損失を増やす事に繋がりかねない生活習慣

前の記事の続きになります。⬇︎

日常生活を送っていてFXを続けていく上で明かに損失を生じさせかねない、または増やしかねない生活習慣というものが実在します

利益を増やすどころか損失を増やし兼ねない生活習慣

其の一 会社勤めしながらFX

サラリーマンやっていると、どうしても1日24時間の中の8時間ほどをFXとは関係のない労働に費やす事になります。

月曜から金曜まで定時で働いているとして、1週間で40時間をFXとは無縁のことをしている訳です。

専業FXトレーダーたちはサラリーマンが1ヶ月あたり160時間会社の為に尽くしている時間をFXに費やしています。

FXはより多く、より深く勉強している人が利益を得ているという印象を受けます。勉強もせず勝ち続けている人っているんでしょうか?僕はいないと思いますよ・・・

たった1ヶ月で専業とサラリーマンとの間にはおよそ160時間の差が出来ているんです。年間にするともっと、さらに3年、5年にするともっと勉強に費やしている時間は開く一方です。

サラリーマンの方々が一番この社会を作り、この社会に貢献していることは間違いありません!

ただFXとは関係のない仕事をされてるサラリーマンの方は、専業でFXをやっている投資家たちとの実力や経験値がどんどん引き離されて行っているのです。

投資は経験値ですよ。

何度も投資を繰り返して学習している専業投資家の方が経験値が高くなり、会社勤めをしているサラリーマンは投資の経験値が積めない。だから、サラリーマンのお金が専業投資家に刈り取られる・・・ということもあるのです。

其の二 飲酒しながらfX

飲酒は観察眼と判断を狂わせます。

気が大きくなり、自信過剰にもなります。それ故に、必要以上に大きな建て玉を張ってしまう危険があります。

損失を出さない為にも酩酊状態で投資はやめましょう。

其の三 家族サービス時間が長い・多い

月曜から金曜まで働いてさらに土日祝日に家族サービスの為に旅行や遊びに行くと、一体いつFXについて熟考できるのでしょうか?

FXはより多く考えよりたくさんお勉強している人は、利益率は高くなります。そして失敗から学習するという経験値を繰り返し積むことでさらに利益率を増すことができます。

仕事と家族を抱えていると、FXのお勉強をする時間が無くなります。

FXの利益を取るか、仕事を取るか、家族を取るか・・・全てを手に入れることは出来ません。どれかは諦めないと1つの分野で伸ばすことは出来ません。

其の四 独身者の場合ですが、異性関係にかまけてしまう

熱い恋愛は素晴らしいですが、出費を減らしながら男女が付き合うことは難しいと思います。

また男性限定の話ですが、風俗遊びが激しいとお金がどんどん減っていきます。

FX口座にあるお金はあくまでFX用。彼女彼氏の為や風俗遊びの為にFX口座のお金を出金するとかあり得ません!

FXでそれなりに大きなお金を得たいのであれば、恋愛や風俗遊びは手放すべき、というのが僕個人の考えです。

アレもこれも、ではFXという1つの分野で大きな利益は得られないと思います。どれかは捨てる、という覚悟は必要だと思います。

FX以外のギャンブルをやってしまう

パチンコ、パチスロ、競馬、競艇、競輪、オンラインカジノなどにお金が流れていては、FXの口座に充分な証拠金が割り当てられなくなります。

個人的にはFXで勝ち続けたいなら、他のギャンブルは一切やらず、FXのことだけ考えて、1つの分野で成功できるよう努力すべきだとは思います。

以上、損失を増やす事に繋がりかねない生活習慣をピックアップしてみました。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

損失に繋がる可能性のあるものを断捨離することで、利益率はおのずと上がっていく、という話し

FXにおいて損失を抑え、利益を伸ばしていくにはどうすればいいのでしょう?

それは自分なりに頭で考えて、『損失に繋がる可能性のあるファクターを一つ一つ取り除いていくこと』こそが、損失回避に貢献し利益率を伸ばすことに繋がると思うのです。

損失に繋がる可能性のあるもの、って何でしょう?

大きく分けて、

① テクニカルに関する投資理論や方法論的なもの

② 生活習慣に関わるもの

③ 思考習慣に関わるもの

④ メンタルに関わるもの

僕は損失に繋がるカテゴリーをこれら4つに分類しました。

① テクニカルに関する投資理論や方法論的なもの

損失回避となる方法論として僕は今まで以下のことを実践して来ました

その1

ある1つの価格帯に100枚や200枚、あるいはそれ以上の大きな建て玉を一気に張らない様にする事。例えばドル/円が100円になったら勝負に出ようとする。100円で建て玉を100枚一度に張ろうとするなど。それをすると、相場が思っていたのと真逆の方向に動いた時に、1pips不都合な方向に動く度に100万通貨分の損が生じる事となり、阿鼻叫喚な事態になります。

その2

建て玉を少なく、かつ分散してエントリーする。例えば最初は1万通貨、それ以降のエントリーは相場が100pipsづつ下がる度に25,000通貨づつ張っていく。いわゆる逆張りナンピンですが、1つの価格に一気に大枚を張るよりは、相場が思っていたのより真逆に動いた場合の損失を抑えることができます。

その3

1つの通貨ペアに最大で入れられる建て玉数量に制限を設ける。例えばUSD/ZARのショートを入れたい場合に、エントリーできる限界は13万5千通貨まで、っとマイルールを決めてしまう。それ以上エントリーするのは違反ですよ、っと自分に言い聞かせる。こうする事で1つの通貨ペアで損失が出ていることにムキになり、いつまでも繰り返し逆張りナンピンを入れ続け、損失を膨らませるという行為にブレーキを掛けることができます。

その4

1つのインジケーターの指標を信じない。僕はWトップ、Wボトム、一目均等表、MACD、ストキャスティクス、ボリンジャーバンド、CCIを主に使っていますが、それらの指標のうち3つ以上が同じトレンドの流れを示している場合にのみエントリーすることに決めています。決して1つのインジケーターだけで「これからこうなる!」っと思い込まない方がいいです。

その5

分足、時間足、日足は使わない。僕は短期トレードはやりません。短時間の動きというものは複雑でカオスです。カオスな世界では次の1手がまるで見えません。僕はチャートの時間軸は週足と月足だけ見るようにしています。週足と月足という時間軸はパターンが比較的安定している為です。安定したパターンのある分野で投資活動をすることで損失を抑えることができます。たまに1時間足や4時間足を見ますが、それはよほど自分が思っていたトレンドの流れに反した動きをしていた場合の参考として、時々短時間足のチャートを見ることもある、ということです。メインは週足と月足です。中期的・長期的な大きなトレンドの動き・安定したパターンを掴みながらエントリータイミングを伺うようにしています。

その6

雇用統計やFOMCの発表に合わせてエントリーはしないようにする。これは短期トレードをしないという方針と話が被りますが、『複雑系でカオスな世界は次の1手が読みにくい』という考え方から来ています。人間にとって最適な時間の長さというものは必ずあります。先が読みやすい時間的長さを知り、『自分がパターン化しやすく先が読みやすい時間軸・時間の長さがある分野でのみ投資活動をすれば良いと思うのです。

その7

GOLDと特定の通貨ペアの相関関係・逆相関関係の性質を利用する。例えばSGD/JPYとGOLDは月足単位でチャートを見比べた場合い、両者は逆相関の関係が見て取れます。この逆相関の性質と、両者の逆相関が起こるタイムラグを利用します。これは以前ブログ内の記事でも書きました⬇︎

長くなってしまったので続きはまた今度。

②生活習慣、③思考習慣、④メンタルに関することはまた今度ブログに書きます。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

FXの含み損について

週末の成績レポートでは含み損が12万6千円ほどありました。

昨日は含み損が20万円ほどにまで膨らんでいました。

このまま膨らんでいくのかな・・・と思っていましたが、今日は落ち着いているようです。

XM口座の未決済ポジション画面⬇︎


合計建て玉数 33万通貨で損益はおよそマイナス7万円となっています。

一晩で含み損20万円から7万円になるのですから、FXは本当に何があるかわからない、変化の激しい世界です。

証拠金維持率は5386%。

維持率はやはり高い方が精神的にも安心です。含み損が膨らむのに加え維持率がいよいよ100%を切って来ると、落ち着いた冷静な頭で今後の舵取りが出来なくなります。

可能な限り週足や月足単位での相場の下の方でロングし、相場の上の方でショートする

加えて、可能な限りポジションを散らす。例えば100pipsや50pips離れた所でポジションを取る

これを投資のマイルールとして徹底する事で、可能な限り含み損を抑えるようにしています。

一箇所の価格帯に100枚や200枚などの大きな建て玉を入れないようにする事で、相場が思いもよらぬ方向へ動いた時の損失を抑え、それによって証拠金維持率の低下も抑える事ができます

明日、明後日、そして来週、再来週に持っているポジションがどうなっているかは分かりません。

何が起こるか分からないのが相場なので、出来るだけ少ない建て玉で、可能な限り大きな利益を出す、という方針のまま行きたいと思っています。

以上、直近のFXの成績と含み損・証拠金維持率対策についてでした。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

僕が短期や超短期トレードをしない理由

僕はデイトレやスキャルピングやバイナリーオプションには手を出しません。

かつてはデイトレや数時間単位で取引していたこともあります。

一時は勝てても何回も繰り返すほど負けました。

短期トレードって回数をこなす程、負ける回数が増えて行きませんか?

例え連続で勝てていても、ある日大きく張ったポジションで大損失を出してしまう・・・いわゆるコツコツドカンで今まで増やした利益をすべて吹き飛ばしてしまう・・・短期トレードにはそうした危険があります。

短期・超短期トレードは1回の取引で勝てても利益が小さいので、どうしてもトレードの回数を増やし、勝率を高めないと、なかなか利益を増やすことができないという欠点があります

短期トレードは小さな勝ちを繰り返す事が出来て利益が積もって行きます。1日に何度も何度も取引を繰り返す。裁量トレードでは感情的な判断による人為的ミスで損失を作ってしまうリスクもあります。

だからシステムトレード化して感情を排他した機械的なトレードにして何度も何度もシステム任せでトレードを繰り返す投資家もいます。

裁量トレードにせよ、システムトレードにせよ、短期や超短期間の時間軸の中で取引をするというのは、言うなれば予測不能の動きをするカオスな世界を相手に取引をしているようなものです。

時間が短くなればなるほど、次の1手が読みにくくなる

予測不能のカオスな世界と例えましたが、分かり易く書けば、短期間(1分足から1時間足の1本分の時間)の間の動きを予測するというのは、空気中の微粒子が次の1分後もしくは1時間後にどこに居るか?を当てなさい、っと言っているようなものです。

例えば水素原子にしましょうか。空気中を漂っている一粒の水素原子が1分後や5分後にどこに向かってどの場所に居るかを正確に当てるのは困難を極めます。まさに複雑系、カオスです!

空気中の水素原子の動きを予測するのがカオスで困難なように、秒単位、1分単位、1時間単位でトレードをするのは、あまりにカオスな動きなので僕はやらないことにしています。

時間間隔が短くなればなる程、動きがカオス化し、次の1手がどう動くか読みにくい。

短期になればなるほどカオスで読みにくいから僕はスキャルピングやバイナリーオプションをやりません

1分足、5分足、1時間足は複雑系でカオス過ぎる為、全く先が読めません。まるで一粒の水素原子の動きを言い当てるかのような複雑さがあります。先が読めない相場で何度頑張ってトレードを繰り返そうと、負けが増えて行き損が嵩んでいく。僕は短期トレードとはそういうカオスなトレードだと考えています。

長期になればなるほど動きは読み易くなる

さきほど空気中を飛んでいる水素原子1個の動きはカオス過ぎて読めないと書きました。

では原子が連なり分子を構成し、さらにそれらが集まってタンパク質となり、さらに集まって細胞を構成したとしましょう。

細胞が集まり微生物となれば、顕微鏡は必要ですが、微生物ならパターン的な動きがあることに気が付きませんか?

水素原子1個の動きを追うよりも、微生物1匹を追った方が動きが読めそうに思えませんか?

では微生物よりももっと大きい生物。例えばアリ、蜂、鳥、犬、像、鯨・・・

大きくなればなるほど、我々人間の大きさからすると、動きが読み易くなります。単純に目で追い易くなるという利点もありますが、何より個体の大きさにより動きが遅く、ワンパターン化され、そのパターンから次の1手が読み易くなるというのが大きな特徴です。

小さな生物から大きな生物で例えましたが、つまり生きている時間が長い生物ほど人間にとって動きが読み易くなる… これは1分足より1時間足、1時間足より1日足、1日足より週足、週足より月足の方が動きがカオス化せず読みやすい、という特徴があるのと同じ事です。

パターンが安定傾向にある、とも言えるのではないでしょうか?

逆に長期になり過ぎると今度は先が読み辛くなります

10年後より100年後の方が世界がどうなっているかは読み辛いものです。

100年後より1000年後。1000年後より1万年後の方がもっと分かりづらい。

おそらく、人間にとって先を読みやすい適度な時間間隔というものがあるのだと思います。

投資で大切なことは、人間にとって最も先を読み易い時間軸・時間間隔の世界で先を読み利益を出し続けることだと僕は考えています。

自分にとって先を読み易い時間軸を使って投資活動が出来ているか❓今一度見直すことで、投資で生き残れる者とそうでない者とに分かれるのだと思います

以上、短期トレードに手を出さない理由についてでした

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

多画面モニターは必要か?

テレビ局スタッフが投資家の自宅を取材しに行ったら部屋に6画面や8画面のモニターがズラリと並んでいるという映像を何度かテレビで見た事があります

デイトレーダーやスキャルピングで稼ぐトレーダーは多画面は絶対必要

デイトレーダーはチャート画面よりも板情報をモニターに映している人もいます。

秒単位で売買を繰り返す短期トレードでは、いちいちタブを切り替える時間などないでしょう。株の銘柄別に板情報などを6画面に分けて映して、ダウ、日経225などを別画面に映すなど、効率的に短時間で売買できる環境は言うまでもなく勝率に響きます。

長期保有をメインにやっている投資家には、使う場面ないのでは、とは思います

↑ 投資対象の通貨の種類が少なく、売買期間が数週間から数ヶ月かかる投資をやっている投資家には、こんなにたくさんのモニターがあっても使い道がないです。

もちろん、あれば便利かとは思いますが、1日中見ませんよ。長期保有系投資家は。

でも、中期や長期ホルダーの投資家でも、扱う金融商品の数が多ければ、多画面モニター必要になってくると思います

国内や海外のFX業者に口座を持ち、あらゆる通貨ペア、あらゆる先物商品、あらゆる仮想通貨、さらに株式投資にも手を染め あらゆる株の銘柄を投資対象としている投資家は、例え長期ホルダーだとしても、情報を集める為に見なければならない商品が増えすぎるので、多画面モニター所持は必須にならざるを得ないと思います。

株取引に限定したとしても、国内・海外にある上場企業を合わせると46,000前後。旨味のある企業に投資しようと世界中から情報を集め、多くの銘柄に投資するようになり、銘柄を保有した後も値動きをチェックするでしょうから、やはり長期保有専門だとしても、多画面モニターは必要になってくる筈です。

以上、多画面モニターは本当に必要かどうかの考察でした。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

FXと瞑想

1日2回瞑想しています

僕はどこの宗教にも属していませんが、瞑想をしています。

FXをやっていると緊張や精神的不快感やストレスに晒される事になります。これらを少しでも和らげたくて瞑想するようになりました。

椅子に座って楽な姿勢になり、目を閉じ音を想います。1回25分。

瞑想と瞑想の間はおおよそ6時間は空けています。ですが間隔は明確に決まっている訳でもないです。

瞑想を始めるきっかけになったのは、含み損250万円を抱え精神的苦痛を毎日味わったからでした

含み損250万円を抱えていた時に瞑想をするようになりました。どのような事件だったのかは、以前の記事を読めば分かります⬇︎

⬆︎辛酸を舐めさせられるような日々を送る事になった事件でした・・・

この頃に始めた瞑想のやり方は今と違いますが、大きなきっかけになった事は確かです。

気持ちを落ち着かせ、頭をクリアにして通貨の値動きを分析したいので、1日2回の瞑想は良いツールになっています

例えば大きな含み損を抱えている時に「失う恐怖」に襲われずに相場の動きを読む事は困難を要します。

また、大きな含み益を出す事ができ、どんどん利益が増え続けている時にも「失う恐怖」から逃れる事は困難です。

投資とは『可能な限り正確に将来の値動きを読む作業』です。

先を読む正確さを妨害する要素として、

1. 失う恐怖心

2.より多くを求め過ぎてしまう欲求の暴走

3. 自己判断の正しさに対する執着心

4. 自分をより大きく見せようとする傲慢さ

5. 分析を怠る怠慢さ

6. 自分の思考を疑わない姿勢

7. 他者の判断に頼り過ぎる姿勢

8. 神経衰弱による精神的疲労

他にもまだ有りそうですが、今思い付くのはこれらでした。

瞑想は感情的暴走を鎮静化します。

精神的疲労を緩和します。

生理学的な効果があるのでしょうが、僕は上手く生理学的に効果を説明できません。

説明はできませんが、先を読む正確さを妨害している8要素の中の、1,2,3,4,6,8 は 瞑想を始めてから和らいで来ています。

感情から離れ、疲労から解放され、より落ち着いた気持ちで、スッキリとした頭で通貨ペアの分析に挑む為に瞑想の効果が多かれ少なかれあったので、瞑想を続けています。

生活サイクルの中に1日2回瞑想をする習慣を取り入れる

起床したての時は頭は寝ぼけた状態から徐々にクリアな状態へと変化していきます。(※寝不足の時はクリアにはなりにくいです)

理想的なのは、起床後2時間作業して集中力が切れた後に1回目の瞑想をします。

その後2〜3時間作業したら、2回目の瞑想をします。

2回目の瞑想のあと数時間作業をして、実働時間8時間。のようなサイクルが理想ではあります。

ですが、実社会で働いている人にとって、社内や勤務先で1回25分の時間を2回作る事は難しいとは思います。

僕のような月曜から木曜まで自室にこもってる引きこもりは理想的に生活サイクルの中に瞑想を入れられますが、実社会で働いているとそうもいかないでしょう。

瞑想のやり方は様々であり、巷に溢れている色んな方法を試して自分に合ったものを取り入れれば良いと思います

絶対にこのやり方でないとリラックスを得られないという絶対的な方法は瞑想にはないと僕は思っています。

色んな方法があります。探して自分に合った瞑想を見つけたらいいです。

服を探しに行って、自分に合ったサイズ、自分に合ったカラー、自分が持っている服とマッチする服を選ぶように、自分に合った瞑想を選んで試せば良いと思います。

僕は椅子に座り目を閉じて、言葉を発する時に聞こえる音を想うやり方を取り入れています。瞑想中はその言葉は声帯からは発しません。ただ言葉の音を想う。

これだけです。

このやり方が自分に合っているようなので続けています。FXから来る精神的不快感も和らいでいます。

瞑想は続けないと効果は発揮しません

僕は瞑想を始めて4ヶ月あたりから、感情的なトレードをしなくなりました。感情が脳内でスパークして損切りもしくは利確などしていたのですが、数が減りました。

効果が出るまで時間はかかります。コツコツと 瞑想したら良いと思います。

以上、FXと瞑想の関係についてでした。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

失う恐怖…

FXをやっていると、どうしても今持っているお金をすべて失うかも知れないという恐怖心が襲って来ます。

僕が持っているお金なんてせいぜい800万ちょっとです。FXの口座に突っ込んでいるこの800万を失う事が恐い!っとメンタルが弱っている時に感じていることをここに告白します。

今持っているお金を失うのが恐いです‼️

見る人が見れば800万円は小銭です。小銭を失うことに、いちいち恐怖を感じているなんて、人生損してると、大金持ちの人たちは思うかも知れません。

ですが僕にとっては今FX業者の口座にある800万の資産は大金です。

恐怖の感情に判断を左右されたら、それこそ失うものは大きいと思います

考えても下さい。ある日1時間足や4時間足、日足を見ていました。保有している通貨がどんどん下落を続けているとしましょう。もう止まりません。

エントリーしたポジションから相場はマイナス400pipsになろうとしている。

落ち着いていられる人はもしかすると少ないかも知れません。僕も落ち着いていられれる自信はありません。プチパニックくらいにはなっていると思います。

僕も1年前は1日で100pipsや200pips下落したら、これ以上失いたくない!っとビビって損切りしていました。

失う恐怖が投資家に損切りさせます。

損切り自体は悪いことではありません。週足単位の中期的目線でトレンドが持ってるポジションに対し、さらに損をもたらすような流れを示しているなら、早めに損切りした方が良いです。

しかし、

短期の時間足では下落していても、週足や月足でインジケーター類が強い上昇を示していたらどうですか?

さらに、証拠金維持率はまだ1000%。これなら落ち着きを取り戻せませんか?

不安や恐怖に精神が蝕まれてしまうのは、状況が見えていないからです。

エントリーしたポジション、口座資産状況、通貨の週足単位・月足単位でのインジケーター類が示すトレンドの向きなど、知っておくべき事は山のように沢山あります。

パニックになり恐怖に支配されているのなら、尚更、口座状況を見直し、証拠金維持率を確認し、中期・長期的トレンドの流れを再確認する。

僕はこれらの作業で短期的下落による陽動に対応しています。

ただ恐怖に支配され目の前の不都合な損失にパニックになって、全体の状況を把握せずに反射的に損切るのは「良くない損切り」です。

中期的・長期的目線でもポジションに損をもたらす不都合なトレンドを示している事が分かって損切るのは「良い損切り」です。

ブログにこうすれば大丈夫だ!みたいなことを書けばカッコいいですが、現実では動揺はしています

持っているポジションにとってあまり良くないトレンドになっている時、部屋の片隅で体育座りをしながら、状況が良くなる事を祈っている事が良くあります。

証拠金維持率や週足・月足のインジケーター類がそこまで状況は悪くないことを示していても、3日、4日、5日と不都合な状況が続いていたら心の中では体育座りをして、恐怖に耐えています。

はい。現実はこんなものです。

ちっともカッコよくありません。地味です。ダサいです。

FXでポジションを保有していると恐怖は常にあります。その恐怖をいかにうまく飼い慣らすか、ですよ

恐怖心を飼い慣らせない投資家は目に見える下落に動揺し、恐怖心から来るストレスから逃れようと、ポジションを切ります。

ポジションを切れば気分は凄く楽になります。

肩の荷が降ります。気持ちが晴れやかになります。

僕も今持っているポジションを全部切って100万だか200万だかの含み益を手に入れて、心配や不安や恐怖から解放されたいですよ‼️

これはもう本当にそう!!今すぐ楽になりたい!!っといつも思います。

ですが・・・恐怖と一緒に『もっと稼げれる』とか『この通貨はもっと上がる。インジケーターや過去のデータパターンがそれを示している』という、理性脳が囁きかけて来るのです・・・

なので、不安や恐怖はあるものの、欲がポジションを切らせてくれません。もっと儲かるから持っておけと囁くのです・・・

⬆︎ 欲が恐怖下でFXを続ける状況を引き延ばしてしまう…

以上、FXでエントリーしてポジションを保有すれば失う恐怖に支配されやすくなる。その恐怖が下落の陽動に反応しやすくなり損をもたらす。FXは恐怖との戦いになりますよ、というお話しでした。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

高い家賃、マイカー、子供、ギャンブル。お金がどんどん減っていく4大悪

僕は生活費を稼ぐためと貯金額を増やす為にFXをやっています。

底に穴の空いたバケツに水を入れたら底から水が漏れるように、FXでせっかく稼いだお金を浪費してしまったら、どんどんお金が手元から無くなっていきます。

稼いだお金を食い潰すものとは何でしょう?

それは、『高い家賃』『マイカー』『子供の養育費』『ギャンブル』です。

僕はFXで稼げれるように工夫していますが、同時にお財布や口座からの支出が減るようにも工夫しています。

支出を減らす為に高い家賃の物件に住まない、マイカーを持たない、子供を作らない、パチンコや公営ギャンブルをやらないという工夫をしています。

なんだ、ただの貧乏性か、っと言われればそれまでですが、はいその通りです。貧乏性でケチなだけです。

貯金をしたいので、お金をあまり使いたくないのです。

いかにお金を使わずに済ませるか。そのことに意識をフォーカスしています。

高い家賃の物件に住まない

当たり前の話ですが、毎月支払う家賃が100万円よりも、30万円なら手元に70万円が残ります。

家賃30万円のマンションより、家賃10万円の賃貸なら手元に20万円が残る。

20万円の物件よりも5万円の物件を選んで住めば、毎月15万円が自由に使えるもしくは貯蓄に回せます。

賃料の高い物件に住めばそれだけ貯蓄に回すお金が減ることになるので、僕のような貯金を増やしたい人にとって賃料の高い物件は、貯蓄を食い潰す存在なのです。

マイカーを持たない

生活の利便性より貯金を優先している僕のような人間からすると、マイカーという存在は、貯金を食い潰すモンスターです。

車体購入時にかかるお金。新車でも中古車でも大きなお金が懐から出ていくことになります。

自動車にかかる税金を支払う義務があります。自動車取得税、消費税、自動車税、重量税。

乗り続けている限り、ガソリン代、メンテナンス代、修理代、自動車保険料といった費用が必ず掛かります。

加害者として事故を起こせば手元からお金が出て行きます。相手に損害を与えた場合は、過失割合に応じて、相手にその損害を賠償する義務が発生します。示談金もしくは慰謝料を負担せねばなりません。

貯金を優先するなら、マイカーは持つべきではないというのが持論です。ですが、貯金よりも自動車バイクが好きで乗ることで幸せを感じる人は是非買ってドライブを楽しむべきだと思います。

子供はお金がかかる

僕のような拝金主義で貯金が好きな人は子供を作るべきではありません。

子供の基本的養育費に1640万円がかかります。

さらに基本養育費に加えて、公立・私立によって額は変わって来ますが、大学を出るまでにおよそ3000万円から6000万円の出費になります。

子供1人が大学を出るまでに最大で7600万円はかかるということです。

子供を育てるにはお金も労力も掛かります。時間も子供に使う事になります。養育にお金も労力も時間も奪われている環境下でどうやって貯金を増やせばいいのでしょう?どうやって貯蓄を増やす努力をすれば良いのでしょう?

お金よりも子供を愛する事、子供の世話をすることが好きな人は是非子供を作って育ててください。上記はあくまで貯金優先にしている人に対して述べている内容です。子供が好きな人は是非子供を育ててあげてください。

ギャンブルは貯蓄を食い潰します

FXにもギャンブル的要素はあります。還元率は他のギャンブルより高いですが、投資としての為替取引の一面を持ちつつもギャンブルと一括りにされることは珍しいことではありません。

そしてFXを含むギャンブルは、やればやるほど手持ちのお金をどんどん食い潰して行きます。

僕は矛盾しています。

毎日FXをやっておきながら、FXもギャンブルだからやるなと。FXをやると貯蓄を食い潰すからやらない方がいいと書いているのです。

でも本当です。貯金をしたいならFXおよびその他ギャンブルはやらない方がいいです。

パチンコ、パチスロ、公営ギャンブル、宝くじ、株式投資、FX。

破産するリスクのあるこれらギャンブル要素を併せ持つ大人の遊びは、いつかはプレイヤーを追い込みます。

僕はFXをやっているので言える立場ではありませんが、ギャンブルはやらない方が身の為です。

以上、高い賃貸料、マイカー、子供の養育費、ギャンブルは、貯蓄を食い潰す悪玉ですよ、というお話しでした。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

IQが高い人の特徴と、IQが低い人の特徴にいくつ当てはまるかやってみた

IQ(知能指数)とFXの利益率・損失額と関連性はあるのでしょうか?それとも全く無関係なのでしょうか?

FXで高い利益率を出すには、高い知能指数が必要なのでしょうか?

もしIQが低いと分かったら、さっさとFXから身を引くべきなのでしょうか?

僕は高い側なのか低い側なのか知りたくなりました。知能テストを受ける事なく知ろうとすること自体野暮だとは分かっています。

ネットに転がっているIQが高い人の特徴と、IQが低い人の特徴に自分がいくつ当てはまるかやってみました。

IQが高い人の特徴に自分が幾つ当てはまるか自己診断してみます。合致してたら◯ 不一致なら✖︎

  • 情報処理能力が高い ✖︎
  • 好奇心旺盛な性格 ✖︎
  • 相手の気持ちが分からない ◯
  • 会話の中で理解が早い ✖︎
  • 感情に左右されない ✖︎
  • 一つの事にこだわる ✖︎
  • 大きな不安を抱えていることが多い ◯
  • 人に何かを教えることが苦手 ◯
  • 高いトークスキルを持っている ✖︎

⬆︎ 引用元URL : https://the5seconds.com/iq-takai-19530.html

IQが低い人の特徴に自分がいくつ当てはまるかも自己診断してみます。合致してたら◯ 不一致なら✖︎

  • 自己評価が高い ✖︎
  • 人を信用しない ◯
  • 会話が得意ではない ◯
  • 機転が利かない ◯
  • 突発的なトラブルに弱い ◯
  • 自慢することが多い ◯
  • 自分の意見がない ✖︎
  • 喜怒哀楽が激しい ✖︎
  • 空気が読めない ◯

⬆︎ 引用元URL : https://cktt.jp/73440

自己診断のまとめ

IQが高い人の特徴9つのうち一致は3つでした

IQが低い人の特徴9つのうち一致は6つでした

結論:僕はIQが低い人の特徴に傾倒している

ネットの情報にあるIQ高い人の特徴、IQ低い人の特徴が、知能指数についてすべて網羅できているとも思えません。

ですが、ネットの情報とはいえ特徴について現実的な高IQの人、低IQの人たちの特徴からかけ離れた事を書いてるようにも見受けられません。

僕は診断結果を7割ほど信じる事にしました。

僕のIQは高くない。むしろ低いIQの方に傾倒していると、自覚することにします

IQの高さ、低さと、FXの損失額・利益率の相関について回答を得られる記事ではありません。

これからの僕のFXの成績を観察する事で、低IQの僕がFXで大損失を被るのか、大きな利益を得るのかで、IQとFXの成績の関連性はおのづと見えてくるのかも知れません。

もちろん、たった1人の人物をサンプルとしてのデータですから、全体を決めつけるものにはなり得ませんが。

以上、IQが高い人の特徴と、IQが低い人の特徴に自分がいくつ当てはまるのか自己診断してみた、というお話しでした。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

保有している通貨の種類が多過ぎるのは良くないと思う

最近、やたらとエントリーのチャンスだと思って色んな通貨を保有しているんですが、XMの未決済ポジション画面が若干見辛くなって来ました…

なんだか ゴジャゴジャして来ました・・・

持ってる通貨の種類が多過ぎるんです

毎日全てのポジションのインジケーター類をチェックしていますが、通貨の種類が多くて時には見落としも起こります

通貨の種類が多く、またチェックすべきインジケーター類も複数あるので、保有ポジションが増えるほど管理が大変になってきます…

全てのポジション、保有している全ての種類の通貨ペアを毎日毎日毎日毎日 値動きをチェックするのは、本当に骨が折れます

これ以上、保有する通貨の種類が増えるとお手上げになります。チェック漏れが増え、利確チャンスを逃し、損切りすべきところで損切り出来ないことも増える可能性があります。

FXでも株式投資でも同じと思いますが、持っているポジションの数、銘柄の数は少ない方が管理が楽です

すごく当たり前の事を書きましたが、これを書いてる本人がまったく出来ていません・・・

ついチャンス!っと判断すれば保有する通貨の種類が増え過ぎてしまう事などすっかり忘れてポジションを持ってしまいます。

このままでは、どんどん通貨ペアの種類が増えていき、管理がますます煩雑になります。

現在、クロスポンドを36万通貨ほど保有しているのですが、この36万通貨を手仕舞いしてしまえば、かなり口座のポジション画面は見えやすくなります

1万通貨単位、25,000通貨単位でポジションを持つので、通貨の種類が増えるほどに見え辛いし管理し辛いし、全体を把握し辛いです。今はこういうことで悩んでいます。

新しい種類の通貨をエントリーするのは、クロスポンドを全部決済した後にしようかな、っと現在模索中です。

とにかく今言えることは、これ以上増やすのは良くない。証拠金維持率の問題ではなく、管理上、増やすのは良くないと考えています。

以上、保有する通貨ペアの種類が増えれば増えるほど、管理が大変になり、値動きのチェック漏れ、約定のタイミングズレが起こり得るというお話しでした。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️