12月2日から6日のFX運用レポート

金曜終値のXM口座ポジション状況

決済したポジション

決済損益

先週5日間で利益確定した損益額は ¥883,174 でした。

決済理由

合計495,000通貨分のポジションを決済しました。

これらのポジションを一度に決済した理由は、

『10月から12月末までに達成しておきたかった目標金額に到達した為』です。

ブログに書き忘れていたのですが、年末までに現ポジションの含み益が120万円に達すれば、インジケーターの指標に関係なく、含み益が出ているポジションを決済するつもりでいました。

12月5日に目標額に達したと判断したので決済しました。

上の口座履歴の画像で過去3ヶ月分の取引のトータル損益額が120万円になっています。

AUD/NZDの決済理由

MACD線の1本が0.0000に接触しようとしています。ここまで下落トレンドが進むとショートしてても伸び代が少なく、これ以上利食い出来なさそうだと判断しショートポジションを決済しました。上画像参照。

GBP/NZDの決済理由

12月12日の選挙でポンドが暴騰する可能性があります。GBP/NZDショートポジションは含み益があったので、今のうちに利確しておいて、選挙後に値が上がった所でショートし直そうと思いロングポジションを決済しておきました。

新規エントリーしたポジション

12月第一週目に新規でエントリーした通貨はEUR/GBPです。

現在 ロングを85,000通貨保有しています。

エントリー理由

上画像参照。EUR/GBPの月足で-2σにローソク足が接触した後、さらに下へと垂れて来ています。

また月足CCIでも-200に到達しました。

上画像1段目参照。週足のパラボリックSARで上値の重さを表している赤いドットが、互いに間隔が開いて来ている。このような場合、トレンド転換はそれほど遠くは無いと予想しています。

2段目。MACD線とシグナル線が互いに離れて広がって来ており、これもまたトレンド転換が遠く無いという判断材料にしています。

3段目。週足ストキャスティクスでは、10以下に2本の線が位置しています。現在価格からさらに下げる事はあっても、ダメージは抑えられる位置だろうと判断しています。

上画像参照。EUR/GBPの月足はダブルボトムの形状を有しています。今後数ヶ月間かけて月足ボリンジャーバンドの移動平均線辺りまで上昇する可能性はあると思います。

これらの指標から「EUR/GBPは年末か1月、2月にじわじわと上昇していくものと予測を立てました。

以上の材料を踏まえてEUR/GBPは買いと判断しました。

指値注文状況

EUR/GBPが下がって行けば買うよう指値を入れています。この指値の値は月足ボリンジャーバンドの-2σと-3σの中間の値と、-3σの値を取っています。

NZD/SGDをこれからどうするか?

先週のFX運用レポートで『NZD/SGDは各インジケーターの指標から伸び代があるので、ロングの建て玉を追加していく』と書きましたが、12月第一週目ではポジションを追加しませんでした。

理由は、「NZD/SGDのトレンドが予想以上に上がってしまったから」です。

上がったところで買うという順張りにしてしまうと、トレンドが下落した時に高値掴みしてしまい、エントリーしたポジションが含み損になる可能性を考慮して、先週は建て玉を追加しませんでした。

12月末か1月中にNZD/SGDの価格が下がって来たら、そこで買いを入れ続けてポジションを増やして行こうかなと模索中です。

いづれにせよ、NZD/SGDは月足単位で見た場合、まだ伸び代は十分にあると思っています。

持っていたNZD/SGDポジションを全部売り払いましたが、あれは全ポジションの含み益が目標金額に達したからであって、決してNZD/SGDの伸び代に期待を失ったからではありません。

1週間の反省点

GBP/AUDが含み損を抱えています。12月12日にイギリスで選挙があります。「ポンド間違いなく暴騰するだろ」とネット掲示板で多数書き込みを見かけます。「嗚呼、GBP/AUDは含み損増えるかも」っと良く無い予感がしています。憂鬱です。

以上、12月2日から6日のFX運用レポートでした。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

11月25日から29日のFX運用レポート

金曜日終値時点でのXM口座ポジション状況

決済したポジション

決済損益合計は ¥77,991 でした。

ポジションを決済した理由

EUR/NOK, USD/ZAR, USD/CNH のポジションを決済したのは、証拠金をNZD/SGDに集中させて割り振って使う為に、すでに利益が出ているこれらのポジションを決済し、証拠金をNZD/SGD以外の通貨ペアに使わないようにする為である。

いつもは数種類のインジケーターを参照してトレンド転換が近いと現ポジションを決済していたが今回はNZD/SGDのポジションを大きく持つための証拠金を確保する為にポジションを決済した。

建て玉を追加で入れた通貨ペア

NZD/SGDロング, GBP/NZDショート、GBP/AUDショートのポジションを追加で増やした。

NZD/SGDは25日から28日にかけて25,000通貨づつ追加していき、合計10万通貨入れた。

建て玉を追加した理由

GBP/AUDショート

週足ボリンジャーバンドでローソク足が+2σを超えた為、逆張りショートでエントリーした。

週足MACDと週足ストキャスティクスで下落トレンドが起きそうな形状をしていると読んでいる。

GBP/NZDショート

週足パラボリックSARのドットにローソクが接触しそう。MACDの2本線は左右に開いた後、互いに近づきそうな気配がある。週足ストキャスティクスで2本線が80を割り込んで下落の角度を見せている。これらのインジケーターの形状とその気配から、GBP/NZDは今後下落していくと読んだ為、建て玉を追加した。

NZD/SGDロング

週足パラボリックSARでローソク足の下にドットが描画されたので、底堅さを物語っている。MACDのヒストグラムで上昇のグリーンの棒グラフ出現。MACD線とシグナル線がクロスし、上昇の気配を見せている。週足ストキャスティクスでも2本線は上昇の角度を持って上がって来ている。

NZD/SGDの月足でダブルボトムの形状が出来ており、ここから上昇トレンドになって “ W “ の文字を描くと思われる。

個人的にはNZD/SGDはクロスキウイの中で月足単位で捉えると最も大きな伸び代を秘めていると考えている。

以上の理由により25日から28日にかけて10万通貨追加で建て玉を入れた。

指値注文状況

先週まで大量に注文を入れていた指値を削除した。NZD/SGDに証拠金を大量に割り振る予定なので、余分な証拠金を要する事になる指値注文は削除した。

1週間の反省点

AUD/CADロングが伸び悩んでいる。月足でAUD/CADを捉えた場合、パラボリックSARのドットとローソクの接触が近い、月足MACDの2本線とヒストグラムの間には大きな開き・伸び代がある。上昇トレンドに転ずれば大きく利食いできる可能性を秘めた通貨だと思う。でも伸びていかないのでポジションは含み損です。^^;

以上、1週間のFX運用成績レポートでした。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

11月11日から15日のFX運用レポート

金曜日終値での口座状況

新規エントリーした通貨と、建て玉を追加した通貨

11月12日 NZD/SGD 10,000通貨 ロング

11月15日 NZD/SGD 25,000通貨 ロング

11月15日 AUD/CAD 25,000通貨 ロング

新規エントリー理由

NZD/SGD 10,000通貨ロング、25,000ロングした理由

上画像参照。月足ボリンジャーバンドでローソクが-2σに接触。ボリンジャーバンドの移動平均線と現在値との間に大きな伸び代が確認できる為エントリー。月足CCIで-100との接触にまだ大きな開きが有り、今後上昇トレンドに転じた際、大きな伸び代を予感させ、ここでロングしていれば大きく利食い出来る可能性のあるポジションだと判断した為エントリーした。

上画像参照。NZD/SGDは月足チャートで捉えた場合、ダブルボトムの形状を形成しつつある。2つ目のボトム到達後の今、今後上昇トレンド転換する可能性を秘めている。月足MACDでもヒストグラムと2本線は開きがあり、これは上昇トレンド転換した時に大きな伸び代がある事を示している。月足ストキャスティクスでも20より下に位置しており、ここから上へ登っていく場合大きな伸び代が期待できる為エントリーした。

AUD/CAD 25,000通貨ロングした理由

月足パラボリックSARでドットとローソク足との接触が近いと判断。接触後にドットがローソクの下に描画され下値が固い状態となり、上昇トレンド転換すると予想した。月足MACDとストキャスティクスは2本線と平均値との間に開きがある。上昇トレンド転換した場合の伸び代があり大きく利食い出来る可能性があると判断したので建て玉を追加した。

ポジション決済した通貨

SGD/JPY

11月12日 SGD/JPY 85,000通貨ロングポジションを決済。確定損益は¥217,223

決済理由… 週足MACDの青線がヒストグラムに接触しかかっており、週足ストキャスティクスでは下落トレンドの形状が出ていると判断した為、これ以上SGD/JPYには伸び代が期待できないと判断しポジションを決済した。下画像参照。

EUR/JPY

11月13日 EUR/JPY60,000通貨ロングポジションを決済。確定損益は¥26,099

決済理由… 週足ボリンジャーバンドで移動平均線にローソクが接触後に平均線で停滞している。移動平均線を抜けられずに停滞後に下落する恐れもあるのでポジションを切った。下画像参照。

実験ロット EUR/AUD,EUR/SGD

11月14日 併せて30,000通貨ロングポジションを決済。実験ロットの確定損益は¥4,071

決済理由… マイナススワップの関係で1週間のみの実験観察となった為に決済した。

指値注文状況

1週間の反省点

実験ロットは日足ボリンジャーバンドのみで通貨を選別してポジションを持ち損益がどうなるのかを観察する目的で実施した。日足ボリンジャーバンドの+3,+2,-2,-3σのいづれかにローソクが接触すればエントリーするという単純な試みだったが、EUR/SGDのマイナススワップが大き過ぎて中期的観察が無理だと判断し中断した。今後日足ボリンジャーバンドで実験する際は、マイナススワップが少ないかスワップがプラスになる通貨を選別するよう心がけたい。

もう一点、EUR/JPYの決済タイミングが遅過ぎた。先々週、かなり利益が乗ったのだがその時に決済しておきたかった。冷静にボリンジャーバンドを見れば移動平均線にローソクが接触してそこから上昇力を失っているのが分かった筈である。ロングポジションはボリンジャーバンドの移動平均線に接触後にそこから下落していくことが多々あるので、消極的ではあるが移動平均線接触後に決済していく姿勢も大事だと学んだ。

以上、11月11日から15日の運用レポートでした。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

10月28日〜11月1日までのFX成績、エントリー、決済レポート

金曜日マーケットクローズ後の現在の口座状況

新規エントリー

10月31日 GBP/NZD 1万通貨売り

エントリー理由

  • 月足ボリンジャーバンドで+2σ以下
  • 月足CCI 200から下落
  • 週足MACD1本がヒストグラムを下から上へ突き抜け、もう1本が3週間前にヒストグラム棒グラフの真ん中を通過。(3週間前にショートでエントリーするのがベストだった)
  • 週足ストキャスティクスで80より上の位置から下へ落ち、80で一度バウンドして80より上へ上がり、再び80もしくは80以下へ落ちる気配を示している。

決済

10月30日 GBP/CAD 1万通貨 ロングポジションを決済

10月30日 EUR/CHF 1万通貨 ロングポジション決済

決済理由

EUR/CHF :

週足ボリンジャーバンドの移動平均線にローソクが到達した為。週足CCIもゼロ付近に到達した為。週足ストキャスティクスが平均値の50以上に達している為利確。

GBP/CAD :

週足ボリンジャーバンドで移動平均線以上に達していた為。週足CCIで100付近に達していた為。週足ストキャスティクスで80に達していた為利確。

決済後に後悔はあるか?

EUR/CHF :

ある。月足CCIで見れば-100辺りにあるし、月足ストキャスティクスでは20以下から上昇の角度を持って上がる兆しを見せている。月足パラボリックSARでは月足ローソクがドットに接触する間際であり、近いうちにドットがローソクの下に描画され下値が固い状態になり、月足単位での上昇トレンド転換となる可能性を秘めている。これらの月足インジケーター類からEUR/CHFは長期でロングポジションを保有していればまだ大きく利食い出来る位置にいるとも言える為、ロングポジションを持たないことに後悔はある。

GBP/CAD :

後悔はない。月足ボリンジャーバンドとCCIは共にGBP/CADが長期トレンド的に平均値に到達している事を示している。月足ストキャスティクスでも20より上に上がってしまっている。これは伸び代が小さくなってしまった事を同時に示している。投資家としてはロングポジションを持つなら月足で最底辺の位置からロングするのが理想である。このままGBP/CADをロングしても月足単位の長期目線で大きな利益は見込めない。だからロングポジションを切ったし、新規にエントリーする気もない。狙っているのは大きな利益が得られる潜在的可能性を秘めている最底辺もしくは最高値に位置している価格帯の通貨だ。

1週間の反省点

10月30日にUSD/ZARが暴騰した為、保有していたショートポジションが現在含み損になっている。

このまま下落していくと読んでいたので30日の暴騰は予想外だった。

幸いエントリーする価格帯を離して1万通貨と25,000通貨のみの保有だった為、大きな損を回避できている。

やはり価格帯を分散させ、小さなロットで小刻みにナンピンでエントリーする事が、いざと言う時にダメージを抑えてくれる。

先週1週間の間に入れた指値

GBP/NZDショート、EUR/ZARショート、USD/ZARショートを価格帯を分散させて小ロットで指値を入れた。

南アフリカランドは下落したがこの機会をチャンスと捉え、さらに下落するようならば指値に刺さるごとにポジションを増やし、ZARが上昇トレンドに転換した後に大きく利食いするのを狙っていく。

以上、10月28日から11月1日までの成績、エントリー、利確、指値レポートでした。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

USD/ZARとEUR/ZARを決済しました

USD/ZARとEUR/ZAR それぞれ1万通貨の売りポジションを決済しました

ポジションを手仕舞いした理由

売りでエントリーしていたUSD/ZARとEUR/ZARでしたが、今週に入って週足のMACD,ストキャスティクス、CCIで買い気配が出て来たので、1万通貨の売りポジションを一旦切って様子を見る事にしました。

再びこの2つの通貨ペアが、例えばボリンジャーバンドで+2σないし+3σに接触した時や、ストキャスティクスで+80を抜けた時や、CCIで+100を抜けて買われ過ぎのサインが出た時にもう一度エントリーする事にしました。

予想外に買われ出しました

先週や今週に入って結構買われ出して、ここまで値が上昇するとは思いませんでした。特にUSD/ZARの上昇は勢いがあり、どんどん売りポジションの含み益が減って行きました。

先週始めまで下落が続いていて売りポジションの1万通貨は利が乗っていたのですが、正直今週に入ってこんなにも買われるとは思っておらず、このままでは含み益が消えて損に転じると判断し、USD/ZARとEUR/ZARを切りました。

USD/ZARを切るタイミングが遅くなり、¥34,000あった含み益が¥6に・・・EUR/ZARは¥46,000が¥22,300に減っています。

どこまで上がっていくかが分からず、何も対策を講じず放置していたら含み益を消滅させてしまいました。

反省しています・・・

放っておいてもまた下がっていくからきっと大丈夫!という『おごり』から利益をみすみす逃してしまったのですから。

FXはここが難しいです。

9月15日に記事にも書いたのですが、切ろうかどうか迷った挙句、保有を続ける事を決めてしまいます・・・嗚呼、9月15日の決断が悔やまれます・・・(今思えば切ろうと思ったのは正解でした)⬇︎

⬆︎この記事を書いた時が運命の分かれ道だったようです・・・月曜日からグイグイ値が上がって行き、利益をみすみす逃す事になるのですから・・・

しかし、クヨクヨしていても始まりません。

次に利益が出せそうな通貨にエントリーすることを前向きに考える事にします

以上、USD/ZARとEUR/ZARのポジションを決済したという報告でした。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

ポジションを決済しました

GBP/NZD, EUR/GBP, GBP/JPY, GBP/CHF, AUD/CHF のポジションをすべて決済しました

画像にあるように、決済したポジションの利益の合計は¥1,811,661 となりました。

精算したポジションは合計37,5000通貨となりました

この決済により、口座残高および証拠金維持率等は以下のようになりました⬇︎

証拠金維持率 6277%なので、決済しなかった現在含み損のあるポジションは、よほどの暴落を起こさない限り、口座資産は安全かと思われます。

ポジションを決済した理由

GBP/NZD:週足のCCIが+100を上から下へ割って入ろうとしており、下落の兆しがあった為。他のインジケーター類による利確ポイントよりCCIの下落の傾向を急遽優先した。

EUR/GBP:週足のCCIが現在ゼロ付近にいる。+200からゼロまで落ちたので、もうここで十分利益が得られたと判断した為。他のインジケーター類による利確ポイント予想よりも、CCIの現在の値を優先した。(+200から0まで下がったことを評価)

GBP/JPY:ポジションが現在多く、通貨ペアの整理整頓の必要性が出ている。現在利益が出ているこの通貨を手仕舞いし、別の通貨ペアに労力を注ぐ意向があった為、決済した。

GBP/CHF:GBP/JPYと同じ理由

AUD/CHF:GBP/JPYと同じ理由

以上、375,000通貨分のポジションを決済したという報告でした。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️