GOLD CFDは2020年3月は月足で陰線もしくは下ヒゲになるかも知れない、っという妄想のお話し

GOLD CFDのショート12万通貨を保有中です。

GOLD CFDをショートでエントリーした理由

理由①

週足ボリンジャーバンドでローソクが+3σに接触するほど高騰している。(上画像1段目参照)

理由②

週足CCIで200という買われ過ぎ感を出しており、この位置で買いを入れるのは悪手だと判断した。(上画像2段目参照)

理由③

週足MACDでMACD線とシグナル線が互いに別方向に広がる気配を見せている。(上画像2段目参照)

理由④

週足ストキャスティクスでは80以上の位置にあり、更に上を目指しているような形状をしているが、この位置で買いを入れるのは危険と判断した。(上画像3段目参照)

理由⑤

1月と2月共に月足が陽線だった年の3月は陽線だとしても下ヒゲを記しており、1ヶ月の間で始値より下落する時期がある。

1月・2月共に月足が陽線だった回数は過去22年間で7回。そのうち5回は3月の月足が陰線。2回は3月の月足陽線だが必ず下ヒゲを作っている(上画像参照)

※だがこのデータは今年2月に陰線を作ってしまったら参照して投資する意味がなくなってしまう。今現在、2月は月足陽線を作っているが、まだ後1週間残っている。

理由⑥

上画像参照。

過去22年間で3月の月足が陰線を記したのは14回。

陽線は8回。陽線8回のうち8回とも下ヒゲを作っている。

こうして過去データを見ていくと、3月は例え始値より上昇したとしても、始値より下げる事があり、下ヒゲを作る時期が1ヶ月の間でほぼ必ず来る傾向があるという事が分かってくる。

2月に高値を付けているタイミングで売りを入れる、または3月に高騰が起こればショートポジションを増やしていって、3月の始値より値が下がったタイミングで決済すれば良いのでは無いか?、っと考えた。

以上、①~⑥を理由としてGOLD CFDをショートでエントリーしました。

※ブログの内容はあくまで著者の個人投資の売買成績と、エントリー理由や決済理由、予測などを記録する目的で記述したものです。
ブログの読者に特定の金融商品の売買や投資手法を推奨または押し売りする目的で書いた文章では無い事をここに明示しておきます。

Copyright ©️Mephrah. 2020.All Rights Reserved.

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

1月はゴールドが上がりやすい傾向がある?

1998年から2018年の21年間でGOLD CFDは1月に上がりやすい傾向が有るかも知れません

以下は各年1月のGOLD CFDの月足ローソクです。

1998/ 1 陽線

1999/1 陰線

2000/1 陰線

2001/1 陰線

2002/1 陽線

2003/1 陽線

2004/1 陰線

2005/1 陰線

2006/1 陽線

2007/1 陽線

2008/1 陽線

2009/1 陽線

2010/1 上髭陰線

2011/1 陰線

2012/1 陽線

2013/1 陰線

2014/1 陽線

2015/1 陽線

2016/1 陽線

2017/1 陽線

2018/1 陽線

2019/1 陽線

過去21年間で1月に陽線は13回。陰線は8回でした。

特に2014年からの6年間は連続で毎年1月は陽線を付けています。

傾向としてGOLDは1月に上がりやすいのかも知れません。

5つの週足インジケーターはGOLD CFDで上昇気配を示しています

上画像参照。パラボリックSAR、MACD、ストキャスティクス共に週足で捉えると上昇トレンドの傾向を見せています。

パラボリックSARのローソクの下にドッドが描画されており、下値が硬くなった事を示していますし、MACDではMACD線とシグナル線が互いに広がった後、互いに近づきつつあります。ストキャスティクスは見ての通り20以下から80へ向かって値を伸ばしています。これらは上昇トレンド転換が起きている事を示しています。

上画像参照。週足ボリンジャーバンドではローソクが移動平均線を下抜けせず反発して上へと上昇していますし、CCIでも0.00から上へと上がり、買われすぎ傾向が増加しています。

以上の材料からGOLD CFDは週足単位で今後上昇して行くと考えます。

1月になるまでにGOLD CFDを10万通貨は買っておきます。

すでに価格は1500を越えており、高値掴みになるかな?っと躊躇った時もありましたが、1月は上昇トレンドだと思うのでロングで保有します。

以上、GOLD CFDについての考察でした。

※ブログの内容はあくまで著者の個人投資の売買成績と、エントリー理由や決済理由、予測などを記録する目的で記述したものです。
ブログの読者に特定の金融商品の売買を推奨又は押し売りする目的で書いた文章では無い事をここに明示しておきます。

Copyright ©️Mephrah. 2019.All Rights Reserved.

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️