専業トレーダーの日常。金曜、土曜、日曜日

会社勤めせず為替取引だけで1年と1ヵ月生活して来ました

市場がお休みの土日は、為替の話をやめてFXを生業としている個人トレーダーがどんな休日を過ごしているのか書こうと思います。

金曜日は何をしているの?

金曜日は取引を15時までに済ませて映画館へ行き映画を観ます。毎週という訳では無いですが、豪雨・強風・雷・豪雪・竜巻でもない限り、金曜日の正午は映画館へ足を運び観たい映画を観ます。

夕方に映画を観終わりその足で最寄りのスーパーで夕食の買い出しに行きます。

夕食を食べながらチャートチェック。ニュースチェック。XM口座の損益状況チェックなどのルーチンワークに戻ります。

金曜日は朝方まで値動きのチェックが続きますが、2時以降にエントリーするのは稀です。

土曜日、日曜日は何をしているの?

朝に寝て昼過ぎに起きます。

取引が出来ないので、部屋にいても仕方ないので、昼過ぎから日が沈むまで外出しています。

行く場所のルーティーン

  1. ネカフェで漫画を読む
  2. 吉野家で昼食
  3. 書店で立ち読みの後書籍購入
  4. 公園で読書
  5. 電車に乗って小旅行
  6. マックもしくはモスバーガーで夕食
  7. マツモトキヨシでお買い物
  8. 家でiPadでキングダムを読む
  9. Netflix、Amazon Prime videoで映画を観て深夜~朝を過ごす

何の変哲も無いごく平凡な休日です。

つまらないですが、これがリアルです。

ごくごく普通に過ごしています

例えば7月の月収は140万円でしたが、そんなの関係ありません。

金土日は大してお金を使わず、おおよそこんな感じで過ごしています。

20代、30代の独身のサラリーマンとここはそう変わらないのでは?っと思いますが、

サラリーマンは先輩・後輩・同期と遊びに行ったり飲みに行ったり、取引先との接待で土日はゴルフなどで忙しい方もいるでしょうから、一括りに同じにするのは大変失礼ですよね。ごめんなさい…

以上、会社勤めしていない個人トレーダーの日常でした

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

ドル円はWボトムを形成しているけどエントリーに躊躇しています

雇用統計の発表があった金曜の終値は106.89でした。

ドル円の週足チャートはWの文字の右端1本線がない状態で、ここから右肩上がりで上昇していく予感を感じさせる形をしています。

その他のインジケーター指標も上昇トレンドの兆しを見せています。

CCIは-100を下から上へ抜けています。強い上昇力が見て取れます。(上画像の赤マルの所)

一目均衡表の遅行線は鋭角を作って下から上へ向かっていますし(下画像赤マル)、ストキャスティクスではシグナル線がボックスの20を今にも越えて来そうです(下画像 緑マルの所)

ドル円は買いシグナルが出ていて買いのチャンスなのですが、買っていません

というかインジケーターに従って素直に買えずにいます・・・

エントリーを躊躇している理由は、JPモルガンが今後のドル予想でドル円は105円台になり、ゴールドマンサックスは今後のドル円相場を1ドル103円まで下落すると、予想を発表している為です。

大手投資銀行が103円や105円の予想を立てている為、どうしても自分のトレンド予想よりも大手の言ってることの方が正しいという気がして、買いエントリー出来ずにいます。

・・・実際のところドル円は年末までにどう動くのでしょう?

ゴールドマンサックスやJPモルガンが発表したドル円の価格は最近到達しています。

8月26日に1ドル 104.466に下落したことがあったので、大手投資銀行らが言ってたのはこのことで、下落トレンドはもう終わっているのでしょうか?

・・・サッパリ読めません。

色んな情報に触れてしまうと、途端に相場の将来が見えなくなり、葛藤と悩みで読めなくなります。

暫くの間はドル円はエントリーせず様子を見たいと思います。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

SGD/JPYを買いました

25,000通貨買いました。SGD/JPYは6万通貨保有となります。

6つあるエントリー条件全てが揃いました

CCIが下から上へボックス内に入りました。

これでエントリー条件全てを満たした事になります


6つのエントリー条件

以前記事に書きましたがもう一度載せておきます。マイルールとして自分に律しているエントリー条件です。

  1. (最優先) 週足チャートでローソク足がWトップもしくはWボトムを形成しつつある
  2. 週足ボリンジャーバンドでローソク足が +3σ または -3σに接触もしくは越えた場合
  3. 一目均衡表の遅行線が鋭角の形状を持ち、かつ遅行線が下落もしくは上昇の角度を持っていること。遅行線とローソク足が「菱形」になってると良い。
  4. ストキャスティクスの青と赤のラインが上から下へ、または下から上へ20~80のボックスへ突入している事。
  5. MACDで2本の移動平均線MACDとシグナル線が、ハの字に広がっている形状をしている事
  6. CCIで -100から+100のボックス内にシグナル線がボックス外から角度を持って突入している事

1つのインジケーターやオシレーターのシグナルのみをアテにしないように心掛けています。

必ず複数のインジケーターで買い・売りのシグナルが出ている通貨にエントリーする様にしています。

SGD/JPYは複数のインジケーターから強い買いシグナルが出続けている限り、今後も買い増す予定です

以上、SGD/JPYのエントリーリポートでした

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️  END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

NZD/CHFが上昇して来ました

7月から苦戦を強いられ含み損を抱えていたNZD/CHFが今日は爆上げしています

今日の1時間足を見ると、右肩上がりです

XMの未決済ポジション画面

含み損がだいぶ減って来ました。少しホッとしました。

NZD/CHFは月足チャートでWボトムの一歩手前の形状をしています

Wの文字の右端の棒線1本がない形をしているのが見えます。

このような週足、月足でW文字一歩手前の形状を買いサインとして、よく買いポジジョンを取ります。

NZD/CHFはWボトムの形状をしていましたが、7月中旬に目を付けたものの、一向に値が上がらず、ずっと含み損を抱えていました。

含み損が減らなかった理由はおそらくWボトムのサインだけで買いエントリーしてしまったことに原因がありそうです。

他のインジケーターのサインやシグナルを複合的に見て判断するべきでした。反省しています。

現在、インジケーター指標も良い上昇サインが出ています

週足のMACDでは %K, %Dの両線が共に離れつつあり、「ハの字」になっています。

「ハの字」で尚且つ他のインジケーターに上昇トレンドサインが出ていたら買いポジションを入れています。

MACDの「ハの字」だけでエントリーするのは無謀です。危険過ぎます!僕は必ず6つの指標を組み合わせてエントリーのタイミングを決めています。

CCIにも上昇トレンドサインが出ています

+100から-100のボックス内にシグナル線が下から上へ突入しつつあります。これは上昇サインです。

以上、NZD/CHFについてのレポートでした。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️ END OF ARTICLE  ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

USD/ZAR, EUR/ZARのポジションをこれからどうするか?

USD/ZAR と EUR/ZARの利益が僅かですが減りました。

昨日はUSD/ZARは¥14,000、EUR/ZARは¥28,000ほど含み益がありましたが減っています。

週足のボリンジャーバンド、一目均衡表の遅行線の鋭角と向き、MACDの%Kと%Dの幅、ストキャスティクスのシグナル線、CCI、いづれもまだ下落が続く事を示し続けているので、決済せず売りポジションを継続して保有します。

ですが、USD/ZARとEUR/ZARは追加で25000通貨売りを入れない事にしました。

理由は南アフリカランド🇿🇦の動きがハッキリと読みにくいからです。

5つのインジケーターは上げ気配を示さず、下落トレンドのベクトルを示していますが、新興国通貨の場合はインジケーターの指標を鵜呑みにし過ぎるのは危険と判断しています。

リスク回避の為にも新興国通貨の通貨ペアは建て玉を多く入れない方がいいのかも・・・、っと最近思う節があります。

以前は新興国通貨に40万通貨ポジションを持っていたこともありましたが。今は考え方が違います。

トルコリラや南アフリカランドは少なく保有し、小銭稼ぎ程度にトレードを楽しむものとして認識しつつあります。

以上、USD/ZARとEUR/ZARのポジションをこれからどうするか?、の考察でした。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️ END OF ARTICLE ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

ブログの記事がちゃんとTwitterに反映されるか連動チェックテスト

Twitterアカウントを作りました。ユーザー名は

@Mephrah_

主に為替ニュースに反応した事をTwitter で呟いていこうかと思っています。

通貨の値動きについても呟きます。

プチブログTwitter、重宝したいと思います。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️ END OF ARTICLE ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

含み益が90万円に届きそうですが、NZD/CHFで苦戦しています

XMの未決済ポジションの含み益が89万円を越えました。

保有しているクロスポンドが好調です

グリーンの蛍光線を入れてるのがクロスポンドです

クロスポンドのポジションは合計365,000通貨です。

特にGBP/NZDとEUR/GBPを多く保有しています。

現在、GBP/NZDが値上がりしてゆき、EUR/GBPが下がっている事で含み益がどんどん増えています。

GBP/NZDは 1.83 , 1.84 , 1.85 で買えたことで大きく利食いでき、EUR/GBPは 0.93の高値で売りを入れた事で大きな利益を生んでいます。

GBP/NZDのロングポジションを入れる決め手となったのは、週足チャートのWボトムの形成前だからでした

週足チャートがWの文字の右端の1本がない状態だと買いエントリーの絶好のチャンスだと過去のパターンから判断した為、GBP/NZDをLしました

ですがいい話ばかりでもないです・・・

NZD/CHFを11万通貨ロングしているものの、苦戦を強いられています!

7月16日からエントリーして建て玉を増やして来たのですが、なかなか利が乗らないでいます・・・

NZD/CHFはほとんどが含み損を出しています。

困ったものです。キュウイはいつになったら上昇トレンドに入ってくれるのでしょう・・・

以上、現在の保有している全てのポジションと含み益・含み損のレポートでした。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️END OF ARTICLE ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

SGD/JPYを25000通貨 ロングしました

8月に1万通貨を買いでエントリーしていたSGD/JPYを買い増ししました。

XMの未決済の保有通貨画面

以前ロングしてたSGD/JPY 1万通貨とその他の仲間たち

SGD/JPYを買い増しした理由

僕がエントリーにおいて優先している事を優先順に列挙すると、

  1. (最優先) 週足チャートでローソク足がWトップもしくはWボトムを形成しつつある
  2. 週足ボリンジャーバンドでローソク足が +3σ または -3σに接触もしくは越えた場合
  3. 一目均衡表の遅行線が鋭角の形状を持ち、かつ遅行線が下落もしくは上昇の角度を持っていること
  4. ストキャスティクスの青と赤のラインが上から下へ、または下から上へ20~80のボックスへ突入している事。
  5. MACDで2本の移動平均線MACDとシグナル線が、ハの字に広がっている形状をしている事
  6. CCIで -100から+100のボックス内にシグナル線がボックス外から角度を持って突入している事

実はSGD/JPYは1~5の条件を満たしています!

条件1.

週足のローソク足を繋げるとWボトムの形が見えてきます。Wの文字の右端の棒線がない状態。今後 右上方向にローソクが動く事でW文字を形成するのを期待しています(※形成しないリスクもあります)

条件2.

月足のボリンジャーバンドで、SGD/JPYのローソクは -3σに接触および越えていました。分かり易いように蛍光色で塗ってる部分が -3σのラインです。

条件3.4.5

一目均衡表の遅行線、MACD、ストキャスティクスでも条件を満たしています。

MACDは、MACD線とシグナル線がハの字に広がっている時がエントリーポイント付近としています(僕は)

条件6.

CCIの週足はまだボックスに下から上へ突入はしていません(惜しい)

以上の理由によりSGD/JPYを買い増ししました。

と言っても合わせて35000通貨のみですが。これから値が上がるのを見計らって、更に25000通貨づつポジションを増やしていこうと考えています。

トレンドが上がっていく条件が多く整っているのでポンドと同じくらい今期待している通貨です。

※ あくまで個人の見解であり個人的意見です

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️END OF ARTICLE ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

利が乗ってきました

USD/ZAR,AUD/CHF,EUR/ZARがプラ転して来ました

8月29日にEUR/ZARのショートポジションを入れていました。現在含み益は¥22,000ほど。

昨日買いポジジョンを入れてたAUD/CHFは僅かですが利が乗りつつあります。

今日ショートを入れたUSD/ZARもすでに含み益が出ています。

現在かなりの数のポジションを持っておりそれらのトータル含み益が70万円程です。

ですが油断は禁物です!

大抵ここから反発します。

つまりEUR/ZAR,USD/ZARならトレンドが上昇方向へ向き、今乗ってる利益が減少していきます。

AUD/CHFならこれから反発して下落トレンドへ向かう可能性も否めません(あくまで今までのパターンからの予想ですが)

含み益が出たらそれは嬉しいです。ですがこういった短期間で出る含み益は1~2週間の間に消滅してマイ転します。今までそう言うことが多々ありました。

短期間で乗った利益が消滅して含み損になった後、再び利益が乗っていく中期的トレンドがやって来ます。

その時が利確のチャンスかと思っています。

つまりエントリーしてから早くて1ヶ月後。もしくは2~6ヶ月以内に利確といった感じでしょうか。

僕のトレードスタイルの性質上、週足を追って値動きをつぶさに観察していきます。

もちろんトレンドが思わぬ方向へ動き泣く泣く損切りというケースも少なくありません。損切りもちゃんとこのブログで、為替取引の成績として記録・報告していきます。

以上、現在の成績リポートでした。

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️ END OF ARTICLE ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️

USD/ZARの売りポジションを入れました

好条件が3つ揃っていたのでUSD/ZARの売りを入れました

一目均衡表、MACD、ストキャスティクスの週足チャートの画像に丸を付けた箇所が好条件のポイントです

特に一目均衡表の遅行線が鋭角かつ強い下への傾きを示しているのが売りを入れようと決めた大きな要因です(赤丸のところ)

続いてストキャスティクス。赤い線はシグナル線です。シグナル線がクロスし、やや下方向へ向うとしている傾向が見受けられます。これも売りサインと受け取りました。ですが、ストキャスティクスに関しては「やや売りを急いだ感」はあります。

1番良いのはストキャスティクスの青と赤の2つの線が両方20~80の紫色の範囲に入ってからポジションを持つのがマイルールなのです。

ですが今回のUSD/ZARに関してはとりわけ一目均衡表の遅行線の形が良かったので売りを入れようと決めました。

ボリンジャーバンドとCCIでは、CCIで良いサインが出ています

週足のボリンジャーバンドとCCIの画像になります

赤マルの所を見て下さい。+100を割り込もうとしています。CCIは買われすぎ売られ過ぎを診る指標です。USD/ZARのCCIでは今まで+100~-100の範囲から大きく逸れて+250付近にいたこともあります。

この買われ過ぎの状態から現在鋭角を持って下がって来ているのです。(CCIの赤マルの手前で強い鋭角が出来ているのが見えます)これは良い売りサインとして捉えます。

ボリンジャーバンドからベストな売り時はもっと以前にあったのに!っと反省

実は売りを入れるタイミングが遅かったと少し悔やみ反省しています・・・。USD/ZARのベストな理想的な売り時は週足のボリンジャーバンドでローソク足が -3σに接触しかかっている時です。

ボリンジャーで週足ローソクが -3σに触れているか越えているなら、そこからトレンドは反発する可能性はあります。遅行線やストキャスティクスやMACDやCCIはとりあえず置いておいて、ボリンジャーバンドのローソクが-3σに接触しかかっていた事実を優先して逆張りでポジションをナンピンで入れておけば、大きな利益を得られたでしょう。

バンドウォークしてトレンドがそのまま上がっていく可能性もありますが、そこは200pips含み損が出たなら損切りして、バンドウォークの流れに乗って順張りに変えれば良いのです。あくまで理想論ですが・・・。なかなか損切り出来ない場面もあります。特に含み損が大きく膨れ上がった後ではなかなか損切りに踏み切れないものです・・・。

USD/ZARも1万通貨からスタートです

最初は少なくポジションを入れると言うのがマイルールです。リスクや逆方向にトレンドが動いた時の保険として、1万通貨から入れ、値動きの様子を見ながら徐々に建て玉数を増やしていきます。

ナンピン2回目以降は2万5000通貨づつ入れていきます

これもマイルールです。USD/ZARが逆トレンド(上昇トレンド)で動くなら建て玉を入れていきます。ただしどんなに自信満々でも2万5000通貨ずつです。

USD/ZARが100pips上がるごとに2万5000通貨入れて逆張りナンピンしていきます。もちろんリスクはあります。トレンドが下落方向へ動かず、ずっと上昇トレンドへ動いて2万5000通貨入れてたポジションが含み損になる事もあり得ます。

ナンピンは5回以上はしない。6回目はない、っと決めておく

マイルールとしてナンピンは5回以上は入れません。25000通貨を5回入れると、125000通貨です。「この通貨は俺の思った通り上がるんだー!もしくは下がるんだー!だからもっと建て玉数を増やしても大丈夫なんだ!!」っと信念を持って自信満々に125000通貨以上建て玉を増やしていけば、いづれ大きな含み損を抱えることになります。

以上、USD/ZARの売りポジションを入れたというレポートでした

⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️ END OF ARTICLE ⬛️⬛️⬛️⬛️⬛️