

変化は10月24日に訪れました。

1.820ショート33万通貨と、1.835ショート16万5千通貨の、膨れ上がった含み損を握ったまま待ちました。するとGBP/AUDが・・・

次へ続く

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

GBP/AUDで含み損250万円以上を抱え、SBI_FXから強制ロスカットの予告が来た時の話し

去年と今ではトレードのスタイルが全く異なります。

ポジションを入れる理由、利確ポイント・損切りポイント、使用ツールなど今と全く違う基準を使っていました。

1年間のFX投資の中で2番目に大きくやらかした失敗談

2018年10月3日のGBP/AUDの日足が半月ぶりに大きな上げを見せていました。

当時の僕は日足単位で見られる急騰・急落後に反発する性質を上手く利用して利食いする方法が有効だと考えていました。

10/3のGBP/AUDは9/7以来の大きな上げを見せていて、「この後 反発してグイっと下げるのでは?」っと予想を立てました。

この勢いのまま上がり続けるという想定は微塵もしていませんでした

ここでショートを入れて数日間で大きく儲けようとしました。

短期間で100pips~200pipsの値幅で大きく儲けるには建て玉を大きく張るしかありません。

自信があった僕はGBP/AUDにたくさんショートの建て玉を入れる事で短期間で儲けられる筈なんだと信じて疑いませんでした。

SBI FX 約定履歴画面↓(2018.10.1 ~ 10.31)

33万通貨を2つ、合わせて66万通貨の売りを入れています。よほど自信があったのでしょう・・・

しかし当日中に片方の33万通貨売りポジを買い決済してしまいます。この時何故ポジションを減らしたのか理由をよく覚えていません・・・

今から見ればこれは正しい決断でした。後々ポン豪が数日かけて急騰していくのを思えば、33万通貨減らした事でダメージを減らせています。無論、あの当時急騰を想定してポジションを減らしたわけではない事は確かです。

しかし! 10月4日にまた売りポジション165,000通貨入れています!

これで合わせて495,000通貨の売りポジを保有しています

10月5日 さらに165,000通貨ショートポジを追加してから8日にそのポジションを決済。止まらない上昇に焦り、一時的に価格が落ちた時に決済しました。

10.33pips高いところで決済。

¥13,000の損失

さらにGBP/AUDの高騰はまだ続きます。止まりません

下の方で売りを入れてた49,5000通貨はこの高騰で、時間が経つほど含み損が膨れ上がっていきました・・・

もはや切りたくても切れないほどの含み損へと変貌…

1.82と1.835の売りポジション 合計49,5000通貨は11日に含み損250万円を越えるという悲劇に見舞われました‼️

次の記事へ続く

「SBI FXから条件付き強制決済のお知らせメールが届く」

「最終的にGBP/AUDの含み損はどうなったか?」

「なぜ含み損を途中で切れなかったのか?」

「根本的な原因はどこにあるのか?」

「今後に活かす為には?」

など


⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️