どこで利確するかを再度考え直す

今週に入ってGBP/NZDが150pipsほど下げています。

金曜 終値1.990

現在 1.975

先日僕はAUD/NZDのインジケーターの売られ気配に合わせてGBP/NZDの利確ポイントを決めると書きました ⬇︎

GBP/NZDをどこで利確するか決め直すことにしました

現在週足のMACDやストキャスティクスはこうなっています ⬇︎

ストキャスティクスに注目してみます。過去のGBP/NZDは%K,%Dともに80を越えてから80に戻るまでに何度もバウンドしていることがあります 下画像 グリーンで丸したところ⬇︎

現在GBP/NZDのストキャスティクスの%K,%Dは80を越えて昇っていますが、いづれ80に向かって落ちていくと思います。少なくとも今はそう予測しています。

80付近に近づいてきたら、恐らくですがバウンドして再び上へ昇って行きます。

バウンドして上がったところで利確しようと考えています。

MACDのヒストグラムと2本の線の交差の形状も参考にしようと思います

以下の画像のように、MACD線とシグナル線が棒グラフを抜ける・中央を通るという形になれば決済しようと考えています。

過去のデータや過去のパターンが現在や未来に当てはまるとは言い切れない

上画像のように一方がグラフを通って抜け、一方がグラフの中央を通れば、そこが上昇トレンドのピーク付近で、以降、値が下がっていくという過去のパターンがあったので、それを参照にしています。

勿論、過去の値動き、過去のインジケーターの形が現在や未来のトレンドの動きに同じように当てはまるかは非常に怪しい部分もあります。

ですが他に明確な上昇トレンドの終焉サイン、利確ポイントを知りません。もっと確実な方法があれば当然そっちのやり方を使っています。ですが他に良い方法がないので、これまで書いたやり方でいくしかない、という事なのです。

GBP/NZDの利確ポイントについて現在の考えをまとめると、

1. AUD/NZDのインジケーター類を参照してGBP/NZDを決済することはやめる

2. GBP/NZDのストキャスティクスの%K,%Dは過去に80より上で2、3回バウンドする事があり、今昇り調子の%K,%Dが下がって来て、上へバウンドしたところで決済する

3. MACD線とシグナル線が棒グラフを一方が抜ける、一方がグラフの中央を通ったところで決済する。

ベストなポイントで利確したいという欲があるので、あーでもない、こーでもないと悩み続けています

以上、GBP/NZDの利確ポイントについて現在頭で考えている事をまとめてみました。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️