EUR/JPYとNZD/JPYはしばらく追加エントリーを見送ります

EUR/JPYはロング35,000通貨、NZD/JPYはロング1万通貨保有しています。

まだ様子見程度の少ない建て玉で、値動きを観察しながら慎重にエントリータイミングを見計らっていました。

EUR/JPYとNZD/JPYは1番最初にエントリーしてから思っていた以上に値が伸び悩んでいます。上値が重い状態がずっと続いています。

それ故、今後の参照インジケーター類を週足ではなく月足のみにフォーカスしようと考えています。

かなりの長期戦を強いられそうだからです。

利益が出るまで数ヶ月から1年は掛かりそうな予感がしています。

月足のインジケーター類を参照にしながらエントリーしていきます。そうでないと、長期的トレンドを把握できません。

月足EUR/JPY,月足NZD/JPY⬇︎

⬆︎EUR/JPYとNZD/JPYは月足のストキャスティクスの%K,%Dがクロスしてから(緑の蛍光色で丸している所)25,000通貨追加エントリーし、さらに値が下がればさらに25,000通貨づつ追加していく予定です。

さらに月足CCIが、ストキャスの2本線のクロスしたタイミングの前後で-100に接近してくれていたら、尚、買い増しのチャンスとも個人的に考えています。(下画像参照)

月足ボリンジャーバンドとCCI⬇︎

月足ボリンジャーバンドの-3σまで下落する可能性を見込んで、週足ではなく月足で値動きを観察しよう、という意図もあります

月足の-3σまで下げる事があれば、逆に言えばチャンス到来とも思っています。そこから上げていくだろうとも言えるので、-3σ接触後どんどん買いエントリーを増やしていく、というプランもあります。

本音としては1ヶ月から4ヶ月ほどで利益を出して手仕舞いしたいのですが、そうもいかなくなりました。

相場の変化に合わせてフレキシブルに、自分の投資法も変化させながら利益が出せるようにせねばなりません。

このような『相場の変化球』にいかに対応し、いかに損失を抑え、いかに上手く利益を出していくかがまさに専業投資家の腕が試される場面です。

また、EUR/JPYやNZD/JPY以外のポジションでも依然含み損が出ています。

どのポジションもプラ転するのに時間が掛かりそうです。

長期目線で含み損に耐えたいと思います。今は嵐に耐える時です。

以上、EUR/JPYとNZD/JPYのエントリー予定について書きながら頭の中を整理整頓してみました。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

保有ポジションをどうしたいか?今考えている事を書いてまとめてみる

頭の中を整理整頓しようと思います。

今XMで保有しているポジション⬇︎

AUD/NZDをどうするか?

週足のストキャスティクスとCCI、ボリンジャーバンド の指標から現在高い価格帯にいると分析。

現在値からプラマイ100pips動く事に25,000通貨エントリーを追加していく。

AUD/NZDに対する期待値は高い。現在値から今後下落トレンドの波に乗れれば、大きく利食い出来る可能性が有ると考えている。

なので、他の通貨ペアよりも建て玉は一番多く投入する予定がある。

EUR/CHFをどうするか?

一番期待していない。

週足ストキャスティクスでは+20に突入したが今では%K,%D線が折れて、下方向を向いている。

思っていたほど上昇力がない。4週間後に上昇トレンドが起きない場合は、例え損が出ていてもポジションを切ることを検討している。

EUR/JPYをどうするか?

週足のMACD線とシグナル線がクロスし、ストキャスティクスの%K,%Dもクロスしており、ここから下落に転じるかとヒヤヒヤしている。

月足のストキャスティクスでは、これから数ヶ月かけて上昇トレ転する気配はある。週足の一目均衡表の遅行線とローソク足がひし形を形成しているので、上昇していく期待はあると見ている。

例え週足のストキャスで+20を割ることがあったとしても、ポジションは切らない。+20に下がったところでロング25,000通貨を追加する。さらに+10に下げれば25,000通貨ロング追加する。

まだまだ時間は掛かるかも知れないが、週足と月足のインジケーター類から上昇の可能性を秘めているので、例え大きく下落してもナンピンロングで建て玉を増やしつつ保有を続ける。

NZD/CHFをどうするか?

3週間前に1.64に到達。その後下落している。

週足の一目均衡表の遅行線とローソク足がひし形を形成しており、MACDもハの字型から上昇の兆しは見えるので、ロンポジ維持はするが、ストキャスにもあるように、上がってすぐ下がって、その後また上がってすぐ下げるを繰り返している通貨なので、不安定であることには間違いない。

再び1.64に到達後、リスク回避の為ポジションを切ることも検討している。とにかく安定して上昇しないことから、期待できなくなっている。

現在11万通貨保有しているが、これ以上増やす気はない。8月5日から保有しているが、高くても1.64止まり・・・。上昇を期待できる通貨ではないので建て玉はこれ以上増やさない予定でいる。

他の通貨で大きな含み益が出た場合、NZD/CHFの含み損と相殺させて、とっととポジションを手仕舞いしてしまうアイデアもある。

上昇力の弱い不安定な通貨は暴落リスクがあり、長く保有したくない、というのが本音である。

SGD/JPYをどうするか?

週足一目均衡表、MACD,ストキャスティクス、CCIともにまだ上昇トレンドの力は残っている、と分析。

だが先週から上値が重く、思っていたようにスムーズに上昇しない通貨である。

月足CCIでは、下から上へ急角度で上がってきているので、長期的目線でも今後は上昇トレンドの流れのまま相場は動いていくと予測している。

消極的なトレードをするなら、週足ボリンジャーバンドの移動平均線にローソクが接触したら利確する、という案もあるにはある。

だが、週足や月足のインジケーター類から上昇の力は相変わらず強そうなので、82.5で利確出来たら成功だと思っている。

USD/CNHをどうするか?

月足MACDのMACD線とシグナル線がハの字にパコーンと広がっていて、尚且つ、月足ストキャスの%K,%Dがクロス間近というのが現在の状況である。

月足CCIが+200に達することがあれば、そこから下落に転じると読んでいる。

月足ストキャスティクスで%K,%Dがクロスした後や、月足CCIが+200に到達する事があれば、25,000通貨を2セット入れる考えはある。

ポジションを多く入れる気は毛頭ない。多くて6万通貨を予定している。

米中貿易摩擦を連想させられる通貨なので、相場の動きはニュースを見て予測を繰り返す必要がある。

以上、保有通貨についての考えをまとめる為に書いた記事でした。

ブログをやっててメリットあると感じるのは、第三者に理解できるように書く事で、自分の頭の中の思考が整理出来るという点だと思います。しかもデータはサーバーにあるので、iPadのハードに何かがあっても関係なく、データは守られるので安心です。

これからも思考の整理整頓の為に活用させて貰います。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

SGD/JPYが下落して来ました。78.0を割って来ました。

SGD/JPYをロングで85,000通貨保有しています。

76.19~78.60の値幅でロングしていますが、含み益がどんどん減って来ています。

⬇︎ SGD/JPY 1時間足チャート

今ポジションを切ればある程度の利益は手に入ります。

5択ですね。

全て保有維持

全て決済して切る

一部のポジションを切る

ロングポジションを新規追加

ショートポジションを新規追加

まだまだ下がるかも知れません。含み益がゼロになって、さらにそこから含み損になるかも知れません。

ですが僕は全て保有維持 を選択します。

値が下げていても切らないのは、週足単位で見れば、それほど良くない傾向は出ていないからです。

⬆︎ これらインジケーター類を見て保有維持を決めています。

新規でショートポジションでエントリーする選択肢はありません。どこまで下がるか見当がつかないし、これから上がるかも知れないからです。

新規ロングは今は入れません。下げるにしてもまだ十分下げてないからです。76.0を割るほど下げたら25,000通貨でエントリーします。

また、一部のロングポジションを切るという選択肢もないです。週足単位の中期的目線でいづれSGD/JPYは上がっていくだろうと、考えているので、一部を切る理由もありません。このまま85,000通貨保有を維持です。

毎日毎日チャートやレートを見ていると下落に陽動されそうになります。1時間足単位で下落が続いていると、ついこの通貨はもうダメかも、っと心が揺らいで決済したくもなります。

しかし僕は中期的目線でのトレンドを大切にしているので、SGD/JPYのロングは保有を続けます。

以上、SGD/JPYについてでした。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

USD/ZARとEUR/ZARの売りポジションを月曜日に利確しようと思っていたのですが止めました

以前記事にUSD/ZARとEUR/ZARは今後ポジションを増やさないと書きました ⬇︎

予定通りこの2つの通貨ペアの建て玉は増やしません。新興国通貨の実験ロットのような扱いなので、これからも1万通貨のみの保有にする予定です。

実は実験用ロットとしてそれなりに利益が乗ったので月曜日に利確して手仕舞いしてしまおうと思っていたのですが、止めました。

利確を思い止まった理由は、MACD、ストキャスティクス、CCIが下落トレンド継続の良い形状をしているので、このままポジションを放置して、インジケーターが「揃って」上昇トレンドの気配を示すまでは、急いで利確する理由がない、っと考えたからです

僕は外貨投資において「エントリーするには第三者に説明できるような明確かつ明瞭な理由が必要である」と定義付けています。マイルール上、理由がないとエントリーできないのです。

エントリーに明確な理由が必要なように、『利益確定にも第三者に明確かつ明瞭に説明できるだけの理由と根拠がなくては利確してはいけない』という投資のマイルールがあります。

考えた結果、第三者に説明可能な、利益確定の理由と根拠を練り上げることができませんでした。つまりそれは同時に、『これ以上ポジションを放置しておくと損失に繋がる』という理由付けができなかった、ということです。分かりますか?

『これ以上ポジションを放置しておくと今ある利益(含み益)を失う、もしくは損失を出す可能性がある』という事を第三者に説明できる明確な理由がない限り、今ある利益を利確できないのが、僕の投資のマイルールになっています。

明確に利益確定の理由を説明できません。確実に利益が減る・損失が出るという根拠を示せれません。だからこの2つのポジションは保有し続けます。

以下、週足のチャートになります。まずUSD/ZARから ⬇︎

印を付けてませんがMACDのMACD線、シグナル線はこれからクロスして下落していきそうな形をしています。

ストキャスティクスの%K,%Dも下落を続けそうな形状をしています。

CCIも同様です。下へ向かう急角度。週足単位でまだ下げそうです。

続いてEUR/ZAR ⬇︎

青で丸を付けたところですが、EUR/ZARの一目均衡表の遅行線はローソク足を下に突き抜けています。これは強い売りの流れを示しているので、やはり今、決済をする理由は何処にもないです。

MACDとストキャスティクスについても同様です。週足単位で売りのトレンドがまだまだ続きそうです。

EUR/ZARのCCIも下へ向かう角度が急角度です。週足単位でこれからも下げていく気配が強いと見ます。

以上のチャートとインジケーターの傾向により、含み益が今後減るまたは損失が出るという予測は成り立たず、よって現在出ている含み益を急いで利確する必要性と、利確する決断を支える理由はないと判断しました。

お堅い人だと思われそうですが、明確な利確理由がない限り利益確定しません・できません。

以上、USD/ZARとEUR/ZARのポジションをこれからどうするかの考察でした。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

GBP/NZDの利確ポイントを何処にするべきか?

GBP/NZDのロングを155,000通貨保有しています。今後これらをどうするかの考察です。

選択肢その1. 欲張らないのであれば 1.955 ~ 1.960 で利確

週足チャートで山と山を結ぶトレンドラインを引きました

Wボトムを形成しているGBP/NZDですが、1.83, 1.84, 1.85 で買いエントリーしたものの、どこで利益確定するか悩む時があります…

多くの利益を望まないなら、1.955ないしは1.960で利確する。

ですがGBP/NZDは週足で見ると、複数使ってるどのインジケーターも下落の兆候サインが出ていません。揃って上昇ベクトルを示しているという事は、1.960よりももっと伸びて、もっと利益が得られる可能性もあります(あくまで可能性)

選択肢その2. Wボトムの山の頂点に平行線を引いて、2.0で利確する

5つのインジケーターがこれからも下落サインを示さないのなら、年末年始に2.0到達もあり得ます。無論、これは未来の予測上の話であって、必ず2.0行くとは限りません(あくまで可能性の話し)

全ては参照にしている5つのインジケーターの指標次第と言えます。

選択肢その3. 欲張るのならW文字の左端の1本線のトップから引いた平行線が示す価格 2.04 で利確する

正直、GBP/NZDが2.04に到達するとは全く思えません。本当にGBP/NZDが2.04に行くことはあるのでしょうか?

そんな事は誰にも言えないと思います。僕には今後GBP/NZDがどこまで伸びていくのか分かりません・・・

これはもしも、5つのインジケーターが「揃って」上昇トレンドのベクトルを「示し続けるのなら」、途中で約定せずにポジションを持ち続けるという想定上の話ですから。

全ては使ってるインジケーター次第です。

使っている5つのインジケーターについて知りたい方は下の2つの記事を読めば分かります。 ↓

深刻な問題。マイナスswapでお金を吸い取られ続けているので、どこかでGBP/NZDを切らないといけないです

上の画像は毎日XMからメールで送られてくるポジション状況です。GBP/NZDの複数ある建て玉でswap金利分のお金を口座から毎日吸い取られています。

7月15日から30日の間にエントリーしましたが、9月時点でこんなに吸い取られていたら、これから半年後、1年後はとんでもない金額を吸い取られる事になります!

今後も為替差損で儲かる可能性もありますが、スワップ金利で失う分も考慮せねばなりません・・・

なのでGBP/NZDは長期でロングポジションは持てません。いづれどこかで切る必要があります。

以上、GBP/NZDの利確ポイントについて悩んでいたので、ブログに書きながら頭の中を整理してみました

ブログ書いていると頭の中が整理されていいですね ^^

第三者に説明できるほど明確に頭の中を整理整頓できてから、エントリーする・利確する・損切りする、っという投資スタイルを維持・管理する為にブログを始めました。

この記事ではGBP/NZDの明確な利確ポイントの根拠こそ示せれませんでしたが、頭の中が少し整理されて1歩前進したと思います。

第三者に説明できるように頭の中を整理し、まとめるって大事ですね。

GBP/NZDをどこで決済するかの最終的なジャッジはまだ先になりそうですが、今後の値動きやインジケーター類を見ながら、利確ポイントの理由と理由の材料となる根拠についても、いづれ将来記事にまとめたいと思います。

以上、GBP/NZDのポジションをこれからどうするか?、および通貨ペア考察でした。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

USD/ZAR, EUR/ZARのポジションをこれからどうするか?

USD/ZAR と EUR/ZARの利益が僅かですが減りました。

昨日はUSD/ZARは¥14,000、EUR/ZARは¥28,000ほど含み益がありましたが減っています。

週足のボリンジャーバンド、一目均衡表の遅行線の鋭角と向き、MACDの%Kと%Dの幅、ストキャスティクスのシグナル線、CCI、いづれもまだ下落が続く事を示し続けているので、決済せず売りポジションを継続して保有します。

ですが、USD/ZARとEUR/ZARは追加で25000通貨売りを入れない事にしました。

理由は南アフリカランド🇿🇦の動きがハッキリと読みにくいからです。

5つのインジケーターは上げ気配を示さず、下落トレンドのベクトルを示していますが、新興国通貨の場合はインジケーターの指標を鵜呑みにし過ぎるのは危険と判断しています。

リスク回避の為にも新興国通貨の通貨ペアは建て玉を多く入れない方がいいのかも・・・、っと最近思う節があります。

以前は新興国通貨に40万通貨ポジションを持っていたこともありましたが。今は考え方が違います。

トルコリラや南アフリカランドは少なく保有し、小銭稼ぎ程度にトレードを楽しむものとして認識しつつあります。

以上、USD/ZARとEUR/ZARのポジションをこれからどうするか?、の考察でした。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️ END OF ARTICLE ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️